So-net無料ブログ作成

2015年6月2日 新宿区定例記者会見(平成27年第2回区議会定例会)より [まちづくり]

6月10日より19日に開催される新宿区議会平成27年第2回定例会に先立ち、6月2日、新宿区定例記者会見(吉住健一区長)が新宿区役所にて行われました。見では、待機児童解消緊急対策、公私立幼稚園の連携による幼児教育の充実、2020年東京オリンピック・パラリンピック開催に向けた機運醸成、8月に開催される新宿クリエイターズ・フェスタ2015について、初夏の大商業まつりや地域飲食応援事業、新宿子育てメッセ、本庁舎免震改修工事についてなども発表があったが、ここでは、とくに歌舞伎町に関係の深いところで、「(仮称)新宿フリーWi-Fiの構築」「客引き行為及びぼったくり防止対策」についての部分をとりあげます。


◎「(仮称)新宿フリーWi-Fiの構築」

新宿区は、新宿観光振興協会・NTTグループと協働で、訪日観光客から要望の強い無料公衆無線LAN環境の調査を実施し、「(仮称)新宿フリーWi-Fi」の構築を進めます。
すでに歌舞伎町では、コンシェルジュ委員会(寺谷公一事務局長)が先駆けとして、NTTグループの訪日外国人向けフリーWi-Fiアプリ"Japan Connected-free Wi-Fi"に参画した形で、「歌舞伎町Free Wi-Fi」網の整備を、コンシェルジュ委員会参加店舗を中心にすすめてきましたが、これを、公共空間にも拡大する形となる「(仮称)新宿フリーWi-Fi」がいよいよ着地に向けて動き始めます。すでに6月1日、新宿区は、新宿観光振興協会及びNTTグループとの間で協働整備に関する合意書を締結、7~8月には新宿クリエイターズフェスタのスキームの中でアクセスポイント整備箇所の調査事業を開始、10月、調査結果に基づき整備方針を固め、28年1月より整備開始というスケジュールで進んでいくことになります。

◎「客引き行為及びぼったくり防止対策」
昨年夏過ぎあたりから、急激に増加し、現在もなかなか有効な対策が打ち切れてない、歌舞伎町の社交飲食店を含む風俗店における高額なぼったくり(料金トラブル)事案に対する、新宿としての対策案について。

基本的には“客引きの根絶が鍵”と捉え、警察、地元商店会等と緊密に連携し、とくにボーナス期であるこの6月中に、客引き対策強化週間をもうけ、歌舞伎町1・2丁目の中で重点的なパトロールの実施等、客引き行為防止パトロールの強化をすすめ、また、外国人観光客を含めて、来街者向けに「客引きに絶対ついていかない!」ように多言語のチラシなどを製作・配布、様々な広報を通じて啓発していくということです。発するぼったくり事案に対し、新宿区としても、「せっかく歌舞伎町周辺が経済的にも立ち直りを見せた中で、いらっしゃったお客さんに不快な思い、嫌な思いをさせることはあってはならないことだと思ってます。」と、強い危機感を感じているということで、警察(警視庁・新宿警察署)、地元商店会と連携しながら、まずはパトロールと啓発、ということです。

非常に悪化している歌舞伎町の風俗店における一連のぼったくり(悪質な料金トラブル)事案について、連日の逮捕の報道を見るように、新宿警察署・警視庁も本腰を入れ、また、区もこういう形で対策を強化していく中で、今は第3段階に入る、といったところでしょうか。
これが第4・第5の段階にはいらざるを得ない状況になると(おそらくなると思いますが)、多分”火の粉”がいろんなところにも降り注ぐことになるかもしれません。そこまでしても、今回は、徹底的にぼったくり(店舗・業者)をつぶす、いかにぼったくりが割に合わない手段かを思い知らせるまで続くことになるかと思います。

最後に、これは新宿区からの発表項目にはありませんでしたが、渋谷区の多様性推進条例(渋谷区男女平等及び多様性を尊重する社会を推進する条例)のような条例・取り組みについての新宿区の考え方について質問がでました。これについて、条例化は吉住区長はまだまだ慎重ですが、区内で、仮に不利益を被るような事例があるのであれば確認し、解消するような取り組みはすすめていくとのことでした。

送信者 Shinjuku,Kabukicho 2015

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0