So-net無料ブログ作成
検索選択

歌舞伎町が忘れてはならない記憶-44名の尊い命を犠牲にした歌舞伎町ビル火災、あれから8年 [その他]

DSC02754.JPG

歌舞伎町が忘れてはならない記憶-44名の尊い命を犠牲にした歌舞伎町ビル火災、あれから8年

歌舞伎町が、少なくともこれだけは忘れてはいけない記憶がある。2001年9月1日未明の歌舞伎町ビル火災。44名の尊い命を犠牲にしたあの明星56ビル、あの日から8年が経った。

◆2001年9月1日未明の歌舞伎町ビル火災◆

20010901歌舞伎町ビル火災現場.jpg

2001年9月1日に東京都新宿区歌舞伎町の雑居ビル「明星(みょうじょう)56ビル」で起きた火災。44名が死亡し、日本で戦後5番目の大惨事となった。多くの死傷者を出した原因は、ビル内の避難通路の確保が不十分であったためとされる。出火原因は放火と見られているが未確定。

◇新宿区歌舞伎町ビル火災の概要(消防資料による)

1 発生日時等
  発  生:平成13年9月1日(土) 調査中
  覚  知:     〃       01時01分(119番による)
  延焼防止:    〃       02時14分
  鎮  圧:     〃       05時36分
  鎮  火:     〃       06時44分

2 出火場所
  東京都新宿区歌舞伎町1丁目18-4 明星(ミョウジョウ)56ビル
  耐火4階建 地下2階地上4階 複合用途

建築面積 83.07平方メートル 延床面積 497.65平方メートル(建物所有者 (有)久留米興産)
着工    S59年10月 1日 使用検査 S60年11月22日

B2  76.78平方メートル 機械室、ニュークラブレイン
B1  74.60平方メートル カジノパラダイスクイン
1階 82.43平方メートル 風俗店無料案内センター
2階   〃           ナースイメクラ(セクハラクリニック)
3階   〃           ゲーム麻雀一休       
4階   〃           キャバクラ(スーパールーズ)

3 概要
3階麻雀店から出火し、4階飲食店に延焼拡大した。3階80平方メートル、4階80平方メートルで延焼防止。なお、出火時3,4階に多数の逃げ遅れ者がいた。
(特記事項)
屋内階段は1ヵ所かつ狭隘で、3階から4階の階段はロッカーが多数置いてあり、消防隊の活動障害となった。3,4階の階段の防火戸が開放されていたため、火炎の拡散が早かった。 

4 焼損程度
3階部分80平方メートル、4階部分80平方メートル、計160平方メートル焼損

5 死傷者
(1)死 者 44人(男性32人、女性12人)
(2)負傷者 3人(男性3人)

6 消防機関の活動状況
(1)東京消防庁
   救急特別第2出場 救急車 48、火災-第2出場 車両53、計消防車両 101台
    (内訳・救急48、ポンプ・化学25、はしご4、救助6、指揮車6、他12)
   職員 340名 消防団員 21名 計361名
(2)消防庁の対応
 9月1日(土) 
  01時40分 覚知、情報収集開始
  02時00分 第1次応急体制(予防課に災害対策室を設置)
  04時30分 第2次応急体制(消防庁次長を本部長とする災害対策本部を設置)
  05時30分 東京消防庁に予防課職員を派遣
  07時20分 現地に予防課職員を派遣
  09時00分 消防庁長官が現地を確認
  17時15分 第1次応急体制に変更
 9月6日(木)
  16時30分 第1次応急体制解除
7 その他(東京消防庁情報)
  火災原因については調査中

当時建物にいた客と従業員のうち、3階の19名中16名、4階の28名全員の計44名が死亡。3階から脱出した3名が負傷した。ビル3階と4階のセクシーパブ「スーパールーズ」の防火扉が開いていたため、この2フロアに特に煙の回りを速めたこと、また避難をしようとした客と従業員らが屋上に上がろうとしたものの、出入り口を荷物らで塞がれ脱出不能状態だったことなどが被害を大きくした原因とされている。3階ゲーム麻雀店で助かった3名は、事務所の窓から脱出した従業員。また、目撃証言から「4人目」の生存者がいたとされるが、この人物はその後不明。

◇裁判等その後の経緯(民事・刑事訴訟)◇

■民事:2003年2月、ビルのオーナー及びテナントの関係者など6名が消防法違反、業務上過失致死の疑いで逮捕。
明星56ビルは東京消防庁から使用禁止命令が出、さらに犠牲者の遺族がビル所有会社と6被告らを相手取って提訴した損害賠償訴訟の過程で保全処分が出されたため、そのまま残されていた。2006年4月18日、民事裁判について概ね和解が成立したため保全処分が解かれ、その後解体された。ビル管理会社「久留米興産」やビルの実質的オーナーの瀬川重雄被告らとの民事裁判は最終的に2007年3月2日に終決、被告側の支払い総額は約8億6800万円。

■刑事:業務上過失致死傷罪に問われたビル所有会社の実質的オーナー、瀬川重雄(66)ら6被告の判決公判が行われたのは今年2008年7月2日、東京地裁で開かれた。業務上過致死傷罪に問われていたのは、瀬川、永井両被告のほか、ビル所有会社社長、山田一夫(56)、3階マージャン店の元実質的経営者、伊沢義司(48)▽元同店店長、松元輝二41)、4階飲食店元経営者、後藤雅之(34)各被告。6被告はいずれも無罪を主張してきたが、一方検察側の主張は「被告らは防火扉の管理や避難経路の確保などを怠り、被害を拡大させた」と主張。瀬川被告に禁固3年、執行猶予5年(求刑禁固4年)、5被告を執行猶予付きの有罪とした。3階マージャン店関係者永井伸二被告(44)は無罪。

2001年9月1日の歌舞伎町ビル火災を契機に、その教訓を生かすべく、その後消防法・火災予防条例等が改正された。2002年10月25日の消防法改正ではビルのオーナーなどの管理権限者は、より重大な法的責任を負うこととなり、防火管理意識を高めるきっかけになった。また、自動火災報知設備の設置義務対象が従来より小規模なビルにまで拡大され、機器の設置基準も強化された。とくに違反是正の徹底として、それまで消防の立ち入り検査にあった時間制限が撤廃され、また措置命令発動時の手続きの簡略化、検査員の権限強化、あるいは違反時の公表、建物の使用停止命令、刑事告発などの積極発動により違反是正を徹底。罰則等も強化され、従来の「懲役1年以下・罰金50万円以下」から「懲役3年以下・罰金300万円以下」に、法人の罰則も、従来の「罰金50万円以下」から「罰金1億円以下」に引き上げられている。

毎年8月31日深夜、44名の犠牲者を出した劇場通り一番街の明星56ビル跡に何人かの人が集まってくる。手に手に花束を持ち、その女性たちは2001年9月1日深夜1時の歌舞伎町ビル火災の遺族の方たち。「どうも、お久しぶりです。お元気ですか?」毎年そんな挨拶から始まっては、会釈をしては皆さんと話をする。そんなことがここ数年の自分のお決まりのスケジュール。明星56ビルは2007年民事訴訟終結後に当時の所有者、久留米興産からニュージーランド・オークランドに会社籍を置くレオナルズ・プロパティーズ・リミテッドに移っており、登記上は現在も変わっていない。コンクリート更地になった後、最近になって砂利に敷き直したこともあって、そろそろ建物でも建てるのではないかという憶測を呼び、遺族の方々も「今年は慰霊の献花はできなくなるんじゃないかしら。」と心配されておられたようだが、その上今夜は関東に台風が接近、夕方まで強い雨に見舞われた。だが、20時を過ぎたあたりから雨も止み、この日も簡素ながら亡くなった方々を偲ぶ慰霊の献花をすることができた。

DSC02758.JPG DSC02750.JPG

民事・刑事の各訴訟が終わって以降、この歌舞伎町ビル火災の遺族会は事実上解散、この日集まったのは遺族会ということではなく、あくまで有志の方々4人。中にはこのブログでも度々紹介させていただいた中村さゆりさんのお母さん、中村すい子さんらの姿もあった。

中村さゆり.jpg2001年8月31日から深夜またぎの9月1日午前1時ごろ、ビル3階のゲーム麻雀店「一休」のエレベータ付近から出火。第一通報者はその後の調査により、携帯電話の発信履歴から4階「スーパールーズ」従業員の中村さゆりさん(当時23歳、この火災で死亡)らと思われる。中村さゆりさんの遺族(母、すい子さん)によると、遺体は綺麗でやけどの跡はなかったという。被害者のほぼ全員が一酸化炭素による窒息死。写真は亡くなる10日ほど前に足利の自宅にて撮影したさゆりさん。彼女の携帯電話の履歴から、さゆりさんが第一通報者とみられている。1978年生まれ、生きていれば今年で31歳になっていることになる。

めまぐるしくテナントも、そして働いている人たちもどんどん入れ替わる街。また、働いている人たちの多くは若く、仮にまだ20代ならば2001年当時はせいぜい高校生前後、この悲劇的な事件のことを覚えている人たちは年々少なくなっているだろう。昨年、遺族の方々が「忘れないでください」というビラを配った時も、ほとんどの人たちが知らないことに中村さんたちはひどく悲しかったと胸の内を明かした。「だけど、その後いろいろ考えたのだけど、そうよね・・みんなまだあの頃は中学生や高校生だったんだもんね。知らない人たちが多いのも当然なんですね。」(中村さん)、そう、街に来る人たちも日々入れ替わっていく。記憶は年々薄れていくのは当然のことなんです、そう話した。それでも、この日、遺族の4人以外にも花束を持ってここを訪れる街の人、通りすがりに飲み物を買って供えてくれる人たちの姿も以前ほどではないにせよちらほらとはあった。

記憶は薄れていくもの、遺族の方たちも同じ、「忘れないであの日から時間が止まったまま。今でもカレンダーは9月1日のままです。」そう話をしてくれた遺族の方もいる。それでもいいし、そうじゃなくて、生きていくために時間を進めるように忘れていこうとする人がいてもそれはそれでいいと思う。歌舞伎町という街で働き、あるいはビルを持つ、事業をしている、そういう人たちにしても忘れない人は忘れないし、忘れたいと思う人がいてもそれはそれ。いずれにせよ、その意志にかかわらず時は必ず記憶を薄れさせていくもの、だが、それとは別に、例えばこの火災を機に消防法や火災予防条例が改正されたりビル管理者責任が強化されたことで、痛すぎる犠牲の上に我々の生活の中に“安全”のためのルールという進歩の形が遺された。遺族の方たちは、亡くなった愛する肉親のためにここにやってくるが、自分たちは繁華街が安全で決してこうした悲しい出来事が起きないようにするために、いわばこの記憶を毎年この9月1日、いみじくも“防災の日”の始まりに噛みしめる。

メディアの取材も年々減って、今年は自分ともう一人フリーの方、NHK、そして時事通信の4社だった。だが、彼らとも話したのだが、こういう記憶をこうして時々呼び起こし、亡くなった人たちの命を少しでも意味のあるものに出来たらと、そんな思いでこの記事を書いている。なお、現時点でも火災原因は放火の疑いとなっているが言及はされていない。仮に放火だったとしたら、それでも2016年8月末で時効はやってくる。もし放火犯がいるのならば、時効を待つことなく是非自首をして欲しい。歌舞伎町にとって、あるいは多くの繁華街においても、この明星56ビルの火災、44名の尊い犠牲者の命は、たとえ記憶が薄れていったとしても、薄れていく時間を経ながらもそれが“安全”という形で骨となり身となってこそ“特別”の意味を持つことになる。


2009/09/02追記

9月1日(火)新井雄治消防総監が歌舞伎町を視察、18時からは歌舞伎町地区雑居ビル30棟に消防立入検査を実施

新宿消防署では、2001年9月1日、44人の尊い生命が犠牲となった歌舞伎町ビル火災以降、総力を挙げ歌舞伎町の雑居ビルに対する防火安全対策を強力に推進する一方、東京消防庁においても平成18年6月22日に「東京消防庁新宿歌舞伎町防火安全対策本部」を設置しその対策の充実を図ってきた。昨年4月には、それまでの対策本部機能を更に充実するため新宿消防署予防課に防火安全対策係が設置、専従スタッフを置き、繁華街の防火安全対策の推進を行っている。

DSC02771.JPG2001年9月1日の歌舞伎町ビル火災現場前にて、視察に訪れた新井雄治消防総監(写真右端)、案内は中山弘子新宿区長が行い、歌舞伎町1丁目界隈をまわった。

DSC02780.JPG視察中、ちょうど今日は火曜日ということで毎週2日程度行っている歌舞伎町商店街振興組合と各有志らによるパトロール(迷惑行為排除活動)を行っていた時間と重なったということもあって、予定にはなかったが新井雄治消防総監、中山弘子新宿区長とパトロール中だった片桐基次歌舞伎町商店街振興組合理事長がたまたま出会う場面に。写真は左から中山弘子新宿区長、新井雄治消防総監、野原英司新宿消防署長、そして片桐基次理事長。街自ら自分たちの街を守ろうと活動を続けている片桐氏に総監も消防の歌舞伎町への変わらぬ安全推進を約束した。

なお同日18時からは東京消防庁予防部査察課員、および第四消防方面本部員、新宿消防署員14名による歌舞伎町内の風俗テナント等が新たに入居した防火対象物(30対象)への立入検査も実施。

◆実施対象物数及び違反対象物数※未改修については9月2日是正予定につき確認出向

実施対象物数違反対象物数違反発生率違反指摘件数改修件数命令件数
30棟13棟43%20件16件0件

◆違反指摘内訳

違反項目違反指摘件数改修件数命令件数
避難障害階段16件12件0件
 避難通路(廊下)3件3件0件
物件存置による防火戸閉鎖障害1件1件0件

DSC02783.JPG新宿消防署平本隆司予防担当課長

歌舞伎町もあのビル火災から8年、記憶の風化は避けられないにしても、この9月1日にあわせ、こうした視察や啓発活動的な雑居ビルへの立入検査を実施する活動を毎年続けてきている。これは、大惨事となった火災から得られた多くの教訓を風化させることなく、消防職員はもとより広く都民に対して火災予防のメッセージを発信する、というのが目的。今回の査察では、「避難経路に物が置かれていないか、支障がないか、そういったことを重点に点検した立ち入り検査を行っています。」とのことであったが、上記表にあるように違反発生率は43%と高いものの命令件数は0件。階段などに物を置いてあったりしたケースはまだまだ多いが、多くがその場で改修可能な程度で、以前のように人が通れないようなロッカーが置いてあったり廊下が更衣室になっているようなケースは無く、避難に際して人が通れないようなケースが無かったためと消防の説明だった。。「この魅力的な歌舞伎町と言う街を安全面で消防も全力でサポートしていきたいと考えています。」と平本予防担当課長。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0