So-net無料ブログ作成
前の7件 | -

平成30年 歌舞伎町商店街振興組合「新年の集い」開催 2018.1.10 [まちづくり]

1月10日、歌舞伎町商店街振興組合「新年の集い」が、歌舞伎町の日本料理「車屋本店」にて開催されました。参加者98名、来賓として吉住新宿区長、宮橋新宿警察署長、湯浅新宿消防署長らが招かれて挨拶をしました。

片桐基次理事長(67)の挨拶にあるように、今年、平成30年のトピックとしては、平和会道路整備(新宿東宝ビル東面の街路灯、道路整備、3月完成)、歌舞伎町商店街振興組合ビルの竣工(6月末ごろ)、そして劇場通り一番街の道路整備などがある。 また、かつてコマ劇場とともに歌舞伎町の隆盛の中心であった新宿ミラノの跡地再開発(現在はVR ZONE SHINJUKUとして暫定利用)は2022年完成を目指して計画が進んでいるが、この計画は国家戦略特区(公共貢献と規制緩和)を申請中で、今年の夏をめどに申請が通れば、そのあとぐらいに、いよいよ計画が具体的に発表されることになるだろう。


来賓代表として挨拶する吉住健一新宿区長。東急の再開発の計画がすすむ折に触れ「新しいものと、昔からの人の繋がり、人情というものが折り重なって街として成熟し、多くの人たちが繰り返して訪れてくれる、愛される街になっていくのではないか。」


宮橋圭祐新宿警察署長。「街に人たちが作ってくれた環境にいて、街のための警察官であった、今でもそうあり続けなければいけないのですが、今、勤務員が、街の人たちのために活動しているのかと考えると、まだまだ発展途上だと思ってます。気が付くことがあったら我々に言ってください。それが、いい警察官が育っていく、そのように街の人たちにそだてられているのが新宿署員だというふうに感じています。」


乾杯は東急レクリエーション社長の菅野信三氏。国家戦略特区申請中のため、確定事項はまだないが、広場に面してステージをつくること、リムジンバスの乗り入れを可能にすること、そして、「水があった歌舞伎町はすごくにぎわっていた。その「水」を建物に取り入れていきたい。」など抱負を語った。東急再開発の国家戦略特区申請は2018年夏ごろ決定予定。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
大雑把に言うと、歌舞伎町の来街者数は現在、一日約25万人と見積もられている。その内訳は、外国人観光客約5万、内需(歌舞伎町内従業者数)約3万、とすると、日本人の純来街者数は15万強。かつて観光地化する前2006年ごろの歌舞伎町来街者数調査は約17万だったことを考えると、当時に比較して、日本人は微増、全体的にみると内需がややふくらみ、外国人観光客はそのまま純増とみてよいだろう。また、ホテル宿泊者数に見るアジア系比は8割強ということなので、その他欧米系が2割に届かないながらも徐々に伸びているとのこと。
飲食店における外国人観光客率は伸びているが、一方で、社交飲食・風俗営業店への観光客マッチングは遅れている。やや2丁目に追いやられている感のある風俗・社交飲食業ではあるが、今後の歌舞伎町を展望すると、逆に言えば伸びしろが一番大きい可能性を秘めているともいえる。欧米系観光客、そして夜の社交飲食・風俗営業が、そこに何が足りないから伸びきれていないのかを明確にいうことは難しい。しかし、漠然と、例えばかつて歌舞伎町にあった大型キャバレー「クラブハイツ」が今あったら相当賑わっていただろうなというのは容易に想像できる。あるいは、歌舞伎町の奥、二丁目に核となるエンタメ施設があったなら、歌舞伎町のポテンシャルはもっと伸びるだろう。逆に言えば、当時のクラブハイツがなぜ廃れていったのか、なぜ2丁目側には核となる施設ができないのか。建物事情は兎も角、その裏返しにヒントがある気がします。

まだまだ歌舞伎町は変化の途上にあって、観光地化の荒波にもまれながらも、独自の魅力を模索する試行錯誤は続くでしょうが、少なくとも投資環境は揃った感があります。言い換えれば、商店街の存在感も徐々に薄くなっていってもいいのかなとも思います。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

年末年始の特別警戒 ― 12月22日(金) 吉田尚正警視総監が歌舞伎町を巡視 [まちづくり]


12月22日、警視庁吉田尚正警視総監は年末年始特別警戒のため、忘年会シーズンで若者やサラリーマンでにぎわう歌舞伎町を巡視しました。
吉田警視総監は午後5時半ごろに歌舞伎町交番を出発。歌舞伎町商店街振興組合や新宿防犯協会を含む地元の防犯ボランティアら約110人と一緒に20分かけ、歌舞伎町を歩きました。

マスコミ向け"年末警戒"の絵作りとして行われる警視庁総監巡視は例年、歌舞伎町が舞台として恒例となっています。"安全"を宣言したがる方達もいますが、実際、まだまだ無条件に安全とは言い切れない歌舞伎町です。安全でないのに安全というのが一番「危険」なわけで、こうした『景観』が来街者の緊張感を高め、事故を無くす一助にはなってもらえたらと思います。

終了後、「東京2020オリンピック・パラリンピックに向け、盛り場が健全なにぎわい拠点となるように努める」と警視総監コメントが出されました。人出の多い年末年始の犯罪を抑止するため、警視庁はこの日、22日、繁華街などに警察官約2万2000人を動員、一斉警戒に当たっています。特別警戒は来年1月3日まで。延べ17万5千人を動員、初詣で大勢の人が訪れる神社などで警戒に当たります。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

歌舞伎町に新たなるアミューズメント施設、世界一謎があるテーマパーク『東京ミステリーサーカス』誕生!12月19日オープン。 [その他]

"リアル脱出ゲーム"を中心にイベントの企画運営を行う株式会社SCRAP(代表取締役 加藤隆生)は、歌舞伎町に「TOKYO MYSTERY CIRCUS(以下、東京ミステリーサーカス)」をオープンします。
この東京ミステリーサーカスは、リアル脱出ゲームの生みの親であり商標を持つSCRAPに、共同運営・出資という形でイープラス、Cygames、ニッポン放送が加わった、世界初・国内最大となる"謎"のテーマパークとのこと。
かつての中台ビル跡地をモンテローザが買い上げ建設したビル(APMビル)のB1から4Fの5フロアを賃貸、大きく分けて3つのジャンル「リアル脱出ゲーム」「リアル潜入ゲーム」「リアル捜査ゲーム」のコンテンツを展開、常時8種類以上の体験ができる場所になる。
1Fエントランスのミステリー広場には飲食もできる「yelo CAFE」やグッズ販売スペースが設置されている。

「この東京ミステリーサーカスは、敢えて"テーマパーク"と呼んでいます。テーマパークというと、みなさん、遊園地、広いUSJとかディズニーランドとかを想像されるかと思いますけど、御覧の通り、これぐらいの広さの、フロアが、地下から4階までの5フロアあるだけです。でも、5フロアの中に我々は、たくさんの物語、たくさんのゲーム、たくさんの謎、たくさんの不思議なコトを用意しました。ここで、たくさんの体験を皆さんにしていただけると思います。
そして、その体験は、ものすごい早いジェットコースターに乗るとか、凄い高いところに行ける観覧車とかではなく、すごく不思議で、すごく面白くて、すごく日常に持って帰れるような物語を体験していただけると思います。そういう物語の体験がいくつもいくつもできる場所という意味で、我々はここを"テーマパーク"と呼んでいます。凄く刺激的なジェットコースターに乗るわけではありません。すごく刺激的で、たくさんの世代の方に、子供から大人まで楽しんでいただける場所ではありませんが、ある種の人たち、ある種の体験を求める人たち、次のエンターティンメントを、どのようなものになるのか考えている人たちにとっては、ものすごく不思議で面白い場所になっていると思いますので、ぜひ来ていただいた皆さんは、すみからすみまで見ていただいて、すみからすみまで遊んで行っていください。」(SCRAP代表取締役・加藤隆生氏)


★★★世界一謎があるテーマパーク
『東京ミステリーサーカス』
https://mysterycircus.jp/

■施設名 :TOKYO MYSTERY CIRCUS 東京ミステリーサーカス、略称 TMC)
■所在地 :東京都新宿区歌舞伎町 1-27-5 APM ビル
■交通手段:JR新宿駅東口 徒歩7分 / 西武新宿駅 徒歩2分
■オープン:2017年12月19日(火)


・B1 ヒミツキチラボ(大ホール)
リアル脱出ゲームを通じて、一つの物語が体験できるエリア。豪華客船乗務員の「ルネ」という少女とコミュニケーションを取りながら沈没していく船からの脱出を目指す「沈みゆく豪華客船からの脱出」が開催中。
・1F ミステリー広場
チケットカウンターのほか"謎"に満ちたカフェやグッズ販売スペース併設。
・2F リアル捜査スペース/監獄部屋
実際に歌舞伎町の街全体を使った屋外型のリアル捜査ゲーム「歌舞伎町 探偵セブン」(全6話)は、自身が探偵となり、キャバクラやマンションなど様々な場所を歩き回りながら謎を解いていく回遊型のゲーム。
かなりディープな歌舞伎町を、知らず知らずと訪れてしまうことになるようです。
・3F リアル潜入スペース
リアル潜入ゲームvol.2「THE SECRET AGENT 最終兵器ヲ破壊セヨ」は、加藤氏が今年作ったゲームの中でも1番面白いと豪語する公演。
プレイヤーはスパイとなり、制限時間30分の中で身を潜めながらミッションを遂行していくスリル存分のゲーム。
・4F PTGルーム/ヒミツキチラボ(小ホール)
プロジェクションマッピングを用いた「デジタルアート×謎解き」が楽しめるPTGルーム。こちらのエリアでは、自分がまるで魔法使いになったかのような体験ができる「不思議な晩餐会へようこそ」を展開。
2018年春には、新作となるProjection Table Game vol.2「ある魔法図書館の奇妙な図鑑」の公演も予定。


//////////////////////////////////////////////////

ここは、旧・中台ビル跡地。ヒューマックス創業者の林以文氏とともに、歌舞伎町の創成期の主人公でもある、あの映画「不夜城」にも出てきた台湾華僑の重鎮、李合珠(り・ごうしゅ)氏がここに中台工業本社を構え、キャバレー「リド」や、"劇場スタイルの音楽喫茶"という当時画期的な店だった「ラ・セーヌ」といった、当時(昭和30年代)の歌舞伎町で一世を風靡した最も華やかな場所だったところだ。
時代は移り変わり、加藤氏がいう「次のエンターティンメントを、どのようなものになるのか考えている人たちにとっては、ものすごく不思議で面白い場所に」というのも、なんとなく当時の李合珠っぽい魂を感じるところもあるし、今回、ニッポン放送が出資、というのもなんか縁を感じるというか。歌舞伎町にニッポン放送、というのは、あの伝説の映画祭"東京国際ファンタスティック映画祭"以来。ライブドア騒動で守勢に回らざるを得なくなったことで撤退を余儀なくされたあの時以来の、歌舞伎町再登場。こういうのもなんだが、"億"の出資ということなので、ニッポン放送にとってはリベンジかな。
いろいろ"リアル"にもドラマが重なる場所なだけに、きっと面白いことになる気がします。期待してます!


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

[2017.11.20 情報解禁]湖池屋×歌舞伎町!「インペリ入りまーす!」でイケイケGOGO KOIKEYA PRIDE POTATO インペリアルコンソメ発売[キャンペーン] [まちづくり]


2017.11.20 情報解禁!湖池屋PRIDE POTATO 新商品「インペリアルコンソメ」のプロモーションで歌舞伎町がコラボ!愛本店ホストによる「インペリ入りまーす!」でイケイケGO GO アゲアゲの"インペリコール"完成!


《湖池屋ニュースリリースより》
株式会社湖池屋(本社:板橋区/社長:佐藤章)は、和牛、国産帆立、まるごと伊勢海老などの贅沢素材の凝縮した旨みに、三種の香味野菜と白ワインの風味をきかせてじっくりと煮詰めたような最上級コンソメスープの味わいをイメージした「KOIKEYA PRIDE POTATO インペリアルコンソメ」を2017年11月20日(月)より全国コンビニエンスストアにて、2017年11 月27日(月)より全国スーパーマーケット等、一般チャネルにて発売することにあわせ、新宿歌舞伎町を舞台とした記念プロモーションを2017年11月20日(月)より実施します。
「KOIKEYA PRIDE POTATO インペリアルコンソメ」を発売するにあたり、最上級コンソメスープの味わいをイメージした“インペリアルな味わい”だけでなく“インペリアルな高揚感”を伝えたいとの思いから、“夜の街”から“多種多様なエンターテインメントの街”へ進化を遂げ、日本人だけでなく訪日外国人も楽しめる観光エリアとして、現在、最もホット(アツアツ)に盛り上がる(アゲアゲな)街として注目を集める“新宿歌舞伎町”において、歌舞伎町商店街振興組合・歌舞伎町コンシェルジュ委員会の協力のもと、「KOIKEYA PRIDE POTATO インペリアルコンソメ」発売記念プロモーションを2017年11月20日(月)より実施。
■商品名:「KOIKEYA PRIDE POTATO インペリアルコンソメ」
■内容量:60g
■価 格:オープン価格(実勢参考価格150円前後 税抜き)
■発売日・販売先:
2017年11月20日(月)・全国コンビニエンスストア
2017年11月27日(月)・全国スーパーマーケット等、一般チャネル
★★2017年11月20日(月)よりyoutubeのkoikeyaチャンネルにて「インペリコール」を公開 https://youtu.be/vaKzFK08U-s
“インペリアルな味わい”を盛り上げる「インペリコール」の響き渡る会場にシャンパンタワーならぬ「インペリタワー」が登場。「インペリコール」の刻むテンポにあわせて「KOIKEYA PRIDE POTATO インペリアルコンソメ」がゴージャスにシャンパングラスに注がれていきます。

★★インペリアルなサンプリング
新宿歌舞伎町において、「KOIKEYA PRIDE POTATO インペリアルコンソメ」の認知拡大と新宿歌舞伎町への観光誘致を目的としたサンプリングを実施。
※下記場所でそれぞれ400個をサンプリング(商品が無くなり次第、終了)
① ホテルグレイスリー新宿
場 所:東京都新宿区歌舞伎町1-19-1
  開始日:2017年11月27日(月)
② 歌舞伎町ブックセンター
場 所:東京都新宿区歌舞伎町2-28-14
  開始日:2017年11月27日(月)
③ クラブ 愛本店
場 所:東京都新宿区歌舞伎町2-22-5
  開始日:2017年11月20日(月)
++++++++++++++++++++++++++++++
最近、こういった話が増えてきているのがうれしいです。
歌舞伎町の魅力と、そのある部分の可視化が進んできたことで、映画やドラマ、テレビバラエティの撮影はこれまでも多々ありますが、企業のPRに街が一役買える、しかもリアルに風俗営業店を舞台にすることが実現できたわけです。
魅力の、特に街の幻想感の部分と可視化は相反するところもありますが、こうして観光地化が進む中では、やはり「窓」となる場所、つまり"入口"の可視化は不可欠です。そういう意味で、今回は、ゴジラヘッドのホテルグレイスリー新宿、最近もっぱら話題の歌舞伎町ブックセンターにも協力をお願いしました。
そもそも湖池屋さんが、インペリアル~ドンペリ(ダジャレか!?)・・ん?ホスト!→で、いろいろ調べてるところで、以前放送された歌舞伎町コンシェルジュ委員会の紹介番組から愛本店と思いつかれたようで、なんだかちょっと役に立てたようで。この「インペリアルコンソメ」、いわゆる帝国ホテルのコンソメイメージの味ですね。食べてみると、あ、あの味だ!ってのがすぐわかる。ややうす塩に、上品な魚介系の旨みが際立ってました。で、インペリからのドンペリ、それもピンク!というわけで、パッケージもやや薄いピンク。本日20日よりコンビニ先行で発売ということです。



11月4日、愛本店にて行われた"インペリ・コール"撮影メイキング動画(寺谷撮影・編集)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

11月9日(木)平成29年度秋の火災予防運動スタート、歌舞伎町にて「2017ファイアーフェスタin新宿歌舞伎町」が開催。 [まちづくり]


平成29年度秋の火災予防運動が11月9日(木)から11月15日(水)までの7日間実施されるに伴い、東京消防庁は、歌舞伎町にて俳優の山本耕史さんを一日消防署長に迎え、「2017ファイアーフェスタin新宿歌舞伎町」を開催しました。


平成29年度 全国統一防火標語は、『火の用心 ことばを形に 習慣に』、火災の怖さは多くの人が死傷することが少なくなく、近隣へ被害が拡大する場合も多いことです。
今火災予防運動の重点項目は、
①住宅防火対策の推進
②乾燥時及び強風時火災発生防止対策の推進
③放火火災防止対策の推進
④特定防火対象物等における防火安全対策の徹底
⑤製品火災の発生防止に向けた取組の推進
⑥多数の者が集合する催しに対する火災予防指導等の徹底


「2017ファイアーフェスタin新宿歌舞伎町」は11月9日(木)の朝9時から昼頃まで、ゴジラロード(セントラルロード)の新宿東宝ビル前やシネシティ広場にて、火災予防の啓発パレードや、新宿東宝ビルでの爆発テロを想定した消防演習には、はしご車、消防ヘリコプターなどの消防車両とともに、新宿消防団、新宿東宝ビルやホテルグレイスリー新宿の自衛消防隊も参加、新宿駅周辺の各商店街や地元事業者の方々もこれを見学する形で行われました。
一日消防署長を務めた山本耕史さんは都民へのメッセージとして「1人ひとりが防災の意識を高く持つことで、たくさんの被害や災害が防ぐことができる」と呼びかけました。



例えば雑居ビル上階の飲食店やホテル上層階に泊まったときなどは、個人的には避難経路をざっと確認するほうです。
安心できるジェットコースターはつまらないが、安全でないジェットコースターには乗りたくない、歌舞伎町という街には多分そういうところがありますよね。そしてこの街は、2001年に雑居ビル火災で44名の尊い命を失った街ですし、先だって始まった酉の市ですが、三の酉まである年は火災が多いと言われたりもします。防災意識や適度の緊張は粛々とでいいと思うので、それは持ちつつ、今年もあと二か月、歌舞伎町をお楽しみください。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

11月1日(水) 歌舞伎町区役所通りのイルミネーションが点灯。来年2月末まで、午後4時半より翌朝まで街に光を灯します。 [季節]


今年も、歌舞伎町、冬の風物詩、区役所通りの約90本のカエデやイチョウの街路樹に、約12万個の発光ダイオードが灯されました。
このイルミネーションはNPO法人 新宿歌舞伎町区役所通り3Aの会、チェックメイトビルのオーナーでもある藤澤薫氏(理事長)が主催、平成18年の第1回目のイルミネーション以来、彼女が中心となり、近隣有志の寄付によって費用を捻出、実施されています。街路樹にワイングラズやダイアモンドをモチーフにしたイルミネーションという、夜の街らしいデザインと、2020年東京オリンピック開催に向けて、ワイングラスのイルミネーションのいくつかが、五輪カラーになっている演出は昨年に続いて。本日、11月1日点灯開始、来年2月末までの4ヶ月間、午後4時半より翌朝まで毎日点灯されます。


第12回新宿区役所通りイルミネーション寄付のご案内
_DSC7540_sub.jpg

■郵便振替口座を利用(所定の払い込み手数料が別途かかります。)

口座番号 00150-9-262182
口座名義 特定非営利活動法人新宿歌舞伎町区役所通り3Aの会
通信欄 「寄付金」とお書きください。

受領証をご希望の場合は、お名前とご住所を明記の上、通信欄に「受領証希望」とご記入ください。

■銀行振り込みを利用(所定の振込み手数料が別途かかります。)
金融機関名 三井住友銀行
支店名 新宿支店
口座種別 普通
口座番号 3864302
口座名義 特定非営利活動法人  新宿歌舞伎町区役所通り3Aの会

〔お問合せ先〕特定非営利活動法人 新宿歌舞伎町区役所通り3Aの会
東京都新宿区歌舞伎町2-23-12 チェックメイトビル
TEL 03-3209-2238  FAX 03-3209-2459
http://www.npo-3a.org/


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

2017.10.25 ドイツ公共放送ARD番組「遠い国への旅~東京編」歌舞伎町ロケ [その他]

ドイツ公共放送ARDの年末~年始にやる特集番組「遠い国への旅」は、2018年1月放送回にて東京特集をやるとのことで、この日はそれの歌舞伎町ロケを敢行。
以前フリーのドイツ人記者のアテンドをして以来(これはなんかの新聞記事になったらしい)、先日のNeon Magagine Germany、そして今回のARDとやけにドイツと縁ができまして、アテンド&コーディネート。歌舞伎町に関心いただきありがたいです。ARDの記者とカメラマン、なぜか二人ともおなじ名前のステファンさん(しかもデカイw)、それに通訳兼コーディネーターの高橋さんと。
東京特集ということで、歌舞伎町以外もいろいろ回らなければいけないらしいのですが、連日の雨で取材がだいぶ滞っているようで、ゴクロウサマですって感じでした。歌舞伎町は、というと、いくつか候補をあげて検討してもらった中から、こうした(写真参照)感じになりました。キャバクラやホストクラブは今回は企画段階で却下。。
ゴジラ咆哮からスタート、グレイスリー新宿の8Fからも撮って、商店街のパトロールインタビューを挟み、VR ZONE SHINJUKU、最近ホットなスポットになりつつあるJimushono1Kai(歌舞伎町ブックセンター)、わりと新しめの表向けコンテンツを見せ、説明しつつ街並み風景を抑え、からの最後はゴールデン街へ。
「外国人観光客」という括りでは歌舞伎町へたくさんやってきているなあと理解はしてましたが、ことドイツ人は?と改めてスポットをあててみると、例えばホテル宿泊者数で言うと全体の1%もいないんですね。
という意味では、ドイツ向けのPRは歌舞伎町では、まだまだ伸びしろありってことになるのかな。
どこの国からという統計は取れていないですが、VR ZONE SHINJUKUの集客(平日平均600人/日くらい)の半分が外国人観光客なんです。これは割合では当初予想より遥かに大きく、店舗のマネージャー曰く「VRは日本人より外国人のほうがかなり食いつきがいい」とのこと。ステファン両氏にはマリオカートを体験させてみたんですが、かなり興奮してました。おかげで、VR ZONE SHINJUKUの撮れ高が偏ってしまったかも・・ただカメラのステファンが少し酔ったようで調子悪く、そのあとの取材がちょっとしんどそうでした^^;
Jimushono1Kaiの歌舞伎町ブックセンターは、ホスト店員である武蔵くんにインタビューを受けてもらいました。ただ、現役ホストで店舗幹部でもある彼の「ホストクラブ」の話のほうがステファンの興味を引いたようで、インタビューは書店よりややホストよりになってしまった感が。その流れでJimushono1Kaiのアヤちゃんに付き添ってもらって、ゴールデン街へ。この時点で20時過ぎ、まだ浅すぎて営業している店も人もまばらで、流民やダストを覗くも結局その時点でほどよい客が入ってたmiso soupにて撮影。
ステファン曰く、歌舞伎町はハンブルグっぽいって言ってました。でも、ここのスケール、密集度はないと。番組では使わないけど、アンダーグラウンドな話もいろいろしました。使われたとしてもナレーションベースでしょうが。これは歌舞伎町に限らず、歓楽街っていう場所は観光地ではないので、不可視なところにほんとうの面白さがあったりするのだが、そこは微妙にグレーだったりイリーガルなものも多いというのはどこも一緒で、そういう情報をどこまで提供するのか、コンプライアンス的にしないとするのか、例えばコンシェルジュの現場などには相当ジレンマがあるのだが、という話をすると、ドイツで、そういうどっかのイリガールな面白いものだけを特集した番組?かなんかがあって、それはすごい反響があったそうです。そうなんだよね~・・みんなが本当に知りたいところは。まあ歌舞伎町では、そういうのも含めての情報インフラが開示しないまでもある程度あって、それでやれてる部分もあるのだが、本当は、地方の歓楽街ほどもっと積極的にそこを触れたらいいのになあと思ったり。
このARDの番組、東京観光財団のサポート、要は「東京都」のスポンサード、所謂助成を受けているのだとか。税金を使ってこんな感じで、海外でインバウンド向けプロモーション、してるのですね。なわけで、使えない話は余計使えないでカットでしょうが、ドイツ製作の、振り返っての日本で一部下請けさせてもらったのでした。放送はドイツARDのネットワークで来年1月だそうです。
撮影協力:
歌舞伎町商店街振興組合、新宿三光商店街振興組合
ホテルグレイスリー新宿、VR ZONE SHINJUKU、 Jimushono1kai × kiitos、歌舞伎町ブックセンター、流民、miso soup

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:地域
前の7件 | -