So-net無料ブログ作成
検索選択

平成29年1月23日(月)第11回歌舞伎町ルネッサンス推進協議会開催 於:新宿区役所5階「大会議室」 [まちづくり]

DSC_2796_460.jpg
平成29年1月23日(月)、新宿区役所大会議室において第11回歌舞伎町ルネッサンス推進協議会(会長:吉住健一新宿区長)が開催されました。平成18年、中山弘子前新宿区長の時に発足、官民共同による歌舞伎町地区の安全・安心と環境美化、および中心街区再開発やインフラ整備を含む地域のまちづくりを推進する組織として立ち上がって以来、今回が11回目の開催となりました。

[歌舞伎町ルネッサンス推進協議会構成員]
会長/新宿区長 吉住 健一

建築家・東京大学 名誉教授/安藤 忠雄
早稲田大学 特命教授/伊藤 滋
早稲田大学 名誉教授/戸沼 幸市
株式会社創造開発研究所 代表/髙橋 誠
公益財団法人東京都公園協会 理事長/佐野 克彦
作家/堺屋 太一
東洋大学 教授/根本 祐二
歌舞伎町商店街振興組合 理事長/片桐 基次
歌舞伎町二丁目町会長/荒木 孝子
株式会社東急レクリエーション 代表取締役社長/菅野 信三
東宝株式会社 取締役 不動産経営担当/山下 誠
株式会社ヒューマックス 代表取締役社長/林 祥隆
東亜興行株式会社 代表取締役/大谷 昌義
アパグループ 代表/元谷 外志雄
株式会社ハイジア 取締役社長/吉原 一彦
新宿サブナード株式会社 取締役社長/松田 一郎
吉本興業株式会社 代表取締役社長/大﨑 洋
株式会社日本政策投資銀行 常務執行役員/地下 誠二
東京都青少年・治安対策本部長/廣田 耕一
新宿警察署長/櫻木 康雄
新宿消防署長/湯浅 達也
東京入国管理局 新宿出張所長/畦地 伸一

オブザーバー/警察庁(生活安全局生活安全企画課)、法務省(入国管理局総務課)、国土交通省(都市局都市計画課)、経済産業省(中小企業庁経営支援部)、内閣官房(地方創生推進事務局)、総務省(自治行政局地域政策課)、消防庁(総務省消防庁総務課)、警視庁(生活安全部)、東京消防庁(予防部査察課)、東京都都市整備局(都市づくり政策部)、東日本旅客鉄道株式会社(総合企画本部)、西武鉄道株式会社(計画管理部鉄道計画課)

事務局/新宿区、新宿区地域振興部(事務局長)、東京オリンピック・パラリンピック開催等担当課(事務局次長)


第11回歌舞伎町ルネッサンス推進協議会
平成29年1月23日(月)午後2時から 於:新宿区役所5階「大会議室」01h28′51″

1 会長 あいさつ 00′00″~
2 報告事項
[1]歌舞伎町一丁目平和会地区まちづくり指針について 02′15″~
[2]新宿東宝ビル側 道路 の整備 について 08′00″~
[3]シネティ広場を活用したオープンカフェ等の社会実験の結果について 11′17″~
[4]歌舞伎町ルネッサンスの主な取り組みについて(区) 18′52″~
   歌舞伎町地区対策の取組み状況について(新宿警察署)22′39″~
   新宿消防署における歌舞伎町地域への取組み状況(新宿消防署)33′16″~

・歌舞伎町商店街振興組合 理事長/片桐 基次 48′50″~
・株式会社東急レクリエーション 代表取締役社長/菅野 信三 48′37″~
・早稲田大学 名誉教授/戸沼 幸市(有識者委員) 57′35″~
・株式会社創造開発研究所 代表/髙橋 誠(有識者委員) 01h02′35″~
・東洋大学 教授/根本 祐二(有識者委員) 01h10′13″~
・作家/堺屋 太一(有識者委員) 1h14′27″~
[5]観光バスの駐車対策について 1h25′40″~

資料PDF:
第11回歌舞伎町ルネッサンス推進協議会資料1-3(名簿・会則・決算・予算)
第11回歌舞伎町ルネッサンス推進協議会資料4_歌舞伎町一丁目平和会地区まちづくり指針
第11回歌舞伎町ルネッサンス推進協議会資料5_新宿東宝ビル東側道路の整備について
第11回歌舞伎町ルネッサンス推進協議会資料6_シネシティ広場を活用したオープンカフェ等の社会実験の結果について
第11回歌舞伎町ルネッサンス推進協議会資料7歌舞伎町ルネッサンスの取組み(区・警察・消防)
第11回歌舞伎町ルネッサンス推進協議会資料8観光バスの駐車対策について

2017年より新宿東宝ビル東側街区(平和会地区)の整備事業がはじまります。現在、その誘導指針と道路整備の方向性が示されています。議事にはありませんでしたが、これに続いて、2018年には一番街の道路整備、そのあとに西武駅前通りの整備事業へと続きます。
民間の事業としては、旧新宿TOKYU MILANOビル跡地および旧グリーンプラザを購入した株式会社東急レクリエーションと株式会社東急電鉄による再開発は、現在計画策定中ですが、旧新宿TOKYU MILANOビルの解体終了後、2017年いっぱいで旧グリーンプラザを解体、一時、低層建築を建てての暫定利用期間(1~2年?)を経て、竣工は2020年よりやや後の完成となるようです。
DSC_2805_300.jpg株式会社東急レクリエーション 代表取締役社長/菅野 信三氏
東急レクリエーションの菅野社長からは「グローバルポップカルチャーの殿堂にしよう、平たく言うと、クラブやライブ、映像、音楽といったあらゆるエンターティンメントコンテンツを擁する殿堂に仕上げようと考えている」とのこと。あわせて、「周辺事業者に協力してもらって、(シネシティ広場で)立体的なイベントができるような特徴ある開発につなげていければ」との発言がありました。ちょっとわかりにくいというか、菅野さんも多少言葉に遠慮した気配もなくはないが、要は、シネシティ広場が高い建物に囲まれているわりに平面的でインパクトがない、シンボリックでないと。ここを立体的、つまり、新宿TOKYU MILANOビルの再開発と連続した多層構造的な再整備をもう一度、できないか?という提案です。4年後、あるいは5年後くらいに、という時間軸の話。

最後に、歌舞伎町2丁目のロッテ第一駐車場(バッティングセンター前)が大型観光バス駐車場として整備される旨の報告がありました。観光バスの歌舞伎町周辺行動上での乗降待機のための駐車が問題になっており、とくに「住民」からの要請が強く、その対策として、期間は5年の暫定活用として実施されることになりました。駐車場を用意した以上、バスの路上駐車に対する取締りは一段と強化されることになります。一方で、暫定、というのは、西武駅前通りや新宿TOKYU MILANOビル跡地再開発における地域からのリムジンバス停留所設置要望などとの兼ね合いで変化が起こりうるからではないかと。

そろそろ、歌舞伎町は[オリンピック後]を見据えての、街の動きになってきています。議事や中身以上に、折角今あるこの協議会のもつ「形」を、諸々更新期にある歌舞伎町としてぜひ上手に利用してほしいと思います。


2017年1月19日(木)映画『ドクター・ストレンジ』スペシャルイベント in 歌舞伎町 [イベント]

2017年、歌舞伎町の公共空間活用施策、シネシティ広場における最初の映画イベントはディズニー配給の『ドクター・ストレンジ』からスタート。

1月19日(木)18時よりシネシティ広場では、ドクター・ストレンジの魔法陣に形作られた特設会場に約300人のファンらが詰めかける中、『ドクター・ストレンジ』のプレミアイベントが開催されました。残念ながらドクター・ストレンジを演ずる、今最も旬な俳優ベネディクト・カンバーバッチらは来日しませんでしたが、ゲストには、その"カンバーバッチ声優"こと吹替え版ドクター・ストレンジ役の三上哲さんをはじめ、樋口可南子さん(至高の魔術師エンシェント・ワン役)、松下奈緒さん(ストレンジが唯一心を許す元恋人の女医クリスティーン役)が登壇しました。
ドクター・ストレンジの魔術で日本中の時間が止まる「日本停止!ドクター・ストレンジ・チャレンジ!」では、会場のセンターにゲストが集結、同時開催されていた日本中の会場(札幌・仙台・名古屋・大阪・福岡)と結んで、一斉に30秒、動きを止めて、その映像が中継で流れるといった演出も行われました。松下さんはまばたきまで止める"本気"モードで、終了後「涙がボロボロ」というハプニングも。
ドクター・ストレンジは、マーベルコミックスが刊行しているアメコミのヒーローということもあって、会場にはアベンジャーズのコスプレイヤーたちが来場して盛り上げてくれました。また、これまで数々の映画イベントを行ってきた歌舞伎町ですが、今作品は、歌舞伎町シネシティ広場初のディズニー映画プレミアイベントの実現となりました。

01_ドクターストレンジ_460.jpg
映画『ドクター・ストレンジ』
― その男、上から目線の天才外科医。すべてを失い、彼は目覚める。

[STORY]上から目線の天才外科医ドクター・ストレンジ。突然の交通事故で神の手を失った彼を甦らせたのは――魔術。厳しい修行により人智を超えた力を手に入れ魔術師となった彼は、"闇の魔術"の存在を知り、世界を滅亡から救う戦いに巻き込まれていく。だが、たとえ敵であっても、医者である彼に命を奪うことができるのか?大いなる葛藤を抱えたまま、いまドクター・ストレンジの戦いが始まる!

原題:Doctor Strange
監督:スコット・デリクソン
出演:ベネディクト・カンバーバッチ/ティルダ・スウィントン/レイチェル・マクアダムス/キウェテル・イジョフォー/マッツ・ミケルセン
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン (C)2017Marvel
2017年1月27日(金)より公開


2017年 元旦 [季節]

昨年より"試験的"にはじめた、ホテルスタッフ和装による振る舞い酒、というおもてなし。2016年元旦のホテルグレイスリー新宿での実施が好評だったということで、今年は、ホテルグレイスリー新宿+新宿ワシントンホテルの二箇所にてこれを実施、という『仕事』で新年を迎えました。(衣装協力:椿山荘 髪結協力:Make up salon backstage.)
決して観光地ではなかった歌舞伎町ですが、ホテルという入口導線が強化されたことで、少なくともインフラ面での『観光地化』というニーズはより強くなっている印象の現在の歌舞伎町です。

昨年末、シネシティ広場に隣接するサウナ・グリーンプラザが閉館、ここを東急が買ったことで、旧・新宿TOKYU MILANOビル用地と合わせた再開発が、おおよそ、4~5年後の完成を目途にはじまります。一方で、西武新宿PePeが40周年を迎えますが、これらに隣接する西武新宿駅前通りを含む東京都市計画道路幹線街路補助線街路第72号線(新目白~新宿駅間)の整備が2年程度の計画でいよいよ動き始めます。まちづくりは"投資誘導"である ― いくつかの影響の大きい変化が形になってくることで、フェーズが変わってきます。そろそろ『安全・安心』というある種のポジショニングにも多少の変化はあっていい気もします。

歌舞伎町コンシェルジュ委員会は、新しい"公式"ガイドブックを春に刊行します。2015年に発行したガイドブックはメディア受けが良かった。2017年のガイドブックについては、今のところ、歌舞伎町"以外"や新宿外のホテルからの関心や引き合いが強く、ここを意識して作っていく予定です。

世界は、例年になく不確定要素の濃い一年のはじまりです。IR推進法が国会を通過したことで、日本は、これまでアンタッチャブルとされてきた"沖仲仕"以来の港湾利権とどう向き合うのか、という大きな課題に直面します。全体としていえば、『安全・安心』や『暴力団排除』という、ここ10数年の粛清期へのある種の引き戻しというか、調整が起きるかもしれません。それは、「現実」と、例えば描く国家像との乖離が国民を不幸にする。ということへの調整でもあると言えます。「不可視」という手法が通用しない時代に、一旦絵空事はやめにして、現実に下りてくる以外に不幸を減らす道は、実はない。が、そんな風は、多彩なひとたちが暮らし、働き、集う、例えば名前を変えて生きても行けるこの街にとって、どんなものになるのかな、と、思いを巡らしつつ。

皆さんにとって、良き一年となりますように。
本年も、よろしくお願いいたします。

2017年 元旦 寺谷公一(てらたにこういち)