So-net無料ブログ作成
検索選択

2006年 元旦 歌舞伎町からあけましておめでとうございます。 [その他]

 花園神社をにぎわう初詣参拝客の列。 歌舞伎町二丁目にある鬼王神社は歌舞伎町の奥座敷というだけに人はぱらぱらと。

2006年 元旦、ということで年が明けての初詣に花園神社と歌舞伎町二丁目の鬼王神社にお参り、鬼王神社では宮司の大久保氏や二丁目町会の井上町会長とお会いしたもので、ご挨拶。今年は戌年ということでかペットの犬を連れての参拝が目に付いた。

深夜の3時ごろにもかかわらず、歌舞伎町の街では居酒屋やカラオケ店のキャッチが初詣客に声をかけている。警察の取り締まりもやや緩めなのか露店が目に付いた。コマ劇場前ではクレープ屋が店を出していてそれなりに人が集まっていた。ミラノ座で行われていた「カウントダウン映画でお正月2006年!」のほうは大体6割程度の客入り、まぁこんなものかなと。映画の番組もそうだが、もうすこしゲストに力を入れてほしいなぁと思ったり。

 

歌舞伎町ルネッサンスも本格的に稼動していよいよ2年目を迎えるわけだが、やることはまだまだたくさんあります。今月の27日には第三回歌舞伎町ルネッサンス推進協議会が行われます。第一回・第二回ではどちらかといえば治安対策に重点をおいた議論が多かったのですが、今度の第3回はおそらくより活性化にシフトした地域再生にむけての議論になっていくかと思います。

このBLOGを見ていただいている方々には、今後とも是非率直な意見・コメントをお願いいたします。まちづくりは街のみなさんでやるべきもの、フリーペーパーやBLOGはそういった中でどうまちづくりを進めていけばよいか、議論を生んでいくための題材提供と思っていただけたら幸いです。

今年もよろしくお願いいたします。

てらたにこういち  2006年 元旦

 

 

花園神社の境内にある芸能浅間神社は芸能の神様だとか、右は藤圭子さんの歌碑、「圭子の夢は夜ひらく」。裏新宿さんのサイトで紹介されていたものでよってみました。芸事といえばエンタメ、つまりルネッサンスということで。まぁ、歌舞伎町は二丁目は鬼王神社、一丁目は西新宿にある熊野神社の氏子なんだそうですが、本当は^^。。


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 4

美神 先生(みかみ さきお)

明けましておめでとうございます。
いつも風俗の話で狭い考えを押し付けていてすいません。
今回のコメントも、いつも通りなのですが、
キャッチの件は何とかして欲しい!!!
明らかに昔にいた風俗の客引きより態度が悪く邪魔ですよ。
(特に居酒屋系。混雑している道路の真ん中でメニューを広げてんな!説明も団体客と道路の真ん中でしているし!)
朝方になると違う業種のキャッチ(詳しく書きませんが)方々がいるのはご存知ですか?
見た目だけで風俗を摘発していったようにするなら、考えていくべきだと思うのですが。

歌舞伎町から風俗が少なくなって変わった事はありましたか?
看板が無くなった以外何も変わっていないと思うのは私だけ?

てらたにさんの記事にコメントをするのは、もっと意見が欲しいので。
迷惑をかけてすまないとは思いつつも、見ている人が、様々な業種の方や意見を持った方がいるはずなので。
私の偏った問題提起にも削除しないで残していてくれる、てらたにさんには感謝しております。もっと沢山の方々の意見が出てくる意味のあるサイトで今後もいてください。
by 美神 先生(みかみ さきお) (2006-01-02 02:27) 

YUKI-arch

うまい言葉が思いつかないのですが、わい雑さが好きです。
自然発生的に生まれてくるものを受け止めていきたい、という気持ちといってよいでしょうか。
粋も辛いも、味わってみて、歌舞伎町
の心境でしょうか。
てらたにさんのファンでもありますし、客引きとだって楽しめますよ、きっと。
by YUKI-arch (2006-01-02 08:25) 

歌舞伎の通行人

20年位前かなぁ、歌舞伎町から粋な遊び!っうのが無くなったのは・・・バブルの真っ最中か、そのバブルが終焉に向かっていた頃から歌舞伎には粋は無くなり、金・金・金。性風俗だけではなく異性間の接客業も増殖!客引き(各方面)だって今から比べれば、なんと少なかった事でしょうか・・・各業種?の店舗も現在の何分の一か・・・脱法店舗(風俗適性化法)が多いのには驚かされる。これでいいのか歌舞伎町・・・文化発生の地へ???????
by 歌舞伎の通行人 (2006-01-03 05:54) 

Tera

戦後焼け野原から復興した街並みが昭和40年ごろからビルになり、そのビルが40年たって今限界を迎えようとしています。都市構造が疲弊し、このような現状がすべての繁華街で今大きなハードルになっているのです。それぞれの街が持つ魅力を絶やすことなく、いかに都市再生をすすめていけばいいのか?
歌舞伎町はある意味すべての繁華街に存在する諸問題が凝縮された街だと思います。そして、おそらく戦後日本がはじめて直面する課題だからこそ知恵をしぼらなければならない、また困難であるからこそやりがいもある。
皆さんのアドバイスや、こうしたコメントに支えられながら、微力ながら、今年も自分なりの役割を果たしたいと思っています。
by Tera (2006-01-04 16:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。