So-net無料ブログ作成

新宿ゴールデン街 納涼感謝祭2017開催 8月27日(日)15:00~23:00 [イベント]

恒例の『新宿ゴールデン街 納涼感謝祭』。毎年8月、最後の日曜日に開催されてます。 というわけで、新宿に向かうも荻窪あたりでブルゾン渋滞・・そうか、今日は24時間テレビかと青梅街道を走るブルゾンを横目に歌舞伎町へ。

◎懐かしの街で、過ぎゆく夏の宴・・・
◎チャージ無し!一杯500円
◎スタンプラリーではしご酒
◎軒先屋台村で名物料理
◎何かが起こる店内イベント
ちなみに昨年、駐車場でやってた「新宿ゴールデン街屋根裏映画祭」は会場をゴールデン街劇場に移しての開催となってました。こちらは今年で第二回。役者さんやそっち方面関係者の多い街だけに、けっこう盛り上がってましたね。まだまだ伸びしろのありそうな企画です。
店の数は、今のゴールデン街、270くらいかな、うち今日の納涼祭には182店舗が参加ということで過去最高だそうです。夜は23時まで、明るいうちはいつもより人が少なく感じたのですが、暗くなってくるともう、完全にキャパオーバー・・1階のお店はどこも満杯、座るところがない~一息つきたいけどつけない・・と、昨今、すっかり観光地な感じのこのゴールデン街、外国人観光客がたくさんきてくれる反面、日本人客少し減ってませんか?なんて声もありますが、とにかく今夜はすごい人でした。


主催:新宿ゴールデン街商業組合(2017年度納涼感謝祭実行委員会)
協賛:新宿三光商店街振興組合/サントリー酒類(株)サッポロビール(株)キリンビール(株)アサヒビール(株)
後援:新宿歌舞伎町タウンマネージメント


三光商店街振興組合が主催する春の桜まつり、新宿ゴールデン街商業組合主催でやってる納涼祭、そして秋にはJG主導で秋祭りなるものが昨年からはじまりました。 そんな中、賑わうゴールデン街もぼちぼち世代交代期な感があります。あと数年はこんな感じで行くのでしょうが、その先、担い手が一気に若返るあたりで、しかし実は、彼らの半数以上はまた貸しか定借であることを思うと、さて・・・どうなって行くのかなあ、とか、ちょっと思うとこがあったりもします。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

2017/8/8 『ワンダーウーマン』ジャパンプレミア@歌舞伎町ゴジラ・ロード [イベント]

つい先日、女性や少女に力を与えるための国連名誉大使に任命されると思いきや二ヶ月足らずで解任となって話題になった「ワンダーウーマン」。アメリカDCコミックで人気のスーパーヒーローキャラですが、それを演じたのがあのワイルドスピード(4,5,6)で魅了した元ミス・イスラエル('04)のガル・ガドット。残念ながら彼女は来日しませんでしたが、監督のパティ・ジェンキンスとプロデューサーのチャールズ・ローブンが来日、歌舞伎町ゴジラ・ロードにてJAPANプレミアイベントが開催されました。作品のアンバサダーを務める乃木坂46も駆けつけ、イベントを盛り上げました。

ワンダーウーマン
(C) 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNEENTERTAINMENT LLC
英題:WONDER WOMAN
製作年:2017年
製作国:アメリカ
日本公開:2017年8月25日
上映時間:2時間21分
配給:ワーナー・ブラザース映画
http://wwws.warnerbros.co.jp/wonderwoman/#/boards/wonderwoman
『ワンダーウーマン』は8月25日(金)より全国ロードショー 3D/2D/IMAX


台風5号の影響で、昨日(8/7)のスパイダーマン:ホームカミングレッドカーペットも後半雨にやられ、この日のワンダーウーマンも雨がパラパラ。タレントさんもだが、マスコミも機材が心配な空模様の二連荘でした。
こうした歌舞伎町の映画イベントの頭で恒例となった片桐基次理事長(歌舞伎町商店街振興組合)の挨拶、映画ファンの間でもちらほら有名になってきたみたいです。行政や警察の理解や協力もあってだが、こうして歌舞伎町で、こうもたびたび大規模なレッドカーペットイベントができるようになったことを、片桐理事長は「ここまでは成功だと思うよ。」と言うが、その半分はいいとして、地域経済のシナジーという意味では、どうだろうか、危惧はあります。
少しずつ、イベント隠しの黒幕が低くなってきたような気がしてて、それは良い傾向かと。警察の規制上の理由で、幕がかかり通行人からイベントが見えない(見えにくい)ようになっているのだが、せめて、来街者が見れる状態にはしてってほしいなと思う。というような状態で映画イベントが実施できるようになったら、危惧も、もう少し減ってくるのではないかな。

"観光拠点の街"歌舞伎町は、今やすっかり観光地化してきました。その"利"は勿論ありがたいですが、時々"害"も思い起こしつつ街を見ていきたいなと思います。外国人観光客は増えてます。しかし、来街者から日本人、減ってませんか?というあたり。さて、新宿エイサーまつりから二連荘の映画イベントと続き、少し一息です。ぼちぼち、歌舞伎町は秋の熊野の祭り(熊野神社例大祭は9月17日)モードに移行です。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

2017.8.7 「スパイダーマン:ホームカミング」ジャパンプレミア・レッドカーペットイベント@歌舞伎町シネシティ広場 [イベント]


《歌舞伎町公式イベントアーカイブ》2017.8.7 「スパイダーマン:ホームカミング」ジャパンプレミア・レッドカーペットイベント@歌舞伎町シネシティ広場より Digest Movie 17m10s
https://youtu.be/phd6aJcWs9Q

マーベル・シネマティックス・ユニバース(MCU)、要するに様々なマーベルキャラクターが同一世界の中でクロスオーバーするシリーズにいよいよスパイダーマンを主役にリブートされた作品が公開されます。
今作品で描かれるスパイダーマンは、つまり、子ども(設定は15歳)で、クラブ活動のノリのヒーロー、MCUにキャストされるヒーローとしてまずはアベンジャーズのアイアンマンが導いていっぱしのヒーローへ覚醒する、という感じでしょうか。
16年公開作品『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』からスパイダーマン、ピーター・パーカーを演じ、本作で主役となったトム・ホランド(21)、本作のメガホンという幸運を手に入れた監督のジョン・ワッツが来日、歌舞伎町シネシティ広場で行われた 「スパイダーマン:ホームカミング」ジャパンプレミア・レッドカーペットイベントに登壇しました。

迷走しながら稀な長寿となった『台風5号』の影響で、雨天予報の中決行。途中、レッドカーペットでのサウンドバイツあたりから雨が激しくなり、土砂降りの雨に濡れるファンにトム・ホランドは"ホトンとにありがとう、僕たちも一緒に濡れます!"と、ステージを下りてさらにサービスを続け、"スーパー"ファンに献身的な姿も見せてくれました。
イベントの演出は日本の祭り風に、スパイダーマンが神輿に乗って登場したり、法被がトムとジョン二人にプレゼント、その法被を来て和太鼓演奏にチャレンジするなど、トムは「プロモーションで世界各国をまわったけど、一番クールでカッコいいプレミアです」と楽しんでいるようでした。

英題:SPIDER-MAN:HOMECOMING
製作年:2017年
製作国:アメリカ
日本公開:2017年8月11日
上映時間:2時間13分
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

(C) Marvel Studios 2017. (C) 2017 CTMG. All Rights Reserved.
『スパイダーマン:ホームカミング』は8月11日(祝・金)より全国公開
http://www.spiderman-movie.jp/

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

2017/7/29 16th Shinjuku Eisa Festival Digest 1h34m13s [イベント]


2017/7/29 16th Shinjuku Eisa Festival Digest 1h34m13s
撮影:弓田一徳 橋坂省吾 鳥谷宏之 編集:寺谷公一


2017年7月29日(土) 第16回新宿エイサーまつり ダイジェスト
ハイサイ新宿!新宿が一番熱い日、新宿エイサーまつり開催!!公式記録のダイジェスト動画を公開します。

・オープニング
・昼の部(新宿通り会場)
・夜の部 ※雨天のため一部プログラムの変更あり


Eisa is a Bon dance originated from Okinawa.
July 15th is the “Kyu Bon” (old Bon) according to the old calendar (it will fallon 21st of August in 2015), and on that night when we see off our ancestors’spirits (the day is called “Ukui” in Okinawa), young men and women go around the community dancing, wishing for health, safety, and prosperity of each house, and pray for repose of the spirits.
This dance performed on the night of 15th, the day of “Ukui” (to send off), is called Eisa. Spirits of ancestors that come down to earth on the 13th, or the day of “Unke” (to welcome) usually resist on returning, so people beat their drums to scare them and send them back to their world.This is how Eisa was established.

7月29日(土)12:00~20:00
■場所
新宿駅東口/西口一帯

■出演
エイサーかりゆし会、エイサーシンカゆい、エイサーチーム 心~くくる~、桜風エイサー琉球風車、上石神井琉球エイサー会、古武道太鼓集団 風之舞、創作エイサー隊 炎舞太鼓、創作太鼓集団 心-SHIN-、園田エイサー・美ら桐朋、美ら星エイサー、天舞エイサー、東京都立町田の丘学園 民族芸能部、東京中野区新風エイサー、なんくるエイサー、舞弦鼓、方南エイサーむるち組、町田遊星、明正小HAPPY☆エイサーズ、用賀小エイサーチーム、横田西多摩エイサー太鼓、琉球國祭り太鼓、琉球創作太鼓 零、琉球舞団 昇龍祭太鼓、和光青年会、うるま市赤野青年会

■主催
新宿エイサーまつり大会委員会(新宿大通商店街振興組合、新宿東口商店街振興組合、歌舞伎町商店街振興組合、新宿駅前商店街振興組合、新宿文化街商店会、歌舞伎町二丁目商興会、西新宿一丁目商店街振興組合、西新宿商興会)




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域