So-net無料ブログ作成

2017年 元旦 [季節]

昨年より"試験的"にはじめた、ホテルスタッフ和装による振る舞い酒、というおもてなし。2016年元旦のホテルグレイスリー新宿での実施が好評だったということで、今年は、ホテルグレイスリー新宿+新宿ワシントンホテルの二箇所にてこれを実施、という『仕事』で新年を迎えました。(衣装協力:椿山荘 髪結協力:Make up salon backstage.)
決して観光地ではなかった歌舞伎町ですが、ホテルという入口導線が強化されたことで、少なくともインフラ面での『観光地化』というニーズはより強くなっている印象の現在の歌舞伎町です。

昨年末、シネシティ広場に隣接するサウナ・グリーンプラザが閉館、ここを東急が買ったことで、旧・新宿TOKYU MILANOビル用地と合わせた再開発が、おおよそ、4~5年後の完成を目途にはじまります。一方で、西武新宿PePeが40周年を迎えますが、これらに隣接する西武新宿駅前通りを含む東京都市計画道路幹線街路補助線街路第72号線(新目白~新宿駅間)の整備が2年程度の計画でいよいよ動き始めます。まちづくりは"投資誘導"である ― いくつかの影響の大きい変化が形になってくることで、フェーズが変わってきます。そろそろ『安全・安心』というある種のポジショニングにも多少の変化はあっていい気もします。

歌舞伎町コンシェルジュ委員会は、新しい"公式"ガイドブックを春に刊行します。2015年に発行したガイドブックはメディア受けが良かった。2017年のガイドブックについては、今のところ、歌舞伎町"以外"や新宿外のホテルからの関心や引き合いが強く、ここを意識して作っていく予定です。

世界は、例年になく不確定要素の濃い一年のはじまりです。IR推進法が国会を通過したことで、日本は、これまでアンタッチャブルとされてきた"沖仲仕"以来の港湾利権とどう向き合うのか、という大きな課題に直面します。全体としていえば、『安全・安心』や『暴力団排除』という、ここ10数年の粛清期へのある種の引き戻しというか、調整が起きるかもしれません。それは、「現実」と、例えば描く国家像との乖離が国民を不幸にする。ということへの調整でもあると言えます。「不可視」という手法が通用しない時代に、一旦絵空事はやめにして、現実に下りてくる以外に不幸を減らす道は、実はない。が、そんな風は、多彩なひとたちが暮らし、働き、集う、例えば名前を変えて生きても行けるこの街にとって、どんなものになるのかな、と、思いを巡らしつつ。

皆さんにとって、良き一年となりますように。
本年も、よろしくお願いいたします。

2017年 元旦 寺谷公一(てらたにこういち)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0