So-net無料ブログ作成

11月23日 歌舞伎町の違法風俗店摘発、経営者の森下景一容疑者(54)ら風営法違反の疑いで逮捕 [まちづくり]

新宿歌舞伎町にて、違法風俗店摘発、経営者ら8人を逮捕 (警視庁保安課)

禁止地域で店舗型風俗店を営業したとして、警視庁保安課は24日までに、会社社長、森下景一容疑者(54)=東京都新宿区百人町=と従業員ら計8人を風営法違反(禁止地域内営業)の疑いで逮捕した。調べに対し、森下容疑者は容疑を認めているという。
森下容疑者はテレホンクラブ「リンリンハウス」や漫画喫茶「マンボー」のほか、新宿・池袋を中心に派遣型風俗店やいくつかの関連会社・不動産会社など多数経営している。

調べによると、森下容疑者らは22日午後3時20分ごろ、風俗関連営業が禁止されている新宿区歌舞伎町(都条例において、吉原の一部地域をのぞいて全域禁止区域)にあるビジネスホテル内でマッサージ嬢(29)を使い、都内に住む男性会社員(40)に性的サービスさせた疑い。森下容疑者らは同じビルでビジネスホテルと風俗案内所、派遣型風俗店を経営。案内所に来た客を2階の受付所を通して受付、ビジネスホテルの室内にサービ嬢を派遣する営業形態を同課は禁止されている店舗型の風俗営業に当たると判断した。この店舗で今年1月以降、約3億9000万円を稼いだとみて追及する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

摘発を受けたのは、歌舞伎町一番街通りの中央にある青い建物(中には無料案内所ほか、2Fに受付所、ビジネスホテル形態のサービスルーム)がある。昨年の7月に閉店した上高地という喫茶店の建物。

で上の写真左側が摘発後、1Fの不動産屋をのぞいて電気が消えている。右側が、営業中の時に撮影したもの。

  はではでしい看板が明かりを消し、閉ざされた無料案内所。

森下容疑者が実質的に経営する風俗店舗は歌舞伎町内で約40件ちかくあるといわれているが、そのほか池袋(セントラルホテルの営業形態は、今回摘発された元上高地のビルと同様で自粛のため閉店模様)などにも存在。過去、歌舞伎町にリンリンハウスというテレクラを出店したのが歌舞伎町初お目見え(昭和62年ぐらいだった記憶、歌舞伎町内のある人から借金して始めたとか。)、当時テレフォンクラブ優良店会とうのがあって1時間3000円という単価を業界自粛で価格協定をむすんでダンピング防止をしていた時代に、1時間800円の激安路線と店外スピーカーによる街頭宣伝が際立ち、やがてテレクラ業界を席巻した。ある意味歌舞伎町が生んだサクセスストーリーともいえないでもないが、町会費をまったくはらわないなど地域とのつながりを持たず、その割りに派手な(だがすくなくとも上品とはいえない)事業展開が地域社会と軋轢を生んでいたのも事実。テレクラ・ビデオボックスなどは全国展開、ほか漫画喫茶や不動産業などと性風俗関連営業を営み報道によると年間売り上げ350億とかあったが、一説に500億といううわさもある。

今回の摘発に警察は本庁・新宿署合同で150人体制、三光町にある㈱森下の本社にも入った模様。

この情報は歌舞伎町内の性風俗店や無料案内所に対し十分動揺を与えるもので、一部ファッションヘルス業者は無料案内所への看板・広告出稿をはずす動きがでている。今回の摘発があろうとなかろうと、来年の無料案内所規制条例によってファッションヘルス等の無料案内所への看板・広告掲出は違法になるのでこれがやや促進させる効果を生んでいる。

社長の森下景一容疑者がもっていかれたことで、㈱森下社内も一部混乱がある様子、元かに道楽裏のビジネスホテル(建築許可申請済、来年1月完成予定)も本日設計事務所に入金されるはずだったようだが、それがすでに滞っているようだ。さくら通りに面したこのビジネスホテル建設予定地も計画が頓挫ししばらく鉄鋼がむきだしのままになってしまう可能性もありそう。

一方で歌舞伎町一丁目(コマ劇場裏など)の地上げともとれる用地買収をくりかえし脱法風俗業者でありながら堂々と拡大路線を走ってきた同グループ。最近ではさくら通り中央のフグ屋のはいっている建物を買おうとする動きなどあった。確かに、元上高地の店舗で1月から3億9000万を売り上げていたとあるほどだし「金」はあるだろうが、あくまで脱法風俗でありまとも使いにくい金であったのか、各方面(たとえば池袋にある不動産ファンド・融資会社アトリウム)に借入金もかなりの額であるようだ。元かに道楽にしてもある不動産ファンドに対し売りが出ているという情報をどこからかかぎつけてサクっと買ってしまったようで、500億ともいわれる不動産投資にまわしていた資金が、いくら風俗がもうかっていたからとはいえどこから出ていたのかその辺も今後操作の対象になるのではないか。歌舞伎町内で森下に不動産などの売り情報を流していた人物が誰なのか、だれが仲介に入っていたのか。

警察におそらく国税も連動して動くと思われる中で、歌舞伎町内に地上げした土地や建物の今後の成り行きがきになるところでもある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

   

摘発された無料案内所・レンタルルーム・受付所以外にも森下グループや、その他の組織による脱法風俗(受付所・サービスルームなど)は30件以上あり、今夜も煌々としたネオンをつけて営業中。これらが今後摘発もしくは条例改正によって営業できなくなった場合、営業内容をコンバージョンするかもしくは1階路面店を含めて大量の空き物件がでることも考えられる。

その他、歌舞伎町内では主にアフリカ系外国人とみられる客引きが東通り・さくら通りに多数、居酒屋のキャッチはぷちぼったなどでいずれ問題が表面化するだろう。カラオケ業のキャッチについても来街者による苦情が多い問題であり、これについては問題が大きくなる前にカラオケ防犯協会なる組織立ち上げの準備中、なんとか自浄努力によって改善をはかろうとする動きがある。ホストやその他性風俗業界にも、優良店組合みたいな組織を立ち上げようとする活動が水面下でおこりつつある。

歌舞伎町に存在するあらゆる業種において、違法なキャッチなどの行為を含め「いい店」「悪い店」があるわけで、そろそろすべての業種でふるいにかけていく必要はあるかもしれない。おのおのの業種が自浄努力によって改善していくことがもっとも好ましいことではある。もちろん違法性があればそれは排除されていくことになるだろう。        

 

             

「新宿は、日本の治安のバロメーターということで、ここの治安回復は、私の仕事の主要なものでございましたけれどもこういう形で現在向かっているということは、大変うれしく思いますし、この取組みがきっかけとなって全国の繁華街で同じような取組みをやっていこうじゃないかとそうした流れが出来てきたことについても、多くの方々の大きな成果だと思います。

一方で、まだ、途についたばかりだというのが、また感想でありまして、いろんな人から意見を聞くんだけれども「まだまだ、向こうは力を残している。こちらの対応をみているんじゃないか。今のみんなでやろうというムードが、どこまで続くのかを向こうはちゃんと見ているだろう。」とおっしゃる方もおられました。これから、歌舞伎町は変わってきた。あれをマネしようという都市が現れている以上ですね、最後までやりきらなければ、恥を掻くということでありますので、是非ともこのまま徹底してがんばってくださればと思います。」(今年の7月22日 第二回歌舞伎町ルネッサンス推進協議会において 竹花委員:当時東京都副知事 現警察庁生安局長 発言より)

 

歌舞伎町ルネッサンスはまだまだ始まったばかりである。

関連記事

11月16日午後5時半、森下系無料案内所の路上看板を強制撤去。(歌舞伎町元かに道楽の場所)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

11月30日追記:

森下グループの摘発および経営者の森下景一氏逮捕の続報として、この逮捕は風営法違反ということで保安課によるものだったが、他の風営法違反容疑とともに、今後さらに組対による捜査へと範囲を拡げる様子、つまり暴力・恐喝・詐欺や広域指定暴力団との関係なども含めて容疑がかかる可能性がでてくるということのようだ。一部匿名掲示板などでささやかれている森下グループの中核である森下実業についてワンクリックだの強引な集金手法などが噂となって飛び交っているが、実態解明がまたれるところだ。

また、上高地ビルのレンタルルームが摘発されたことで、一部サービスルームとしていままで風俗嬢の待機場所につかわれていたグループ内の漫画喫茶が使われているという情報がある。通常の漫画喫茶としての営業もしているのだろうが、しかしこのグループ、なりふり構わないなぁ。。

 

11月19日、警視庁 無料風俗案内所規制条例を都議会に提出へ に警視庁で意見募集の記事を書きましたが、さらに動きがあります。

新宿区議会と新宿区は、無料案内所規制条例に対する意見書を警視庁に提出することにしました。現在区議会期間中ですが、12月上旬にも議長名および新宿区としての意見書ということになります。

内容については、基本的には警視庁の案にそうものがほとんどですが、一部警視庁よりもさらに一歩踏み込んだ意見が盛り込まれることになりそうだという。

性風俗関係に関する案内は規制の通りですが、キャバクラについての案内については規制を強化する、具体的には警視庁案ではキャバクラの案内所は商業地域において病院・図書館・学校等から50m以内を規制の方向ですが、新宿区議会および新宿区としては、制限地域を設ける際の施設として区役所を盛り込む。この場合、区役所から半径200m以内における無料案内所を規制したい旨の意見書と聞いている。つまり歌舞伎町においては、性風俗をのぞくキャバクラまでの案内所においても設置可能なのは一丁目でいうとソープランドのバルボラや日拓のタワーがある一部エリアのみということになる。

もちろん警視庁がどういう判断をするかはわからないが、区、そして住民を代表する区議会自体がいまやはっきりと「無料案内所はノー」を意思表示していこうとしてるのは間違いない。

 

 


nice!(1)  コメント(8)  トラックバック(2) 

nice! 1

コメント 8

新井将敬

空いてしまった土地を誰が買うのか? という問題が残される。先月のように都知事関連のゼネコンがまたさらっと買ってしまうのか? カジノにするのだけは何としてもやめて欲しい。
by 新井将敬 (2005-11-29 05:58) 

おぜ

森下景一ってそんな人だったんだ。
友達がバレンタインコールで働いてるけど。。。
ちょっと心配です。
by おぜ (2007-06-23 20:07) 

bigface

森下実業は、いまピンチなのか、架空請求で必死に電話しまくってますね! こないだ同僚にかかってきてさんざん相手してやりました。 最初っからヤク○丸出しでした。
「しらーん」
「ん?なに?」
「名前?教えなーい」
「いるかもねー よくわかんない」
の一点張りで、最後には「馬鹿じゃないの」って言ってやりました。

警視庁さん、ずいぶん態度悪い交通課ばかり活躍してますが、
取り締まりしてほしいもんですなぁ。
by bigface (2007-09-22 17:20) 

裏の裏

森下グループ性風俗業完全撤退などとは表向きだけ、森下景一から
資金を提供された残党が池袋等でまだまだあくどい経営をやっており
ます。森下系無料案内所→店舗→森下系列ホテルへの斡旋この金
の還流システムは未だ何も変わっていません。
by 裏の裏 (2007-11-12 11:31) 

NO NAME

歌舞伎町地区であっても、東京都公安委員会の無店舗型性風俗特殊営業届出確認書発行済を受けている店舗(ホームページで記載あるところ)なら風営法違反にならないという事でしょうか?
by NO NAME (2007-12-04 22:43) 

裏の裏の裏

ちなみに森下実業は、架空請求は、ワンクリック・ツークリック等は一切おこなっていません。森下実業から電話が来た人、あなたは自分で何で電話がかかってきたか知っているはずです。
ちなみにココの記事も誤記が多いです。
事実と真実は一致しないものですからね。
by 裏の裏の裏 (2007-12-22 13:12) 

ミキ管財

>>裏の裏の裏

森下実業じゃなくてミキ管財が架空請求やってるね
個人情報どっかから仕入れているから、3年前に買い換えたときの携帯電話で架空請求がくるよ

もーそろそろ、潮時じゃないの
by ミキ管財 (2009-03-13 09:40) 

川東康男

自由はあるのか自由が丘
by 川東康男 (2009-06-16 23:21) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2