So-net無料ブログ作成
検索選択
前の7件 | -

4月22日 "新宿区公共の場所における客引き行為等の防止に関する条例"改正イベント実施―過料・店名公表などの罰則を設置、対策強化 [まちづくり]

送信者 Shinjuku,Kabukicho 2016
4月22日(金)、新宿区(区長:吉住健一)は、「新宿区公共の場所における客引き行為等の防止に関する条例」の一部改正を周知するイベントを開催。(所管は危機管理課)新宿区は、平成25年9月に「新宿区公共の場所における客引き行為等の防止に関する条例」を施行。歌舞伎町をはじめ新宿駅周辺の繁華街で、警察や地元の商店会と連携して、客引き行為等防止のためのパトロール活動に取り組んできました。そして、新宿駅東西9商店街及び町会からなる『新宿駅周辺安全安心を実現する会』(会長:安田眞一)らの要望により、新宿区議会は、3月22日、第一回定例会の最終日に、区長から提案のあった条例改正を全会一致で可決、28年4月1日より、客引き行為の根絶に向け、罰則を設けるなど、区条例の一部を改正して施行、対策を強化しました。


新宿区公共の場所における客引き行為等の防止に関する条例―改正 平成28年4月1日施行

(罰則規定 平成28年6月1日~)
《禁止となる行為》何人も、公共の場所では、次の①~④の行為が禁止
①客引き行為
・・・通行人等不特定多数の人の中から相手を特定して、居酒屋、カラオケ店、キャバクラ、ホストクラブ、ファッションヘルス等へ誘う客引き行為が禁止
②勧誘行為(路上スカウト)
・・・通行人等不特定の人の中から相手を探して、キャバクラ・ファッションヘルスでの勤務や、アダルトビデオへの出演等について、勧め誘う勧誘行為が禁止(相手がそれに応じた応じないかは関係なし)
③客待ち・勧誘待ち行為
・・・①または②の行為をする目的で相手方を待つ行為(うろつき、たたずみ、たむろすること)が禁止
④客引きを受けた客を。店舗内に立ち入らせること(※新規制)

事業者の方は、これらの行為を従業員にさせてはいけない。あるいは、これらの行為をさせるために雇用や依頼をしてはならない。

《罰則を受ける場合》
新宿駅周辺の特定地域において、禁止となる行為をした場合は、氏名や店舗名の公表、5万円以下の過料が科せられます。※フリーの客引きを利用している店舗も罰則

◎公表・罰則の流れ:指導→警告→勧告→公表・過料
◎立入調査等
指導、警告または勧告の措置を行うにあたり、違反する行為をした者の事務所、営業所等に立ち入り、必要な調査をし、または関係者に対し、質問をすることができる。※立入調査を拒否した場合は過料を科します
◎店舗場所の提供者への通知
建物等の所有者または管理者に対し、公表された違反行為に係る事実を通知することができる。
◎公表・過料・両罰則規定
【公表】
・氏名、住所(法人名、所在地及び代表者氏名)
・違反店舗名、店舗の所在地
・違反行為の内容
【過料】次に該当した者は、5万円以下の過料に処する。
・勧告に従わず、特定地区において禁止行為をした者
・立入調査を拒み、妨げ、若しくは著しく忌避し、又は質問に対して陳述せず、若しくは虚偽の陳述をした者
【両罰則規定】
その行為を罰するほか、その法人又は人に対し、同条の過料を科する。

すでに4月1日より新宿区安全安心パトロール隊による巡回は、火曜日~土曜日(祝日・年末年始を除く)8人態勢という形ではじまっていますが、罰則規定運用開始の6月1日を前に、周知啓発のために条例改正のデモンストレーションとしてこのイベントが行われました。午後3時、シネシティ広場に関係各機関および地域商店街や防犯協会員らが集合、主催である新宿区の吉住健一区長からの挨拶からはじまり、区議会を代表して下村治生区議会議長、警視庁からは山下史雄副総監、そして、条例実現と改正に尽力された『新宿駅周辺安全安心を実現する会』安田眞一会長から客引きをしないさせない利用しない!という"客引き撲滅宣言”がなされました。
セレモニー終了後、セントラルロードに移動し、"STOP 客引き"の横断幕を掲げてパレードをしたほか、吉住区長、山下副総監をはじめ地元民間の人たちと一緒に、客引き行為撲滅を呼びかけるチラシやグッズ(タックルバンド)を配布、来街者に注意喚起を行いました。

主催者挨拶:吉住新宿区長
「新宿区は、平成25年9月に、客引きを防止するための条例を制定しました。その後、パトロールを、地域の皆様が、自らの力を以って、警察や区役所と連携をしながら2年以上にわたって続けてくださいました。その効果もあって、多少は、客引きも、パトロールの最中は、隠れてくれますが、しかし、ぼったくりの事案が昨年は大変多発をしました。その後、地元の皆さんからの情報、そして警察、そして弁護士会のみなさん、多くの皆さんの協力で、ぼったくり事案は、この歌舞伎町や新宿駅周辺からは、ほぼ、壊滅状態になりました。しかし、いまだに、悪質化、巧妙化した客引きの姿は後を引きません。
今回、条例改正をし、4月の1日からは、強化された条例のもとで、施行運営をしてまいりますが、6月からは正式に、店名の公表、過料、あるいは、インターネットサイトからの店舗名の削除など、あらゆる手段を講じて、この新宿の街から、客引きを壊滅させていく、撲滅をしていく、そういう取り組みをスタートしてまいります。この条例改正が、いわゆる、理念条例に留まることなく、実体の、力をもった、実行力を持った条例として施行できますよう、今後とも引き続き、地域団体の皆様、そして、不動産業界の皆様、そして、警察、警視庁をはじめ関係機関の皆様と、新宿区役所もスクラムを組んで、この街の安全と安心、そして快適さを守ってまいりたいと思います。」

来賓挨拶、警視庁・山下副総監
「この新宿歌舞伎町でございますが、昨年、大規模な集客施設もできました。そして、今日この場のシネシティ広場も整理され、私は、新たな賑わいが創出されたと思っております。4年後の、東京2020、オリンピック・パラリンピックのメイン会場は、新国立競技場であります。新宿区内でございます。おそらく、そのころには、この歌舞伎町を訪れる、来客の方、訪問客の方はさらに増加するのではないかと思っておるところでございます。
一方で、先ほどからお話にでております、昨年、この新宿歌舞伎町では、悪質な客引きで集客するキャバクラ店でのぼったくり事案が多発をいたしました。私ども警視庁のアンケートでも、この盛り場の体感治安の悪化の要因の一番に挙げられているのは、飲食店等による悪質な客引きということで、改めて、この盛り場環境浄化にとりまして、客引きの根絶というのが喫緊の課題であるというふうなことが浮かび上がってきております。私ども、警視庁では、客引き行為をはじめとする悪質な行為、そして、悪質な店舗を強力に取り締まってまいりましたが、今回、新宿区におかれまして、新たな条例改正をされました新しい枠組みのもとで、そしてまた、実効性たらしめるための、現場での客引きを防止するための、対策員の方であるとか、パトロール隊なども創設されたということで、これは大変、環境浄化にとって、大きなお力になるというふうにご期待を申し上げているところでございます。
私ども警視庁といたしましては、地域の皆様としっかり連携をして、悪質な風俗店、あるいは暴力団、徹底的に取り締まってまいります。街頭でのパトロールも強化をしてまいります。しかしながら、やはり、街の環境浄化、盛り場の安全・安心のためには、行政、警察、そして、今日お集りの地域の皆様方、この3者が一体となった取組が不可欠でございます。どうか、皆様方と手と手を携えまして、誰もが安全で安心して集える、魅力のある新宿歌舞伎町を実現してまいりたいと思っております。」


参加団体:
東京都宅地建物取引業協会新宿区支部
全日本不動産協会東京都本部新宿支部
牛込防犯協会・牛込母の会
新宿防犯協会
戸塚防犯協会
四谷防犯協会
東京青年会議所新宿区委員会
新宿東口商店街振興組合
新宿大通商店街振興組合
新宿駅前商店街振興組合
歌舞伎町商店街振興組合
歌舞伎町二丁目町会
新宿西口商店街振興組合
西新宿商興会
西新宿一丁目商店街振興組合・町会
防犯ボランティア・シャイニングスターズ(新宿調理師専門学校、日本電子専門学校、東洋鍼灸専門学校)

新宿区安全安心パトロール隊の紹介、「地域の皆様や、新宿区を訪れた方々が安心して過ごせるよう、微力ではございますが、全力で邁進してまいります。」

新宿駅周辺の安全安心を実現する会・安田眞一会長(新宿東口商店街振興組合理事長)による"客引き撲滅宣言"

"わたしたちにとって、この新宿区は、大切な、そして、愛着のある、世界に誇れる街でございます。新宿区は、みんなが楽しめる街でございますが、未だ、違法な客引きや、客引きを用いた店舗も存在しております。客引きは、区民に迷惑を及ぼすばかりでなく、新宿区へ訪れる人も、不安に陥れ、その楽しみすら奪いかねない悪質な犯罪行為でございます。
私たちは、本条例の趣旨をよく理解し、客引きを、しないさせない利用しないことを厳守し、皆様と、力を合わせ、暮らしやすい、『安全で安心な街・新宿区』の実現に向け、推進していくことを誓います。

平成28年4月22日 新宿駅周辺の安全安心を実現する会会長 安田眞一"


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

4月20日(水)『ちはやふる』からくれないゐレッドカーペットイベントより ― 歌舞伎町セントラルロード [イベント]

送信者 Shinjuku,Kabukicho 2016

コミック累計発行部数は1,500万部突破、競技かるたを題材にした末次由紀の超人気コミック『ちはやふる』(講談社「BE-LOVE」連載)を広瀬すず主演で実写映画化した2部作。今回は、後編の『ちはやふる-下の句-』公開直前イベントとして、4月20日、歌舞伎町セントラルロードにてレッドカーペットイベントが開催されました。

昨年4月、セントラルロードが改修され新しくなって以来、この道路を使ってのレッドカーペットイベントは、1年ちょうどで5回目になりました。昨年4月の新宿東宝ビル開業イベント以来、ここでのレッドカーペットイベントのノウハウを蓄積してきた東宝アド株式会社が今回も制作・運営統括として実施。

一般参加のファン約2500名と、来賓として吉住健一氏(新宿区長)、竹之内勉理事長(新宿大通商店街振興組合)、蛭川和勇理事長(新宿駅前商店街振興組合)、安田眞一理事長(新宿東口商店街振興組合)、片桐基次理事長(歌舞伎町商店街振興組合)が参加。
レッドカーペットに先立ち地元を代表して片桐理事長は「歌舞伎町は明るく、安心して歩いていただく、安心して集っていただく、楽しい街『歌舞伎町』を目指してやっております。どうか新宿、そして歌舞伎町をこれからもよろしくお願いします。」と挨拶をしました。

さて、日本テレビアナウンサーの青木源太がMCを務めるなか、袴姿の広瀬すずさん、野村周平さん、真剣佑さん、上白石萌音さん、矢本悠馬さん、森永悠希さん、松岡茉優さん、そして監督の小泉徳宏監督が2台の車に乗ってセントラルロードに登場、紙吹雪が舞う中、集まった2,500人のファンに握手やサインをしたり写真を撮られたしながら約50mのレッドカーペットを15分ほどかけ、ファンサービスをしながらゆっくりと歩きました。

広瀬さんは「こんなにたくさんの方に集まっていただけて、『ちはやふる』を見ていただけたんだな、届いていたんだなと実感できるこの時間で、ほんとに自分にとってもったいないくらい幸せだなと思います。」とレッドカーペットの感想を笑顔でコメントされていました。後に小泉監督がマイクをとると「絆、というテーマで作らせていただきました。人と人の絆が困難な状況を打破していく、そんな人間の強さを描いた映画です。今、日本中、いろんな方が大変な思いをされていて、この映画がたくさんの方に少しでも元気と勇気を与えることができたらと思っている」と、今起きてる九州の震災を意識してのことだと思います。

ちはやふるポスター.jpgちはやふる −下の句−
http://www.chihayafuru-movie.com/

製作年:2016年
製作国:日本
日本公開:2016年4月29日 (全国東宝系)
上映時間:1時間43分
2016映画「ちはやふる」製作委員会(講談社/読売テレビ放送/電通/ジェイアール東日本企画/KDDI/GYAO/STV/MMT/SDT/CTV/HTV/FBS/FBC)
企画・製作幹事:日本テレビ放送網
制作プロダクション:ROBOT
配給:東宝
協力:一般社団法人全日本かるた協会
映画『ちはやふる−上の句−』は公開中、『ちはやふる−下の句−』は4月29日より全国公開


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

4月17日(日)新宿花園・ゴールデン街 春の桜まつり 2016 開催 [イベント]

送信者 Shinjuku,Kabukicho 2016

12日午後の火災で一時騒然となった新宿ゴールデン街、一時開催が危ぶまれたものの「新宿花園・ゴールデン街 春の桜まつり 2016」はこうして開催されました。
災害にも負けず、スタッフ・お客さんみんなで盛り上げていきましょう!!」(石川雄也三光商店街振興組合理事長)ってことで、急遽 G1通りと桜ひろば(G2駐車場)にて火災に見舞われた店舗出店のテント営業が行われたり、火災見舞金の募金活動があったり、石川理事長は自身のお店(ハニー、ダーリン)も被災しながら、実行委員長として奮闘しておられました。

火災がテコになって、という部分もあるかもしれませんが、いつも以上により人が集まったように見えた今年の桜まつり。ゴールデン街という街で、火災は、記録では昭和60年以来8回起きてます。その中でも今回、4棟6店舗(そのほか水をかぶるなどして営業が困難なお店・住宅を合わせると16軒が被災)300㎡の焼失というのは過去最大の被災でした。その8回すべてにおいて、ほぼほぼけが人が出てないという特徴があります。
風情ある昭和レトロ=木造密集、ハードの防災面では脆弱と言わざるを得ない面もありますが、一方で、火が出ても、地域で消し止める、延焼を防ごうとする、街を守ろうとする防災意識は高いと言える気がします。ード的に燃えない、強固な建物でも閉じ込められれば死人が出る。その点、木造低層建築は、燃えやすいけど、逃げやすい、消しやすい、そして復興復旧しやすいという利点もあるのかもしれません。


ゴールデン街の火災のあと、立て続けに九州で震災が起きました。今も地震活動は継続中です。今年、2016年という年は、ここまで、どこか不安定でざわつく年です。ーいう時だからこそ、どこか刹那で楽観的なこの街の「空気を読まない空気」がいい、というか、助けてくれるような気がします。「心配で来ちゃいました」と、いつも以上にお客さんがあふれてた景色を見て、この街は愛されてるなーと実感しました。それこそが、この街のポテンシャル、「力」の源なのでしょうね。

【新宿花園・ゴールデン街 春の桜まつり 2016】
●開催日時 2016年4月17日(日)13時~22時まで
☆ノーチャージ一杯500円
☆ドリンクスタンプラリー スタンプを15個集めた方には桜まつり記念品をプレゼント!
☆第四回G級グルメグランプリ
▽駐車場イベントスペースの情報▽
●第二回花園スター誕生!
●笑ってビックリオンステージ
よしもと芸人ビスケッティのモノマネショー
14:00~
ハイブリッドマジシャンKAOのマジックショー 15:00~ 16:30~
●気仙沼物産展(JVC気仙沼)
●ちょっ蔵投げ銭BAR
ほか
主催:新宿三光商店街振興組合/桜まつり 2016 実行委員会 (委員長 石川雄也)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

新宿花園・ゴールデン街 春の桜まつり 2016 4月17日(日)13時~22時開催 [イベント]

4月12日のゴールデン街まねき通り北部分の火災により開催が危ぶまれていた4/17(日)の「新宿・花園ゴールデン街 春の桜まつり」ですが、開催が正式決定したということでお知らせします。あわせ、三光商店街振興組合・新宿ゴールデン街商業組合より正式にコメントをだしてもらったのでお知らせします。また、ゴールデン街の組合より、新宿近辺の事業者の皆様にお願いがありまして、合わせてそれも下に記載しておきます。


《4月12日発生の新宿ゴールデン街火災についての公式コメント》

【新宿三光商店街内における火災の発生に関するお詫びとお知らせ 】

新宿三光商店街振興組合内におきまして、4月12日午後1時30分頃に火災が発生いたしました。お客様、近隣の皆様並びに関係機関の皆様に多大なご迷惑をおかけし、心より深くお詫び申し上げます。当組合ではこのような事態が発生したことを厳粛に受け止め、今後、詳細な原因の究明、安全管理体制の見直し及び再発防止に全店舗を挙げて取り組んで参る所存でございます。
(新宿三光商店街振興組合)

この度甚大なる火災に見舞われましたが、被害にあったお店の店主も踏ん張って前向きに、桜まつりの開催に踏み切りました。皆さん、一日でも早いゴールデン街復興への応援を宜しくお願い致します。
 (新宿三光商店街振興組合理事長 石川 雄也)

全焼、半焼、水を被った店など色々でございますが、再建に向けてすでに歩み始めているお店もございます。これから街一丸となりさらに「愛される街作り」「災害に強い安全な街作り」に取り組んで参りたいと思います。これからも引き続き「新宿ゴールデン街」を宜しくお願いします。
 (新宿ゴールデン街商業組合理事長 外波山 文明)


なお、桜まつりに関しまして一部の内容が変更となる可能性がございます。詳細、桜まつり2016 特設サイトにて御覧下さい。
http://golden-gai.tokyo/sakura2016/

《三光商店街ならびに新宿ゴールデン街商業組合からのお願い》
被災店舗の新たな出発の為に大掃除などが必要でして、その為の雑巾、古いタオルなどを組合として集めてます!新宿近場の皆様で捨ててもいいような古タオル、雑巾などございましたら分けて頂けませんでしょうか?まねき通りの新宿三光商店街振興組合の事務所かG1通りのクラクラに寄せて頂ければさいわいです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とのことです。桜まつりについてですが、被災された店舗(焼失だけでなく、水をかぶってしまった店なども多々)のこともあり、開催内容は若干変更になるようです。まだ決定ではありませんが、被災した桜まつりの参加店は屋台営業を許可する (駐車場かG1にて) 、売り上げは被災した桜まつりの参加店で分配、カンパ金を募る(この金額は三光組合で管理して、被災した全店舗へ見舞金として分配する)などの案がでているようです。

被災したまねき通りの北側は規制線の中でしばらく営業再開のめどはたたないかと思いますが、それ以外の店舗は、火災当日夜からもすでに元気に営業をしてます。 

【新宿花園・ゴールデン街 春の桜まつり 2016】4月17日(日)13時~22時開催
新宿ゴールデン街桜まつり2016.jpg
●開催日時 2016年4月17日(日)雨天決行 13時~22時まで
☆ノーチャージ一杯500円
☆ドリンクスタンプラリー開催 スタンプを15個集めた方には桜まつり記念品をプレゼント!
☆第四回G級グルメグランプリ開催
主催:新宿三光商店街振興組合/桜まつり 2016 実行委員会 (委員長 石川雄也) 
協賛:新宿ゴールデン街商業組合/新宿ゴールデン街劇場/歌舞伎町タウンマネージメント


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

4月12日 新宿ゴールデン街で火災、6店舗4棟、約300平方メートルが焼失。 [その他]

送信者 Shinjuku,Kabukicho 2016
4月12日(火)午後1時23分に消防に第1報、場所は新宿ゴールデン街の北西角、まねき通りの突き当り右側の建物2階改装工事中の店舗付近より出火。その後、火は木造長屋造りの建物を一気に延焼、最終的には6店舗4棟、約300㎡を焼失、この火災で、60代の女性が煙を吸って軽いケガをしたとのことです。
新宿・四谷各消防署をはじめ約40台のポンプ車などが花園神社裏手~歌舞伎町区役所通りに出動して火災の消火にあたり、煙が風に流され立ち込める付近一帯は一時騒然としました。出火より4時間ほどたって鎮火。火元については調査中、失火(たばこの不始末など)や漏電、ガスもれ、あるいは付け火の可能性などもろもろありますが、いまのところ言及はできない状態です。



ゴールデン街の店舗関係者より1時半すぎに火災発生の連絡をうけて駆けつけたのが2時半すぎ、その頃はすでに黒煙が白い煙に変わり、延焼はだいぶ食い止められていました。

消防からの鎮火の発表はそれから約3時間後、木造建築の密集するゴールデン街なだけに、過去にも壁の中に火が残ってて再燃したケースもあるため、消防も念入りに調査をしていたため、また、火災の発生したまねき通り奥や隣接の花園八番街付近は停電、これは、建物上部に乱雑に張り巡らされた電線の一部が焼き焦げ、漏電による再出火を懸念して東京電力自ら電力の供給を停止したためと思われます。
とはいえ、延焼はゴールデン街の北西角の一角で食い止められ、その部分は規制線が張られて入れない状態でしたが、その他の多くの店舗は、20時すぎにはいつも通りネオンがともり、「心配で来ちゃいました」という多くの客で、むしろ普段以上に活気のあるゴールデン街の景色が戻っていました。なお、今週末、17日(日)に開催予定の「新宿・花園ゴールデン街 春の桜まつり」についてですが、開催が危ぶまれるものの、「こういうときだからこそ」と言う声も多いようで、中止もしくは開催について協議中とのこと。明後日、木曜までには正式なアナウンスがあると思います。


【参考資料】
過去、昭和60年以降の新宿ゴールデン街の火災記録(2016年4月12日の分を除く)
 
□2007年5月8日未明 G2通りに面した「FLAPPER」2Fから出火、延焼・けが人なし
DSC04357_web.jpg5月8日(火)深夜2時過ぎに新宿ゴールデン街で火災が発生。場所は新宿区歌舞伎町1-1-10、新宿ゴールデン街(G2通り)に面した「FLAPPER」の2Fから出火(消防入電2時10分)、その後新宿の各消防署(四谷・新宿・早稲田・牛込・大久保)から約15台の消防車が駆けつけ、2時20分過ぎには一応鎮火。木造であるため火の周りが早くあっと言う間に燃えたが、近隣店舗の自主消防措置も早く、焼失面積は約10㎡、延焼は概ね防ぐことが出来たようだ。また負傷者等もでなかった。「FLAPPER」では、この日2Fで油絵等の展示会が行われた後で、その打ち上げのため火災時には店には誰も居なかった。火災原因は不明だが、「油絵等の展示後の火の不始末ではないか」という話もあったが、現場検証に立ち会った消防の話によるとタバコの吸殻等は燃えていなかったことと、油絵等展示物を照らし出すクリップライトが床に落ちており、そこが最も燃焼度が高く、つまり点灯中のクリップライトが転落し破損、そこから出火したという可能性が最も高いと推察。
 
□2003年6月15日夜 「福力市座」より出火、負傷者1名
6月15日午後7時20分ごろ、新宿ゴールデン街のスナック「福力市座」から出火、同店舗が入居する木造モルタル造り2階建て約120㎡(6店舗、火元スナックは1F)が全焼。さらに隣接する3階建ての店舗兼住宅の2階部分38㎡が焼けた。この火事で火元スナックの男性店長(42)が右肩に軽い火傷を負った。消防出動は21台、出火から約2時間半後に鎮火。
※出火原因については、その後漏電に拠るものと断定されている。漏電は、基本的に大家(建物所有者、地権者)の責任のはずなのであるが、この建物について営業店舗は結局立ち退かされている。なお、出火したこの建物、2007年5月の火災現場の隣の棟。
 
□1998年12月12日午前 約90㎡焼失、けが人なし
12月12日午前10時45分ごろ、通称「新宿ゴールデン街」南西側の飲食店から出火、木造2階建ての同建物200㎡のうち90㎡が焼けた。人通りは無く、けが人・混乱はなかった。

□1994年10月3日朝 「〇羅治」「とまり木」焼ける、けが人なし
10月3日午前7時ごろ、通称「ゴールデン街」でスナック2軒が入居した木造2階建ての店舗から出火、延べ60㎡のうち1階の「〇羅治(わらじ)」10㎡と2F「とまり木」30㎡が焼けた。この棟は、1991年10月の放火による疑いで45㎡が焼けた火災現場と同じ建物。

□1992年5月6日朝 「海っ子」など焼ける、けが人なし
5月6日午前11時10分ごろ、新宿ゴールデン街にある「スナック海っ子」(橘万智子さん経営)2階付近から出火、木造モルタル2階建て店舗と両隣のスナックの一部の計約50㎡を焼いた。


□1991年10月5日朝 常泉花子さん方の元店舗「みち」焼ける、けが人なし。
放火の疑い
10月5日午前6時ごろ、通称ゴールデン街の長屋形式の飲食店1Fから出火、木造2階建同建物127㎡のうち、3店舗計45㎡を焼いた。建物の所有者は常泉花子さん(80)、7年前から休業中の1Fスナック「みち」より出火。同店と同じ1階のスナック「夕月」「〇羅治(わらじ)」、および2Fの「とまり木」もあわせ、計45㎡が焼けた。四谷署と四谷消防署で原因を調べているが、「みち」は7年前から営業はしておらず、2Fに住んでいた常泉さんも入院中で出火当時無人、同室内には火の気も無く、鍵も掛かっていたことから放火の可能性が高いと見られる。建物7部屋のうち、店舗が営業していたのは3部屋だった。

□1986年4月7日朝 7店舗が全半焼。地上げがらみの放火の疑い
4月7日午前4時55分ごろ、新宿ゴールデン街で火事があり、飲食店が入っている木造2階建ての建物2棟約160㎡のうち、約80㎡が燃え、スナックなど7店が全半焼した。この火事で全焼したのはスナック「たぐち」(田口寛一郎さん経営)とスナック「カルド」(稲垣ふみ子さん経営)、バー「K」(鈴木恵三さん経営)の3店。スナック「異邦人」、スナック「美香」など4店が半焼した。いずれも17㎡前後の店で、前日が日曜日とあって営業していた店はなかった。

 

こうしてみると、火災はたびたびあるものの、ゴールデン街の火災はほぼほぼ、死傷者・けが人が出にくい傾向がわかります。昭和レトロ=木造密集、ハードの防災面では脆弱と言わざるを得ない面もありますが、一方で、火が出ても、地域で消し止める、延焼を防ごうとする、街を守ろうとする防災意識は高いと言える気がします。ハード的に燃えない、強固な建物でも閉じ込められれば死人が出る。その点、木造低層建築は、燃えやすいけど、逃げやすい、消しやすい、そして復興しやすいという利点もあるのかもしれませんね。たびたび被災しながら、復旧を繰り返し、今も元気にあり続けるお店も多々、それを思うと、今回被災された皆さんも、今は大変だとは思いますが、必ず立ち上がれる気がします。

昨夜、火災あと、ネオンがともったゴールデン街に、「心配で来ちゃいました」と、いつも以上にお客さんがあふれてた景色を見て、この街は愛されてるなと実感しました。それこそが、この街のポテンシャル、「力」の源ですね。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

2016年4月8日(金)歌舞伎町シネシティ広場リニューアルイベント開催 [イベント]





《2016年4月8日(金)歌舞伎町シネシティ広場リニューアルイベント ― ダイジェスト動画 41′33"》
https://youtu.be/qAKk-xKuhsk


00′00″~東京消防庁音楽隊の演奏とカラーガーズ隊によるパレードとパフォーマンス
02′26″~片桐基次 歌舞伎町商店街振興組合理事長 挨拶
04′08″~【おでかけ ルミネtheよしもと お笑いライブ】相席スタート
10′41″~とにかく明るい安村
17′53″~千鳥
24′23″~レイザーラモン
33′15″~【Live Stage】おやすみホログラム
39′38″~吉住健一 新宿区長挨拶

2013年以来、新宿東宝ビル建設に合わせての地域冷熱や防火水槽撤去、改修等により約3年間閉鎖されていたシネシティ広場の工事が完了し、お披露目のイベントが開催されました。地面の整備と併せてスタジアム風の街路灯が6基設置され、約1億7千万円の事業規模。内訳は、広場地面改修費1.4億を新宿区、広場街路灯6基+新宿東宝ビル前道路に6基の街路灯の整備費が約27百万は民間1/5と補助金4/5で賄われています。シネシティ広場ではこれまで同様各種イベント誘致や、オープンカフェなどをやっていくようです。さしあたって来週11日(月)より17日(日)までオープンカフェ実現にむけての実証実験としての、サントリー協賛" JIM BEAM HIGHBALL GARDEN"が開催されます。


かつてのコマ劇前噴水広場(昭和39年レインボーガーデンとして命名)は、のちにヤングスポットと改称されるも新名称は定着せず、警察の主導で噴水を撤去し、道路として大幅改修工事が行われたのが平成10年、やがて15スクリーン1万席を擁する青空の見えるシネコンということで「シネシティ広場」と命名されたのが平成15年でした。この場所から水(噴水)を失って以来紆余曲折感はあるものの、歌舞伎町の「核」、中心だったここから灯りが消えて3年、この間、歌舞伎町全体に与えるマイナスの影響も大きかったかと思います。
旧コマ劇場からの新宿東宝ビル(2015年春)、そしてシネシティ広場完成、さて、次は、シネシティ広場向かいの旧新宿TOKYU MILANOビル(東急レクリエーション、東急電鉄)の開発がどうなっていくかが最重要トピックになっていきます。そこにはバスターミナル設置案なども検討されているようで、となれば、西武駅前道路の活性化があるかもしれません。ただ、年内解体、その後、計画決定までの間は更地に、完成は2020年の東京オリンピック後となる公算が高そうです。
観光地化の流れはしばらくは変わらないでしょうが、ミラノ座のビルの開発スケジュールと時間軸を合わせて、2020年以降の歌舞伎町の在りよう、例えば「眠らない街」の具現化 ― といったようなことがそろそろ意識されていくことになるかもしれません。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

新宿、桜。― 2016年4月4日の新宿御苑、花園神社。それからバスタ新宿開業とか。 [季節]



2016/4/4 新宿御苑にて。桜。
 
染井吉野は満開のややあと。見ごろはあと数日でしょうか。ここのところ天候が良くないため、青空バックで撮れなかったのがちょっと残念ですが、まあ、そんな年もあるかと。新宿御苑といい花園神社といい、すっかり、観光地に。


2016/4/4 花園神社境内の染井吉野

 
4月4日、JR新宿駅直結、国内最大級の高速バスターミナル「バスタ新宿」が開業


バスタ新宿は2006年来行われている新宿駅南口基盤整備事業の一環として、国土交通省などが整備。面積1.47ヘクタールのエリア内に、駅周辺に分散していた19の高速バス乗降場を集約。
1階JRホーム、2階改札などの駅施設。3階にタクシー乗り場と観光情報センターが設けられ、3階の一部と4階のバス発着所は15カ所、乗入れ運行事業者118社、新宿から青森~福岡の39都府県を結ぶ。発着便数は1日(最大)1625便、利用者数は約4万人を見込む。



3月25日にはルミネが新たな商業施設としてオープンした「NEWoMan(ニュウマン)」には、「ローズマリートウキョウ」「シューダンフェール パリ」「800°ディグリーズ ナポリタン ピッツェリア(800° Degrees Neapolitan Pizzeria)」などの日本初上陸の6店舗を含めその8割が新宿発出店という強烈な魅力を発信している。「バスタ新宿」は新宿駅に加え、この「NEWoMan」に併設、また周辺には宿泊施設も豊富、新宿がまたさらに、その魅力と利便性を高めた感じです。


新宿のゴジラがイソジンでうがい?― 4/4より10日までの期間限定実施
桜の見ごろのこの季節、おや?ゴジラも花見でイッパイか?と思いきや、手にはイソジン。なんとゴジラがうがい!?
イソジンのリブランドキャンペーンで、4月4日より10日まで期間限定、新宿東宝ビルのゴジラヘッドにこれまでなかった左手が出現し、手には、高さは4.5m、直径4.1mの巨大コップを持っています。イソジンは、この春より、ムンディファーマとシオノギヘルスケアからの商品ブランドとしてリニューアル、うがいのイソジンから総合感染症対策のイソジンへ、「新宿の中心で、ゴジラが風邪を引いたら大変だから、だそうです。
協力:東宝株式会社
主催:ムンディファーマ株式会社

東宝が両手で権利をもつゴジラを、こういう形でプロモーションをする、ましてや、屋外広告物として使用、というのはちょっと面白いことがはじまった感じがします。これも今年7月29日より公開予定の新作ゴジラ「シン・ゴジラ」に向けてのプロモーションということなのでしょう。ちなみに、その7月には、歌舞伎町におけるゴジライベントも開催にむけて準備中のようです。しかし、いやはやなんとも・・歌舞伎町×ゴジラ×イソジンとは、シュール、というか、歌舞伎町のイソジン消費量ははんぱないですからね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
前の7件 | -