So-net無料ブログ作成
検索選択

12月22日(木)沖田警視総監が歌舞伎町巡視、警視庁は年末年始の一斉警戒を発令。 [季節]

12月22日(木)、警視庁は都内繁華街を中心に約2万5,000人の警察官を動員した年末年始特別警戒の中、『一斉警戒』を発令、この日、沖田芳樹警視総監も、クリスマスを迎える週末を前に賑わう歌舞伎町を巡視した。
案内役の櫻木康雄新宿警察署長とともに、午後6時すぎに歌舞伎町交番に到着、署員らを激励した後、歌舞伎町1丁目を一番街からセントラルロードなどを見て回った。

歌舞伎町セントラルロード入口付近、安全安心ステーション前にて、歌舞伎町商店街振興組合の自主パトロールを率いる片桐基次理事長を激励。

途中、一番街では新宿防犯協会のボランティアのみなさんと、セントラルロード入口の安全安心ステーション前では歌舞伎町商店街振興組合が行う自主パトロールと顔を合わせ、激励と民間からは感謝を含めたやりとりがあった。

巡視終了後、沖田警視総監からは以下コメントがだされた。
「歌舞伎町地区の情勢でありますが、今月1日に、23区で初めて、『新宿区路上障害物による通行の障害の防止に関する条例』が施行され、路上に置かれた風俗営業などによる違法看板等を新宿区が独自で撤去することが可能になりました。また、地元自治体、振興組合、商店街をはじめとする防犯ボランティア団体等と警視庁が連携して、盛り場総合対策を強力に推進した結果、一定の成果を挙げることができました。
警視庁といたしましては、今後も、歌舞伎町をはじめとする繁華街の環境浄化対策を強力に推進するほか、『東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会』に向け、これらの盛り場を拠点に不法な利益を得ている暴力団の壊滅や不良外国人の取り締まりを徹底するなど、各種犯罪の防圧検挙に努めてまいります。
本年も残り僅かとなりましたが、都民の皆様が平穏のうちに明るい新年を迎えられますよう、引き続き、首都東京の治安確保に全力で尽くしてまいります。」(2016年12月22日 沖田警視総監コメント)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

歌舞伎町の"人たち"にしてみれば、毎年恒例の年末行事です。この日も、極東会系暴力団関係者が歌舞伎町交番前にきて、総監到着を待つ警察官や取材マスコミの前で悪態をつく一幕などあるにはあったが、総じて、こうした光景が来街者に一定の緊張感を与え、年末年始の盛り場における"事故"の未然防止に一役かっていることは理解されているかと思います。
一部、"権力"とみるだけで突っかかりたくなる"輩"の気持ちもわからないではないが、"事故"を抑止し、未然に防ぐことは、警察や行政の"過剰"な盛り場への介入を防ぐことにもつながっている。いろんな意味でグレーの色濃い歓楽街において、実は、街の"良さ"は、そんな風に維持されていたりもする。

総監のコメントにもあるように、『新宿区路上障害物による通行の障害の防止に関する条例』施行により、路上に出された看板類への取締りが強化されてます。
また、個人的には風営法の営業時間延長派としてはあまりやらないでほしいところですが、風俗店の深夜の時間外営業に対する取締りがやや強化されているように見受けられます。
神奈川県伊勢原市で起きた稲川会系組長撲殺遺棄事件に端を発した住吉会系への報復とみられる20日の大久保での銃痕事件、21日は再び大久保で住吉会系暴力団関係者同志のトラブルによる撲殺事件(犯人はすでに自首)と続きました。
この二つの事件、直接的な関係はないとみられてはいますが、両方とも、覚せい剤に関するトラブルとの情報もあり、歌舞伎町的には"近隣"の出来事ですが、ちょっと"不穏"な感もあるだけに、新宿署、とくに組対も生安も忙しそうですが、ひとまず"年末行事"を終え、歌舞伎町は、大きな事故なくクリスマスを、そして正月を、新しい年を迎えてくれたらなと思います。


「Christmas Market in 新宿」はドイツで過ごすクリスマスをテーマに開催、オクトーバーフェストのクリスマス版のような感じ。グリューワイン&ドイツビールほか、ドイツの伝統的なクリスマス料理のシュトレーン、プレッツェル、プラムクーヘン等が食べられる。12月21日より25日(日)まで。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

12月20日、日本コンシェルジュ協会定例会にて「歌舞伎町コンシェルジュ委員会」についてゲストスピーチ [まちづくり]

日本コンシェルジュ協会、というのがあります。

日本全国のホテルコンシェルジュをつないだ組織で、ゲストサービスの向上により、コンシェルジュの社会的認知度を高めることを第一の目的とし、観光業や各地域の振興を積極的に担うコンシェルジュをさらに普及させ、社会に貢献していくことを目指し、2005年4月に発足した組織だそうです。
この日本コンシェルジュ協会の12月定例会というのが12月20日、西新宿のヒルトン東京にて開催され、そこで、ゲストスピーチとして歌舞伎町コンシェルジュ委員会(事務局長:寺谷公一)の取組みについてゲストスピーチをする機会をいただき、しゃべってきました。

歌舞伎町における、地域ホテルコンシェルジュと街の資源とを繋ぎ、ガイドブック《Like!KABUKICHO》と、WEBサイト《ポータルサイトKABUKI町》などを運営する歌舞伎町コンシェルジュ委員会について、話してくださいと、今回当番のヒルトンより片桐基次氏(歌舞伎町商店街振興組合理事長)に依頼があり、理事長とともに、寺谷がちょっと掘り下げた話をしろとのことなので、こうした機会になりました。
当日は、会費もあるようだし、各ホテルから行ってこいといわれて来てる方もいるかもしれないし、興味を持って来たくて来てる方もおられると思いますが、ヒルトンはもとより、インターコンチネンタルやシャングリラ、帝国ホテル、ホテルオークラ、椿山荘、キャピトル東急、東京ステーションホテルとか、あと伊勢丹のストアアテンダントも来られてた。そういう超一流の"コンシェルジュ"約100名を前に、まずは片桐理事長からは、とても人が集まってに賑やかになった歌舞伎町の全体的な話からはじまり、そして、あとは実務をやってる寺谷に、ということでバトンタッチから20分くらい、その後、最後は杉山元茂氏(歌舞伎町商店街振興組合副理事長)からは、自身も一件お店を持つ新宿ゴールデン街のPRをして終了という流れでスピーチさせていただきました。

さて、歌舞伎町におけるコンシェルジュについて。

ここには表と裏、というか、アウトプット(WEBや冊子)できる情報と、もう一つ、裏、というのは、アウトプットはしにくいが、お客のニーズとしてありうる情報。というのは、例えば、いわゆる基礎情報としてのハザードマップ的なものであったり、コンプライアンス的に扱いにくい情報であったり、というのが、一通り揃えるのがまずは事務局としてのベースなのですが、そのうえで、その情報をどう扱うかという、二次的なホテル側の問題を考えましょうという投げかけもしました。

『コンシェルジュ』や『おもてなし』は、ある種の流行り、という部分はあるかもしれません。そのせいで、増加の一途をたどる観光客のニーズも高まり、マスコミ受けもいい、こうしたコンシェルジュ・サービスの充実をうたう"PR"のためのコンシェルジュであれば、ホテル上層部からはコンプライアンス重視へ、リスク回避=無難な情報提供へという現場への圧力が当然かかる。その先で何かトラブルがあったらどうするのかとか、反社の存在等、いろんな心配の結果、白黒グレーが混在する繁華街や歓楽街に位置するどのホテルも、足元の街の"魅力"を、実は活かしきれてないのが現状なのです。
しかし、そんなことはお構いなしに、お客は、情報を求めます。

では。情報はあるとして。

現場(コンシェルジュ)、まっすぐ提供すれば、コンプライアンス、あるいは、会社の方針、ホテルのブランディング上どうなのかという問題にぶつかる。しかし、情報を提供しないとしたら、お客は、客引きに引っかかり、ホテルもいわば加害側の一因をつくっていることになりませんかと。コンシェルジュの現場には、おそらくいろんな葛藤があって、ここは、とても今の日本の観光の実態を象徴しているのではないか。

責任回避のスケープゴート、ではないんですけど、それに近い、つまり、第三者の信頼できる情報を持つ"公式"に扱えるスキームを組めるとしたら、その問題は一気に解決しませんかと。
実は、そのスキームを、無論ホテルと地元企業、商店街振興組合、社交飲食などの公的機関の協賛や理解を得ることは、その街の意志がどこにあるのかという確認であり、地域にある全業態ごとに代表的なお店の少なくとも各一店舗以上の協力は必須ですが、これをよって"第三者組織"という責任の受け皿として作ったのが、歌舞伎町コンシェルジュ委員会という形なのです。

少々の危険やリスクをかいくぐってでも、その土地の深いところをさわりたい観光客の要望はわかります。また、そういうリスクが現に存在するからこそ、歓楽街の情報や、それを持つコンシェルジュの価値は高まる。しかし、現場の人材は優秀でも、リスク回避マインドの強い日本社会だからこそ、その"扱い方"にはちょっと知恵が必要だというお話しをさせてもらいました。

歌舞伎町コンシェルジュ委員会の試みが、だからと言って完璧にうまくまわってるわけではないけれども、反響は、おそらく明日以降、個別のホテルや地域ごとにいろいろ声がかかりそうですが、歌舞伎町のこうした取組み方が、ほかの街でも、ということになれば、日本の"観光"の在り方も、少し変わってくれるかもしれません。
ただ観て、食べて、泊まって、お土産買って終わりの観光の時代は、もうそう長くないはずです。情報は、実はそう難しいことじゃない。それを扱う側の姿勢のほうに課題がある。だからこそ、地域と現場が連携し、責任回避のマインドにバイアスをかけ続ける。観光地じゃなかった歌舞伎町が、意外と、観光客向けにいろいろやってるっていうのが、なかなかいいでしょ^^

でも、お店(コンテンツ)は、もっと自由意志であってほしいし、そうそう敷居を下げて、観光客向けにしなくてもいいと思ってます。先日、ドイツから来たジャーナリストの方とも話したが、歌舞伎町は、観光地化されてないから面白い、興味をひくのだと。みんな、"らしい"歌舞伎町を感じたくて来ている。どこにでもあるような街を見たいと思ってない。
だから、お店は、歌舞伎町らしくでいてほしい。ただ、インフラは、"安全"のためにも、そこそこ観光地化の要請に応えたほうがいい。どこの歓楽街も、ボクはそれくらいでいいと思っています。

さて。

歌舞伎町コンシェルジュ委員会で発行する歌舞伎町公式ガイドブック《Like!KABUKICHO》の2017年版は、来年4月発行にむけ、現在いろいろ準備中です。関係各位、お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

2016年12月10日(土)新宿区"初"の観光案内所が新宿駅東南口(国道20号高架下空間)にオープン~新宿の多彩な魅力を発信するとともに、国内外からの来街者の利便性向上を目指す。 [まちづくり]

新宿区では国土交通省東京国道事務所と連携をし、国道20号新宿跨線橋の架け替え工事に伴い、新たに創出された高架下空間を活用して、各種設備の整備を行ってきた。
この12月10日に新宿駅東南口広場前にオープンした新宿観光案内所は、新宿区で初めての観光案内所であり、観光案内所と車道を挟んで開業したイベント・カフェスペースと合わせ、地域の賑わいを創出する、文化・観光情報発信拠点として整備、新宿の多彩な魅力を発信し、国内外からの来街者をおもてなしする拠点となることを目指す。
01_DSC_0255.JPG
新宿観光案内所開業式典にて、テープカットは左から、西川昌宏氏(国土交通省東京国道事務所長)、大西洋氏(新宿観光振興協会理事長)、吉住健一氏(新宿区長)、下村治生氏(新宿区議会議長)、諏訪博氏(株式会社ルミネ本社営業部取締役)。

運営は新宿区より、官民一体で新宿の観光振興に取り組んでいる一般社団法人新宿観光振興協会に委託。また、同時に、周辺環境向上のため、駐輪場の拡幅と喫煙所の整備と、観光案内所が立地する目の前の新宿駅東南口広場も、国土交通省東京国道事務所により、高架下空間と連携性をもたせたデザインとしてリニューアル、広場には、新宿区の友好都市である長野県伊那市から寄贈された「タカトオコヒガンザクラ(高遠古彼岸桜)」が植樹された。
タカトオコヒガンザクラ(高遠古彼岸桜)はやや小さい濃いピンクの花が咲く高遠固有のサクラだそうで、非常に貴重な品種とのこと。白鳥伊那市長曰く、開花の予想は「桜守の話だと、3月20日ごろじゃないか」。
07_DSC_0241.JPGタカトオコヒガンザクラ植樹除幕式。吉住健一新宿区長と、白鳥孝伊那市長。

02_DSC_0188.JPG吉住健一氏(新宿区長)「この観光案内所を、新宿の懐の深さや高いポテンシャルを発信する拠点にして、新宿を訪れる多くの方々に、区内の各エリアの魅力を提供することで、回遊性を高め、何度も訪れたくなる国際観光都市・新宿を目指してまいります。
国内外から、新宿に来街者の皆様を惹きつける魅力的な案内所となるよう、協会とともに務めてまいりますので、関係者の皆様のご支援・ご協力をお願いいたします。」

05_DSC_0208.JPG大西 洋氏(新宿観光振興協会理事長/株式会社三越伊勢丹ホールディングス代表取締役 社長執行役員):
「ほかのエリアには、ほぼ、こういう観光案内所がございまして、これから、地域間競争といいますか、いい意味での新宿の独自性、それから多様性をお客様に認知していただくといいますか、もっともっと新宿の良さを分かっていただくという上で、どうしても観光案内所というものは必要でありました。
少し時間はかかりましたが、皆さんのご尽力によってこうしてオープンできましたので、これからが重要だと思っております。それは、新宿のは、多くの情報、多くのほかのエリアにはないものがたくさんあります。それを、多くのお客様にご理解いただいて、そこに立ち寄っていただくために、この観光案内所が非常に重要になってくると思います。
私は、僭越ですが、この観光案内所そのものが、目指して来ていただけるだけの、ほかの観光案内所にはないサービスであったりおもてなしができるかどうかというところが、非常に重要だと思っております。そういう意味で、観光振興協会としても、しっかりとしたオペレーションをしてまいりますので、今後ともぜひ、ご支援いただきたいというふうに思います。」

《国道20号高架下空間活用 新宿駅東南口広場再整備》

**新宿観光案内所(Shinjuku Tourist Information)
10_DSC_0271.JPG11_DSC_0280.JPG
新宿区新宿3-37-2 営業時間:10:00~19:00
新宿の多彩な魅力を発信するとともに、国内外からの来街者の利便性を向上させることを目的として、観光案内所を整備(新宿区文化観光産業部文化観光課)。
運営は一般社団法人新宿観光振興協会が担う。多言語での案内、お客様検索用パソコン設置、新宿FreeWiFi等を提供。コインロッカー、外貨両替機、ATM(みずほ銀行)併設。
12_DSC_0275.JPG

**イベント・飲食スペース
公募選定事業者が、飲食提供施設を併設したイベントスペースを整備(新宿区文化観光産業部文化観光課)。イベントの開催等により、賑わい創出を図る。
公募事業者の株式会社ルミネ株式会社よりベンダーに全国で飲食店事業などを展開する株式会社ポトマック(本社:兵庫県神戸市 金指光司社長)が「サナギ新宿」として運営。
16_DSC_0303.JPG
サナギ 新宿(SANAGI SHINJUKU)/新宿区新宿3-35-6
TEL:03-5357-7074
営業時間:11:00~23:30
http://sanagi.tokyo/
「サナギ 新宿」はカフェ&フードホール、インキュベーション(次世代アーティスト・クリエーターのプラットフォーム)機能、イベントスペースと合わせて3つのコンテンツを軸に展開。
カフェ&フードホールは約200席、テーマは"アジア・日本の屋台村"として「サナギ食堂」を展開。ロティサリー&サテ屋台「炎のGai Yaang(ガイヤーン)」、点心&ヌードルバー「点心爛漫」、おでんとロール寿司「こちらトーキョー~TOKYO CALLING~」、酒肴と野菜「緑黄色人種」の計4店舗のフードコート。ランチはセルフキャッシュオンスタイル、ディナーはお酒も提供。
"サナギ"の意味は、"サナギインキュベーション"と称する若い次の世代のクリエイター・DJ・アーティスト支援のフリーフラットフォームを手掛けるということで、いわば、ここから孵化して羽ばたくをイメージして、店舗名としたとか。

**東南口広場
09_DSC_0297.JPG
広場が憩いの場・交流の場となるよう、平成6年の広場整備以来のリニューアル。整備では、ブロック舗装のデザインや色調を高架下空間と一体的なものとして開放感を演出。
また、リニューアルを記念し、新宿区友好都市の長野県伊那市寄贈の「タカトオコヒガンザクラ」を2本植樹。これまでもあった新宿区の木であるケヤキと伊那市の木であるサクラが広場の四季を彩る。

**喫煙スペース
路上喫煙防止や受動喫煙対策により、駅周辺環境の向上を図るために、構造物はJTが負担し提供、新宿駅東南口高架下喫煙所(面積98.70平米)を整備。

**自転車等駐輪場
新宿駅周辺の放置自転車削減と周辺環境の向上を図るため、駐輪場を拡充整備(新宿区みどり土木交通対策課)。
新宿駅東南口自転車駐輪場 自転車:約600台 バイク:約90台

08_DSC_0260.JPG来賓の中に2004年から2015年まで3期12年を務めた前新宿区長の中山弘子氏。

2020年東京五輪開催を一つの特異点として勢いを増す観光客誘致と"おもてなし"の名のもとに、さまざまな整備事業が行われています。国道20号新宿跨線橋の架け替え工事は、歩行空間の確保と老朽化対策で平成11年着工し平成24年完成、それに続く形でバスタ新宿の整備は今年4月に完成しました。
かねてより、前区長の中山弘子氏の時から、新宿に観光案内所をという構想はあったのだが、なかなかコストに見合う用地が見つからなかった。だが、国道20号新宿跨線橋架け替え工事によって生まれた高架下という空間に着目し、国交省と新宿区、さらに投資企業や運営事業者らの調整をすすめ、ようやくこうして新宿観光案内所が開所するに至ったわけです。
12月10日の開所セレモニーのあと、早速外国人観光客の集団が案内所を利用する姿が見られました。場所が新宿駅東南口なだけに、世界一の乗降客数を誇る新宿駅としては、もう少し東口よりにも、もう一つあってもいい気はします。吉住区長も、そういう意欲はあるようでした。
平成24年9月に着工したJR新宿駅構内の東西自由通路工事は東京五輪の開催される2020年(平成32年)までに完成を目指しているようですが、今度はJRと新宿区が協定して、駅構内に2つめの観光案内所を作れればいいのでは、と思います。
と、区関係者に聞いたら、すでに構想はあるようですね。着地はまだ難しそうですが。

歌舞伎町コンシェルジュ委員会(事務局長:寺谷公一)が来年4月に発行する歌舞伎町公式ガイドブック(vol.2)も観光案内所に置く予定です。「ほかの観光案内所にはないサービスであったりおもてなしができるかどうかというところが、非常に重要」(大西洋新宿観光振興協会理事長)ということなので、我々もいろいろ提供できる情報を提供し、連携できるところはしていこうかと思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域