So-net無料ブログ作成

2016.10.19 『スター・トレック BEYOND』ジャパンプレミアin歌舞伎町シネシティ広場 [イベント]


2016.10.19 『スター・トレック BEYOND』ジャパンプレミアin歌舞伎町シネシティ広場 digest 10'36"

2009年よりスタートした『スター・トレック』リブート劇場版作品として、J・J・エイブラムスが撮ったいわゆる「ケルヴィン・タイムライン」(パラレルワールドでのストーリー)シリーズ第三作が日本上陸。シリーズ誕生50周年を祝し、J・J・エイブラムス(製作)×ジャスティン・リン(監督)×サイモン・ペッグ(脚本、スコット役でも出演)が来日、歌舞伎町シネシティ広場に"スペースドッグ"を模してつくられた特設会場にて『スター・トレック BEYOND』ジャパンプレミアが開催されました。

「ケルヴィン・タイムライン」シリーズの1・2作でメガホンをとったJ・J・エイブラムスは今作品では製作にまわり、『ワイルド・スピード』シリーズ(3~6)のジャスティン・リンが監督を務めた。この二人に加え、今作品で脚本を手掛け、スコット役で出演、「ミッション:インポッシブル」シリーズでもおなじみサイモン・ペッグ、この3名が来日、さらに、スター・トレック50周年アンバサダーとして起用された前田敦子も駆けつけて登壇、フォトセッションはこの4名で行われました。

今作品のワールドプロモーションの締めくくりに日本に訪れた3名、製作を手掛けたJ・Jは、共同脚本家として参加したサイモン・ペッグ、監督のジャスティン・リンをスタッフに迎え入れられてとても幸運だったと二人を讃えていました。「ただ、ちょっと切ない。」なぜなら、「これまで2作、わたしが監督をしたのですが、それ以上に今回がまさに最高の作品になってしまったってことです。」と。

これは新宿区における公共空間活用施策の一環として行われたシネシティ広場での映画イベントです。シネシティ広場は道路交通法上の道路(区道)であり、公共の利益を前提としてこうしたイベントなどの使用許可が下りるスキーム(許可:新宿警察署、所管:歌舞伎町タウン・マネージメント)になっています。現スキームになる前の2009年にもここで「スタートレック」の、J・Jがはじめてメガホンをとった「ケルヴィン・タイムライン」シリーズの1作目のプレミアイベントが開催されたことがあります。
2009年のときは、エンタープライズ号の気球模型がこの広場に出現。J・Jはじめ主要キャスト6名が来日、ド派手な演出が印象的でした。今回のイベントでは、閉館後解体工事中の新宿ミラノ座のビル仮囲いに『スター・トレック BEYOND』の文字をレーザー光で投影したり、カーペットの中央をレーザー光で通路を立体的に浮かび上がらせる演出が特徴的でした。

『スター・トレック BEYOND』 http://www.startrek-movie.jp/
STORY:すべてを賭けた、最後の戦いが今はじまる。未知の星に不時着した宇宙船救出ミッションに出発したエンタープライズ号。このミッションを最後にして、キャプテン・カークは<ある決断>を胸に秘めていた。しかし到着直前、無数の飛行物体によって急襲を受け、エンタープライズ号は撃破。仲間は散り散りになってしまう。果たして何が起こっているのか。その目的とは―?たった一人見知らぬ土地に投げ出されたカークの限界を超えた戦いの幕が開く!
『スター・トレック BEYOND』は10月21日(金)より全国公開!!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0