So-net無料ブログ作成
検索選択
前の7件 | -

めんそーれ新宿―7月25日(土)新宿エイサーまつり2015 開催!―新宿エイサーまつり2015ダイジェスト動画【Shinjuku Eisa Festival 2015 digest movie】 [イベント]

めんそーれ新宿―7月25日(土)新宿エイサーまつり2015 開催!


新宿エイサーまつりダイジェスト動画(20分バージョン)【Shinjuku Eisa Festival 2015 digest 20min.short ver.】
撮影:弓田一徳、谷尾宏之、寺谷公一 編集:寺谷公一

【What is Eisa?】
Eisa is a Bon dance originated from Okinawa.
July 15th is the “Kyu Bon” (old Bon) according to the old calendar (it will fall on 21st of August in 2015), and on that night when we see off our ancestors’ spirits (the day is called “Ukui” in Okinawa), young men and women go around the community dancing, wishing for health, safety, and prosperity of each house,and pray for repose of the spirits. This dance performed on the night of 15th,the day of “Ukui” (to send off ), is called Eisa. Spirits of ancestors that come down to earth on the 13th, or the day of “Unke” (to welcome) usually resist on returning, so people beat their drums to scare them and send them back to their world. This is how Eisa was established.

【History of Eisa and its origin】
In 1603, d uring R yuku K ingdom e ra, Jodo Shinshu ( True Pu re L and Bu ddhism) w as introduced to the people. And it is said that original form of Eisa was Nenbutsu (Buddhist invocation) chanting by Ninpucha (the c hanter) to repose the spirits at funerals and memorial mass. Later on in the beginning of the Showa era, more entertainment-driven Eisa became popular.
In 1956, when “Island of Okinawa Eisa Contest” started out, young men’s associations from center of Main Island took the initiative to bring Eisa to a new level, revolutionizing its skills and costumes.
Today events are held not only during Kyu Bon but throughout the year, including Island of Okinawa Eisa Festival and 10,000 Eisa Dance Festa, and many can be seen outside Okinawa.
There are several theories to the origin of Eisa. However the one that is most supported is group dance “Esaomoro” being combined with Nenbutsu (Buddhist invocation) style dance which was started by a Kyoto Buddhist priest, Taichu Shonin when he came to Okinawa. It is also said that the name “Eisa” was taken from a musical accompaniment.

Shinjuku Eisa Festival is held on the last Saturday of July, right after the rainy season.It starts from 1 o’clock around Shinjuku Street. This time of the day during the summer season is the hottest throughout the year.
Make sure to drink water frequently so that you won’t suffer from heatstroke.
There are no convenience stores and vending machines along Shinjuku Street so we suggest you to bring a drink with you.
In Okinawa, Eisa is usually performed from early evening to night, when it’s cooler.At Shinjuku Eisa Festival, you can also enjoy it in a rather cooler weather at nighttime.This year, nighttime sessions are held in 6 areas, around East and West Exits of Shinjuku Station.During nighttime sessions, audiences can join the Eisa performances.
And one of its main attractions is the “Kachashii”!

【What is Kachashii?】
Kachashii means to “stir” in Okinawan dialect.When people sway their hands from left to right above their head, it looks like a stirring movement and this is where its name comes from.
As people get warmed up to the Okinawa folksongs, the audience and sometimes the players too, start dancing the Kachashii, swaying their hands up in the air and stumping their feet.

新宿が沖縄になる日。めんそーれ、新宿。毎年恒例、今年で14回目、7月の最終土曜日開催の「新宿エイサーまつり」が7月25日開催されました。昼の部は新宿通り(アルタ前からマルイアネックス前までの5会場)にて12時より16時まで、夜の部は新宿駅東西6会場(双葉通り、モア4番街、歌舞伎町セントラルロード、新宿三井ビル、小田急電鉄本社前、小田急ハルク横)にて17時より20時まで、沖縄の伝統舞踊「エイサー踊り」の演舞で新宿全体が賑わいました。


新宿エイサーまつり2015ダイジェスト動画【Shinjuku Eisa Festival 2015 digest 91min. long ver.】
撮影:弓田一徳、谷尾宏之、寺谷公一 編集:寺谷公一

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

7月23日(水)第12回 新宿繁華街犯罪組織排除協議会総会 開催 [まちづくり]

送信者 Shinjuku,Kabukicho 2015

7月23日(水)第12回 新宿繁華街犯罪組織排除協議会総会 開催

日時:平成27年7月23日(木)午後2時より
場所:新宿区役所5F大会議室

新宿繁華街犯罪組織排除協議会は、今総会で設立以来12年(総会は12回目)となる。新宿警察署組織犯罪対策課の指導のもと、所轄内の新宿駅周辺繁華街から大久保地区までの各商店街振興組合、町会、企業グループ(宅建・ホテル旅館・遊技場・酒場・喫茶飲食・麻雀・質屋等各同業組合)、社交料理飲食業連合会などで構成。防犯協会、交通安全協会の各会長を顧問・相談役に、関係機関としては新宿区役所、(公)暴力団追放運動推進都民センターと新宿区役所、新宿区長と新宿警察署長は顧問、会長職は恒例で、歌舞伎町の“村長”(現在は歌舞伎町商店街振興組合理事長・片桐基次氏※写真中央)がなる、という形をとっている。

総会では、26年度事業報告・決算報告、27年度事業計画・予算案、犯罪組織排除功労者表彰、及び、「特殊詐欺」撲滅にむけて(新宿警察署生活安全部)、また、警視庁組織犯罪対策部による暴力団の現状についての基調講演などが行われた。


来賓代表として挨拶された新宿警察署長青木樹哉氏

東京都(警視庁管内)の暴力団情勢は、現在構成員約3,700名、準構成員約7,700名、合計11,400名、暴力団排除条例ができた平成23年が約1万6,000人だったので、それから約5,000人減少している。しかし、構成員でないことを偽装した破門なども多く、まだまだ活動は盛んで暴力団対策の手を緩められる状況にはないという。民間の契約時における、暴力団排除の特約条項を設けたり、自分が暴力団関係者ではない旨の決意表明書にハンを押させるなどによって、暴力団の資金獲得を遮断させるよう指導を徹底しているところだとか。
新宿警察署管内39事務所・関連事務所38、約950名を把握、昨年度266名を検挙、今年上半期はすでに極東会会長、沖縄旭琉会副理事長逮捕などを含め169名検挙、暴力団のミカジメなど不当要求などに対し28件の中止命令を行っているという。歌舞伎町には現在、55台の防犯カメラが設置済みだが、なおの設置促進への協力の要請もあった。

暴力団追放!
・暴力団と交際しない
・暴力団に金を出さない
・暴力団を恐れない
・暴力団を利用しない

暴力団に関する相談
◇警視庁暴力団ホットライン 03-3580-2222
◇(公財)暴力団追放運動推進都民センター 0120-893-240 (平日9:00-17:00)


暴排条例や暴対法によって、暴力団の活動が大きく制限されるようになったことは、街中で暴力団員がたむろする景色が減ったことでも、その効果が大きかったことは言うまでもない。また、飲食・風俗店などへの暴力団からのミカジメなどを含む不当要求に対し中止命令をかけてきたことで、店と暴力団の関係は薄くなりつつある。一方で、客引き頼みだった店舗から暴力団が引いたことで、客引き側の立場が店と逆転、客引きの取り分の率の高騰現象と相まって、昨今の料金トラブル事案(ぼったくり)多発に繋がったという面もある。ぼったくり対策は粛々と進めていくにしても、99%客引きを導線としたこれらの事案の根底にある客引きの活動リスクが未だ、あまりに低すぎるという面(迷惑防止条例違反であれば50万以下の罰金、6ヶ月以下の懲役、そのほか、暴力団へのミカジメ料は一人一ヶ月あたり3万程度)、と、店舗からのバック率(50%)を考えると、諸悪の根源は「客引き」ということに合理性があるといえる。
店からのミカジメが取りにくい時代だからこそ、客引きをただ増やせば収入になるという短絡的なヤクザ稼業のあり方、と言っても組長に言っても若い衆が言うことを聞かないと愚痴をこぼすほど、すでの暴力団自体のガバナンスの欠如、これらの背景には暴対法や暴排条例による暴力団の弱体化があるとは言え、では、失われた秩序を市民自らが維持しなければならない、それをできるのかという課題はまだまだ遠い。
観光拠点化していく歌舞伎町の雑景の中で、また、一般の来街者の「安全」錯覚の中で起きる様々な事故を未然に防ぐために、実際面では決して安全ではない街の緊張感をいかに保てばいいのかなど、まだまだ課題はある。

話は変わるが、昨今話題になるのは、暴力団を離脱したものへの就労支援(社会復帰)というテーマがある。暴力団には人権、生存権はない、という流れの中で、暴力団を離脱すればよい、という考え方はいいとして、では、社会復帰をどうするか。暴追都民センターなどでは再就職の支援を行おうとしているが、実際のところ、協力企業はなかなか集まらない。日本は『レッテル社会』な面が強いから、元ヤクザ、元暴力団、指がない、となると、当たり前ではあるが、途端に生きていくのが難しくなる。それが市民生活の安全・安心を脅かすのであれば、『レッテル社会』だからこそ、新たなレッテル貼り、いい意味での“キャリアロンダリング”のシステム、例えばアメリカで言う海兵隊のような受け皿が、日本にも必要な気がしている。安全・安心にはコストがかかる。生活保護など、同じ“税”で対応するなら、これまでも隠れた事実として、そういった役割もあった最大の公共事業である“自衛隊”を、もっと積極的にキャリアロンダリングのシステムとして活かしたらいいのではないか。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

めんそーれ新宿―7月25日(土)新宿エイサーまつり2015 開催!※小雨決行 [イベント]

新宿エイサーまつり公式パンフレット(web-edition) http://www.shinjuku-eisa.com/pdf/2015ShinjukuEisa2015_panf_webedition.pdf

新宿が沖縄になる日。毎年恒例、7月の最終土曜日開催の「新宿エイサーまつり」は今年で14回目の開催となります。
昼の部は新宿通り(アルタ前からマルイアネックス前までの5会場)にて12時より16時まで、夜の部は新宿駅東西6会場(双葉通り、モア4番街、歌舞伎町セントラルロード、新宿三井ビル、小田急電鉄本社前、小田急ハルク横)にて17時より20時まで、沖縄の伝統舞踊「エイサー踊り」で新宿が熱く盛り上がります。

新宿伊勢丹では第21回めんそーれ沖縄展、スタジオアルタでは沖縄ショートフィルムフェスタ、大久保公園では沖縄グルメフェスタ(7/24-26)、そして新宿文化センターでは沖縄音楽フェスティバルが同時開催、例年、約100万人の来場者(主催者発表)が集まる、新宿駅周辺では最大のイベントです。
新宿に来た折には、是非、沖縄を感じてオタノシミください。

新宿エイサーまつり公式WEB http://www.shinjuku-eisa.com/
Facebook; https://www.facebook.com/shinjuku.eisa
twitter; https://twitter.com/ShinjukuEisa



《新宿エイサーまつり 2015》
[開催日時]2015年7月25日(土) 12:00?20:00
[主催] 新宿エイサーまつり大会委員会
新宿大通商店街振興組合
新宿東口商店街振興組合
歌舞伎町商店街振興組合
新宿駅前商店街振興組合
新宿文化街商店会
歌舞伎町二丁目商店街振興組合
西新宿一丁目商店街振興組合
西新宿商興会
[後援] 新宿区、沖縄県、那覇市、一般財団法人沖縄観光コンベンションビューロー、一般社団法人新宿観光振興協会、公益財団法人東京観光財団、東京商工会議所新宿支部、公益財団法人新宿未来創造財団、
[参加チーム]26チーム
[実施会場] 新宿駅東口および西口周辺


2014.7.26 新宿エイサーまつり/Shinjuku Eisa Festival 2014 digest 86min.

【What is Eisa?】
Eisa is a Bon dance originated from Okinawa.July 15th is the “Kyu Bon” (old Bon) according to the old calendar (it will fall on 21st of August in 2015), and on that night when we see off our ancestors’ spirits (the day is called “Ukui” in Okinawa), young men and women go around the community dancing, wishing for health, safety, and prosperity of each house,and pray for repose of the spirits. This dance performed on the night of 15th,the day of “Ukui” (to send off ), is called Eisa. Spirits of ancestors that come down to earth on the 13th, or the day of “Unke” (to welcome) usually resist on returning, so people beat their drums to scare them and send them back to their world. This is how Eisa was established.
【History of Eisa and its origin】
In 1603, d uring R yuku K ingdom e ra, Jodo Shinshu ( True Pu re L and Bu ddhism) w as introduced to the people. And it is said that original form of Eisa was Nenbutsu (Buddhist invocation) chanting by Ninpucha (the c hanter) to repose the spirits at funerals and memorial mass. Later on in the beginning of the Showa era, more entertainment-driven Eisa became popular. In 1956, when “Island of Okinawa Eisa Contest” started out, young men’s associations from center of Main Island took the initiative to bring Eisa to a new level, revolutionizing its skills and costumes.
Today events are held not only during Kyu Bon but throughout the year, including Island of Okinawa Eisa Festival and 10,000 Eisa Dance Festa, and many can be seen outside Okinawa.
There are several theories to the origin of Eisa. However the one that is most supported is group dance “Esaomoro” being combined with Nenbutsu (Buddhist invocation) style dance which was started by a Kyoto Buddhist priest, Taichu Shonin when he came to Okinawa. It is also said that the name “Eisa” was taken from a musical accompaniment.

新宿エイサーまつりは、梅雨明けの夏真っ只中、毎年7月の最後の土曜日に開催されます。特に昼会場の新宿通りは真夏の13時からという1年を通して最も暑い時間に開始されるんです。熱中症にならないよう気をつけながら、水分はこまめに摂るようにしましょう!新宿通り沿いにはコンビニや自動販売機などは無いので飲み物は予め用意しておいたほうがいいですよ!
もともとエイサーは、地元の沖縄でも夕方から夜にかけて行われるのが一般的です。新宿エイサーまつりも、夜になると日中よりも比較的涼しく観ることができます。今年の夜会場は新宿駅東西6会場。夜の会場は観客の皆さんも一体となってエイサーを楽しむことができます。その楽しみの一つが「 カチャーシー」!
カチャーシーは沖縄方言で「かき回す」という意味があります。頭上で手を左右に振るさまが、かき回すように見えるからこの呼び名がついたそうです。沖縄民謡の演奏に興が乗るにつれて、聴衆が、時にはよっては演奏者も!両手を頭上に掲げて左右に振り、足も踏み鳴らす踊りです。

Shinjuku Eisa Festival is held on the last Saturday of July, right after the rainy season.It starts from 1 o’clock around Shinjuku Street. This time of the day during the summer season is the hottest throughout the year.Make sure to drink water frequently so that you won’t suffer from heatstroke.There are no convenience stores and vending machines along Shinjuku Street so we suggest you to bring a drink with you.In Okinawa, Eisa is usually performed from early evening to night, when it’s cooler.At Shinjuku Eisa Festival, you can also enjoy it in a rather cooler weather at nighttime.This year, nighttime sessions are held in 6 areas, around East and West Exits of Shinjuku Station.During nighttime sessions, audiences can join the Eisa performances.
And one of its main attractions is the “Kachashii”!
【What is Kachashii?】
Kachashii means to “stir” in Okinawan dialect.When people sway their hands from left to right above their head, it looks like a stirring movement and this is where its name comes from.As people get warmed up to the Okinawa folksongs, the audience and sometimes the players too, start dancing the Kachashii, swaying their hands up in the air and stumping their feet.


《歌舞伎町イベント関連 7月~8月》
7月23日(木)新宿繁華街犯罪組織排除協議会(総会)
7月24日~26日 第2回沖縄グルメフェスタ(大久保公園)http://www.nrg.co.jp/nikkenlease/okinawa-gourmet/
7月25日(土)新宿エイサーまつり http://www.shinjuku-eisa.com/
7月31日(金)~8月9日(日)新宿オクトーバーフェスト(大久保公園) http://shinjuku-oktoberfest.jp/
8月3日(月)ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション プレミアイベント http://www.missionimpossiblejp.jp/
8月29日(土)グリーンバード歌舞伎町チーム9周年パーティ(OPUST) http://www.greenbird.jp/team/kabukicho/
8月30日(日)新宿ゴールデン街納涼感謝祭 https://www.facebook.com/goldengai http://golden-gai.tokyo/2015/


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

歌舞伎町「ぼったくり被害110番」が開設 ―電話03-6205-6777 [まちづくり]

6月26日(金)より、東京弁護士会の民事介入暴力対策チーム及び法律相談センター運営委員会合同による歌舞伎町「ぼったくり被害110番」が開設された。今年に入って急増していたぼったくり被害(110番件数にすると4月で341件)の対策として、警視庁が本格的に取締りを強化していることで被害件数自体は大分減ってきているが、それでも6月だけで131件の110番件数があるということで、被害者救済などを念頭に東京弁護士会を中心にスタートしたもの。

歌舞伎町内のビルに相談センターを構え、開設をした6月26日より、夜21時より深夜未明にかけ、複数の弁護士が常駐し、ぼったくり被害に遭った客の相談を受け始めた。
26日より30日の間に11件の相談があった。その大半は、一番街の案内所経由で性風俗店によるレンタルルームでのぼったくり被害、K'sビルにあるキャバクラ店での料金トラブル。現在、営業を続けているぼったくり店は歌舞伎町内に約20店舗、ぼったくり店と結託した案内所も約5件ある。カモフラージュや休止中の店舗はもっとあるのだが、その中で非常に活動的に「ぼったくり」営業を続けている店舗が現在4店舗、相談が多かったのはその中でも特に2件。これまで、客引き→ぼったくりという案件が多かったのだが、客引き→案内所→中継のスタッフ(外販)→ぼったくり被害キャバクラ、または性風俗店、というケースが増えてきている。

東京弁護士会の伊藤茂昭会長は会見で「被害に遭いそうになったときは、絶対に金銭を支払わないこと。110番通報し、助けを求めて身の安全を確保すること。ぼったくり被害110番で、弁護士に助言を仰ぐこと。それで被害は未然に防げる可能性があります。金銭を支払ってしまった後でも救済の道は残されていますから、遠慮なく弁護士に相談してください」と呼びかけていた。

2015年7月1日、歌舞伎町「ぼったくり110番」開設記者会見より(東京弁護士会東京弁護士会 伊藤 茂昭会長、新宿区長 吉住 健一、歌舞伎町商店街振興組合 片桐 基次理事長)

「ぼったくり被害110番」の事務所を提供する歌舞伎町商店街振興組合・片桐基次理事長は「歌舞伎町に出ている客引きは100%ぼったくりです。弁護士会、警察の方々と強く連携して、ぼったくりを全滅させたい」と語っていた。なお、「ぼったくり被害110番」は、直接東京弁護士会の弁護士が電話にでて、最初の電話相談は無料で答えている。その後、受任(代理人)して店舗との交渉に臨む場合は2万5千円(税込み)より、訴訟費用は別。


2015年7月1日、新宿区主催で、歌舞伎町の客引き・ぼったくり撲滅のキャンペーンが開催、警視庁からは種谷良二副総監が参加。警視庁は刑事事件化と行政処分の両輪で徹底的なぼったくり対策をすすめるとともに「2020年東京オリンピック・パラリンピックに向け、海外からのお客様も繁華街で安心して楽しめる、これが世界一安全な都市・東京実現のメルクマール」と意気込みを語った。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

「クラブ」規制緩和の改正風営法成立― 6月17日、若者などが音楽やダンスを楽しむ「クラブ」について、一定の条件で朝までの営業が可能になるほか、「ダンスホール」の規制を無くす改正風俗営業法が、参議院本会議で可決され、成立 [その他]

若者などが音楽やダンスを楽しむ「クラブ」について、一定の条件で朝までの営業が可能になるほか、「ダンスホール」の規制を無くす改正風俗営業法が、6月17日の参議院本会議で可決され、成立しました。

◎風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律の一部を改正する法律案議案(閣法)
提出時全文
・議案提出回次 189
議案件名 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律の一部を改正する法律案
議案提出者 内閣

【風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律の一部を改正する法律の概要】

本案は、最近における風俗営業の実情及びダンスをめぐる国民の意識の変化等に鑑み、客にダンスをさせる営業の一部を風俗営業から除外するとともに、設備を設けて深夜においても客に遊興をさせ、かつ、客に酒類の提供を伴う飲食をさせる営業について新たに許可制度を設けるほか、風俗営業の営業時間の制限について条例により緩和することができる範囲を拡大する等の措置を講ずるもので、その主な内容は次のとおりである。

一 キャバレー等の客にダンスをさせ、かつ、客の接待をして客に飲食をさせる営業について、料亭等の客の接待をして客に遊興又は飲食をさせる営業に含めて規制することとすること。

二 一定の場合を除き、ナイトクラブ等の客にダンスをさせ、かつ、客に飲食をさせる営業を風俗営業から除外し、そのうち客に酒類を提供するものについては、都道府県公安委員会(以下「公安委員会」という。)の許可を受けた場合には、特定遊興飲食店営業として深夜においてもその営業を営むことができることとすること。

三 ダンスホール等の客にダンスをさせる営業を本法による規制から除外することとすること。

四 特定遊興飲食店営業を営もうとする者は、公安委員会の許可を受けなければならないこととし、許可の基準として人的・物的欠格事由を設けることとすること。

五 営業所の構造・設備の維持、照度の規制、騒音及び振動の規制、接客従業者に対する拘束的行為の規制等、特定遊興飲食店営業者等が遵守すべき事項や禁止行為について定めるとともに、これらに違反した場合における公安委員会の行政処分についての規定を整備すること。

六 特定遊興飲食店営業者の団体の届出に関する規定を整備すること。

七 風俗営業者や特定遊興飲食店営業者が深夜にその営業を営む場合に、客が営業所の周辺において他人に迷惑を及ぼすことがないようにするために必要な措置を講じなければならないこととすることや苦情の処理に関する帳簿を備え付けなければならないことを義務付けることとすること。

八 風俗営業や特定遊興飲食店営業の営業所が集中している地域等、特に良好な風俗環境の保全を図る必要があるものとして条例で定める地域における風俗環境保全協議会の設置に関する規定を整備すること。

九 その他、風俗営業の営業時間の制限の緩和に関する規定の見直し、ゲームセンターへの年少者の立ち入らせについて条例により制限することのできる事項の拡大等所要の規定を整備すること。

十 この法律は、一部の規定を除き、公布の日から起算して一年を超えない範囲内において政令で定める日から施行すること。

店内の明るさが、映画館休憩時間と同程度の10ルクスを超える場合は、風俗営業とせず、「特定遊興飲食店」(許可制)とし人的要件、場所的要件、構造上要件など規制。繁華街やホテル高層階など、指定された地域と場所での24時間営業を認める。18歳未満の深夜(午後10時以降)入店は禁止。また、各自治体の条例による規制を受けての営業許可ということになり、東京都の場合はこれから検討される関連の都条例で、場所要件や営業時間の規制が定められることになる。面積要件も緩和される予定で、これまで66平米以上だったものが33平米以上とする方向で警察庁が検討中です。 

◎場所的要件
商業地域であることは必須ですが、現在、特区として深夜1時まで風俗店の営業が許可されている地域(歌舞伎町も含む)と同等か、もしくはそれより狭くなる方向で検討されているようです。住宅地域と近接している繁華街(とくに六本木や渋谷)では、住民の反対などもあることから許可がおりる店は限られてくることが予想され、朝までできないとなると、すでにこれまであった店も、その場所を諦め、朝まで営業可能な地域に移転しようとする動きがではじめてます。

◎面積要件
33平米以上といっても、100平米以上だと、建物の用途変更(自治体の建築行政との協議)が必要となり、建物側の都合で、構造上の問題、検査未了、違法建築物等で用途変更手続を行う事が出来ない場合があります。従って、100平米以下の「クラブ」と称した朝まで営業が、最も脱法的な業態の温床になりやすいと考えられます。一方、エイベックスなど音楽メーカーやパチンコなどの大手資本も、これまで法的に“グレー”だったクラブ業が“合法”となることから、本格的な進出を検討していると聞いています。限られた24時間営業可能な地域の、さらにクラブ営業が可能な構造・環境を持つオオバコは家賃が高騰する可能性もあります。

◎「特定遊興飲食店」の「遊興」について
警察庁はこれを、概ねクラブ(ダンス営業)と考えているといいますが、国会(内閣委員会)での答弁によると、「遊興という用語は現行法でも既に使用されており、規制の対象となる遊興は「営業者の積極的な働きかけにより客に遊び興じさせる行為に限られる」と解釈されている。音楽を流して不特定の客にダンスをさせる行為、不特定の客にダンス・ショー・演芸等を見せる行為、歌、バンドの生演奏等を不特定の客に聴かせる行為、のど自慢大会等の不特定の客が参加する遊戯、ゲーム、競技等を主催する行為が当たる。」(山谷国家公安委員長)
従って、そのような業態は、もし、朝まで営業するのであれば、「特定遊興飲食店」の許可が必要、ということになります。
「深夜に酒を飲む客に対し、営業者が積極的に働きかけ、場の雰囲気を盛り上げながら遊興させれば風俗上の問題が生じる恐れが特に高いことから、飲食店におけるこうしたサービスの提供を規制の対象とした。こうしたサービスを行わない場合、一般に客は静かに酒を飲むこととなり、風俗上の問題が生ずる可能性は比較的低いと考えられることから、遊興なしの酒類の提供は禁止されていない。」(山谷国家公安委員長)ということで、深夜酒類提供店は現行どおりということです。注意が必要なのは、風俗営業の範囲内のもの以外で、上記「遊興」に該当する飲食店はのうち、33平米以下だと朝まで営業は不可、33平米以上だと、「特定遊興飲食店」許可が必要で、許可無く営業した場合は無許可営業(営業停止、200万以下の罰金)として摘発対象になりうる、ということは留意するべきでしょう。

個人的には、今回の風営法の規制緩和については、あまり賛成できないということを、議員立法なだけに、また前内閣委員長の柴山君とは友人ということもあってよく話をしてました。いくら海外からの誘客をとはいえ脱法的緩和ではなく、そもそもの風営法全体の抜本改正から入るべきではないかというのがその大筋だったのですが、一方で、こうして、結果としての緩和が投資機会を生むことについては賛成でもあり、基本的には、今回の緩和を歓迎したいと思います。
歓楽街の情勢地図も、ひょっとすると変化していくかもしれません。無論、その中には、来街者にとって良いものも良くないものも混ざることになるでしょう。なお、これは歌舞伎町コンシェルジュ委員会としてですが、優良な資源となりうるコンテンツだからこそ、業界関係・投資側だけでなく警察とも情報共有しつつ、歌舞伎町の音楽シーンを盛り上げていきたいと考えています。

今風営法改正成立を受け、都条例の整備を行って、施行は1年後くらいになるようです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

2015年6月2日 新宿区定例記者会見(平成27年第2回区議会定例会)より [まちづくり]

6月10日より19日に開催される新宿区議会平成27年第2回定例会に先立ち、6月2日、新宿区定例記者会見(吉住健一区長)が新宿区役所にて行われました。見では、待機児童解消緊急対策、公私立幼稚園の連携による幼児教育の充実、2020年東京オリンピック・パラリンピック開催に向けた機運醸成、8月に開催される新宿クリエイターズ・フェスタ2015について、初夏の大商業まつりや地域飲食応援事業、新宿子育てメッセ、本庁舎免震改修工事についてなども発表があったが、ここでは、とくに歌舞伎町に関係の深いところで、「(仮称)新宿フリーWi-Fiの構築」「客引き行為及びぼったくり防止対策」についての部分をとりあげます。


◎「(仮称)新宿フリーWi-Fiの構築」

新宿区は、新宿観光振興協会・NTTグループと協働で、訪日観光客から要望の強い無料公衆無線LAN環境の調査を実施し、「(仮称)新宿フリーWi-Fi」の構築を進めます。
すでに歌舞伎町では、コンシェルジュ委員会(寺谷公一事務局長)が先駆けとして、NTTグループの訪日外国人向けフリーWi-Fiアプリ"Japan Connected-free Wi-Fi"に参画した形で、「歌舞伎町Free Wi-Fi」網の整備を、コンシェルジュ委員会参加店舗を中心にすすめてきましたが、これを、公共空間にも拡大する形となる「(仮称)新宿フリーWi-Fi」がいよいよ着地に向けて動き始めます。すでに6月1日、新宿区は、新宿観光振興協会及びNTTグループとの間で協働整備に関する合意書を締結、7~8月には新宿クリエイターズフェスタのスキームの中でアクセスポイント整備箇所の調査事業を開始、10月、調査結果に基づき整備方針を固め、28年1月より整備開始というスケジュールで進んでいくことになります。

◎「客引き行為及びぼったくり防止対策」
昨年夏過ぎあたりから、急激に増加し、現在もなかなか有効な対策が打ち切れてない、歌舞伎町の社交飲食店を含む風俗店における高額なぼったくり(料金トラブル)事案に対する、新宿としての対策案について。

基本的には“客引きの根絶が鍵”と捉え、警察、地元商店会等と緊密に連携し、とくにボーナス期であるこの6月中に、客引き対策強化週間をもうけ、歌舞伎町1・2丁目の中で重点的なパトロールの実施等、客引き行為防止パトロールの強化をすすめ、また、外国人観光客を含めて、来街者向けに「客引きに絶対ついていかない!」ように多言語のチラシなどを製作・配布、様々な広報を通じて啓発していくということです。発するぼったくり事案に対し、新宿区としても、「せっかく歌舞伎町周辺が経済的にも立ち直りを見せた中で、いらっしゃったお客さんに不快な思い、嫌な思いをさせることはあってはならないことだと思ってます。」と、強い危機感を感じているということで、警察(警視庁・新宿警察署)、地元商店会と連携しながら、まずはパトロールと啓発、ということです。

非常に悪化している歌舞伎町の風俗店における一連のぼったくり(悪質な料金トラブル)事案について、連日の逮捕の報道を見るように、新宿警察署・警視庁も本腰を入れ、また、区もこういう形で対策を強化していく中で、今は第3段階に入る、といったところでしょうか。
これが第4・第5の段階にはいらざるを得ない状況になると(おそらくなると思いますが)、多分”火の粉”がいろんなところにも降り注ぐことになるかもしれません。そこまでしても、今回は、徹底的にぼったくり(店舗・業者)をつぶす、いかにぼったくりが割に合わない手段かを思い知らせるまで続くことになるかと思います。

最後に、これは新宿区からの発表項目にはありませんでしたが、渋谷区の多様性推進条例(渋谷区男女平等及び多様性を尊重する社会を推進する条例)のような条例・取り組みについての新宿区の考え方について質問がでました。これについて、条例化は吉住区長はまだまだ慎重ですが、区内で、仮に不利益を被るような事例があるのであれば確認し、解消するような取り組みはすすめていくとのことでした。

送信者 Shinjuku,Kabukicho 2015

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

5月26日(火)歌舞伎町商店街振興組合 第54回通常総会開催 [まちづくり]


理事長に就任(4期目)した片桐基次氏を中心に、歌舞伎町商店街振興組合執行部。左から下村副理事長、麻生副理事長、杉山副理事長(筆頭)、片桐理事長、佐藤副理事長、中井専務理事、佐藤専務理事、呉本常任理事。

5月26日(火)、歌舞伎町商店街振興組合 第54回通常総会が、車屋にて行われました。歌舞伎町商店街振興組合の組合員数は217名、うち、この日の総会参加は42名、委任状74名、計116名で過半数を超え、議決成立要件を満たしました。

[議事次第]
平成26年度事業報告をする麻生茂副理事長
第 1号議案 平成26年度事業報告承認の件(平成26年4月1日~平成27年3月31日)

平成27年4月に予定されている新宿東宝ビルの竣工は歌舞伎町にとって「観光拠点のまち」「秩序ある歓楽街」を具現化できるまたとない機会と捉え、長年の願望であったセントラルロードの大改修事業を行いました。行政機関との度重なる交渉により歩道部分の幅員を広げ、街路樹も見通しの良い低木に変え、路面設備は見栄えもよくメンテナンス性に優れる工法を用い、ここにシンプルかつ斬新なデザインの街路灯を配し、正面入り口には新ビルとコラボ可能なシンボル灯を設置、今までとは見違えるばかりの通りとして完成しました。歩きやすい、新たな歌舞伎町の実現です。
一方、悪質な風俗の客引き、しつこい居酒屋の客引きなどによる「ぼったくり」は社会現象化し、防犯部会のパトロールをもってしても一向に収まる気配はありません。そこで客引きを利用しない様、来街者に対して啓蒙する作戦に切り換え、防犯ジャンパーの背中にはこの旨のステッカーを縫い付け、新宿署による注意喚起の街頭放送を流すなどの対策を講じました。この活動は今後も継続して行ってまいります。
他方、来街者に対しては、楽しい歌舞伎町PRとして昨年創設したコンシェルジュ委員会に於いて、管内のホテル支配人の皆様など現場に従事する方々のご意見を集約し、来街者特に観光客へのおもてなしの一環として、ガイドブックの制作を進めてまいりました。27年度早々には刊行する予定です。
振り返れば、大きな変貌を遂げんとする歌舞伎町の助走の一年と言えるでしょう。これを結果に結びつける次年度に大きな期待を込めて、一年を締めくくる事が出来ました。

第 2号議案 平成26年度決算書類並びに監査報告書承認の件
第 3号議案 平成27年度事業計画決定の件


平成27年度事業計画(平成27年4月1日~平成28年3月31日)

本組合は、組合員の相互扶助の精神に基づき、組合員の事業並びに歌舞伎町の健全な発展に貢献することを目的とした、必要な共同事業を行い、また、周辺環境の整備を促進するとともに、街の環境および公共福祉に留意した事業に取組んでまいります。今年度は、新宿東宝ビルの竣工に合わせ観光拠点のまち、歩きやすいまちを具現化してまいります。具体的には、観光客向け管内のホテルコンシェルジュに備え付き用のガイドマップを製作し、安心して楽しめるまちをアピールしてまいります。
大型観光バスの導入ルートは確保出来ましたので、次はいよいよリムジンバスの設置です。これは地区計画に基づくものとなりますので、シネシティ広場周辺まちづくりの会で議論を深め、一日でも早い実現を求めてまいります。また同会は、組合ビル建替えに於ける公共貢献、規制緩和の方針も区に対し提言するものですので、同様に今年度中に結論を出す事となります。更に、既に新宿区が予算化しておりますシネシティ広場の改修工事、民間による街路灯新設も実行してまいります。ソフト面としては客引き禁止条例に科科を加えた改正を求めつつ、引き続き防犯パトロールを継続してまいります。また、4月にオープンする新宿東宝ビルにはゴジラヘッドが出現し、観光名所としてにぎわいが増大することでしょう。これに合わせた映画イベントも既に多数予定されており、活性化対策として組合としてもイベント事業に積極的に協力してまいります。個々の詳細事業については以下のとおり計画致します。

事業計画
(1)共同宣伝事業
①地域活性化に関する事業
・外国人観光客に対するコンシェルジュ事業
・大型バス導入対策
・TMO主催イベントの後援・協力
②ホームページ(ポータルサイト)の更新管理
(2)環境浄化・美化事業
①地域安全・安心に関する事業
・地域安全安心ステーションの維持・管理
・防犯パトロールの実施(悪質客引きの撲滅)
・違法看板の是正指導(合同監察への参加)
・消防地域協定に基づく防火防災意識の向上を求める活動(合同防火訓練、地域防災活動)
・美化推進活動(定期的な清掃活動)
・その他参画各種協議会への協力活動
②食品衛生管理活動
(3)振興事業
①各町会活動促進に対する支援協力活動
②部会並びに委員会活動の促進
③関係各団体への支援協力活動
(4)弁天堂維持事業
・弁天堂ならびに弁天堂ビルの維持管理
(5)福利厚生事業
・勉強会、親睦会などの実施
(6)組合ビル管理事業

第 4号議案 平成27年度収支予算決定の件
第 5号議案 組合員に対する経費の賦課徴収方法決定の件
第 6号議案 組合借入金額最高額決定の件
第 7号議案 加入手続料決定の件
第 8号議案 使用料および手数料決定の件
第10号議案 労働保険事務組合の件(平成26年度事業報告・収支決算および会計監査報告承認、平成27年度事業計画および収支予算決定の件)

第 9号議案 役員選挙の件
これまで3期(1期2年)務めた片桐基次氏が理事長を続投。振興組合の理事を選出の上、開催された第1回理事会で承認されました。


4期目の理事長に就任した片桐基次氏の挨拶、および、来賓として参加された吉住健一新宿区長の挨拶


懇親会にて。左が片桐理事長、吉住新宿区長。右は、小松相談役、原哲也氏(暴力団追放都民センター代表理事)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
前の7件 | -