So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

平成三十一年 歌舞伎町商店街振興組合新年会より [季節]

2019年1月9日、京王プラザホテルにおいて、歌舞伎町商店街振興組合の新年会が開催されました。組合員、ならびに関係各行政機関、近隣商店街振興組合の各理事長、また事業者などあわせて約200名近くの方々が集まりました。
主催者/片桐基次理事長挨拶より
「昨年は、歴代の理事長方々、組合員の皆様の強い思いの中で、ようやく去年の6月に歌舞伎町商店街振興組合ビルの竣工を迎えました。9階には歌舞伎町商店街振興組合の事務局を置き、歌舞伎町の安全・安心の"灯台"として見守っていき、楽しい歌舞伎町を作っていきたいと思っております。
多くのお客さまが歌舞伎町においでいただいていますけど、これは2015年に東宝さんが、新宿東宝ビルを建てていただき、それ以来、大勢のお客さまが歌舞伎町に来ていただいております。
東急電鉄さん、東急レクリエーションさんが、2022年に、高層ビルの、これは劇場などのエンターティンメントやホテルが入居するのですが、今年から建設がはじまっていくと思います。それに伴って西武駅前通りも大改修をして、歩きやすい歌舞伎町として期待できるところであります。
今年も歌舞伎町は、正月から大勢のお客様が来ていただいておりまして、大変うれしいことではありますが、我々商店街、組合員、また理事の方においては、このにぎやかさを、このまま、その通りだということではなく、もっともっと多くの方が来ていただくためにはどうすればいいのかということを、いろいろな形で実行していきたいと思っております。
一つには、歌舞伎町コンシェルジュ委員会のますますの発展、歌舞伎町水曜会(奥様方の会)、それから若手の若女将会というのを立ち上げまして、皆さん女性の力で、お客様を、安心して歩いていただく、来ていただくという街を作っていただきたいと思っております。
2020年には、JR東口駅前が、今は道路で分断されていますけど、これが歩行者のための広場となり、歌舞伎町にそのままストレートに来ていただけるような広場につくっていただけるということで、これも本当に楽しみです。
今年、来年、再来年、また、そのあとも、歌舞伎町のみならず新宿駅周辺全体が、大勢のお客様が来ていただいて、ますますにぎやかな街になるということは、我々にとって、本当にうれしいことで、歌舞伎町もその一翼を担っていきたいと思います。」

来賓代表/吉住健一新宿区長挨拶より
「先だって12月に(東急ミラノ座周辺の再開発が)国家戦略特区の指定を受けられまして、歌舞伎町はさらに浮上するきっかけになったかと思います。
新宿って人が住めるのかとか、いろいろ言われるわけです。ただ、私は、もともと大久保小学校の卒業生ですし、大久保の出身で、私にとっては、これが当たり前なんです。この街が。だけど、当たり前なんですが、同時に、この街が、周りから見てどう思われているかという、新宿に住んでいるとなかなか気づきにくくなっていると思うのですが、そうはいっても、ここで普通に暮らしている分には、別に命とられるわけでもありませんし、また、この街の周りに住んでいる人が、この街がにぎわっていなければ収益をあげることができない、ここの街で働いていて新宿で暮らしている人っていっぱいいるんです。そういう意味では、この街が、いい意味で注目を受け、この街が発展することによって、新宿の街、住んでいる人も含めて豊かな暮らしを送れるんじゃないか、そんな風に思っております。
いろんな関係する行政機関の皆様にもお願いをさせていただきますし、私どももできることは精一杯、一緒に、歌舞伎町ルネッサンスを実現するために頑張らせていただいているつもりではありますが、まだまだ足りないことも多々あろうかと思います。そうしたところはご指導いただきながら、皆様と一緒に頑張らせていただいて、歌舞伎町が東洋一、楽しく、そして安全で、たまにちょっとドキドキするくらいの、そういう空気を持ちながら発展していけるように、皆様と一緒に頑張らせていただきたいと思っております。」

平成三十一年歌舞伎町商店街振興組合新年会の一コマ。歌舞伎町名物ホストクラブ"シャンパンコール"に吉住新宿区長も一緒にコール。

昨年まで新年会といえば花道通りにあった日本料理店の車屋だったのですが、昨年春に閉店のため、今年より会場を新宿西口の京王プラザホテルの宴会場に変わりました。これまで、新年会は組合員のお店でという長い経緯があったのですが、おそらくあと数年は、ここで行くのかなと思われます。だいたい200名とかそれ以上という形での集まりに使えるお店が組合員関係でなかなかないというのが少し寂しい気はします。
すっかり観光地化してきていて、そういう意味では需要と供給のマッチングがうまくいってないところもありますが、とはいえ、街にはインフラも含めて多くの投資がみられ、今後も続きそうですし、こうしたことが活性化の礎になっていくと思います。
個人的にも、片桐理事長のあいさつにもあった歌舞伎町コンシェルジュ委員会を運営している手前、マッチングや、それにつながるイノベーション、仕掛け等々起こしていかないといけないかなと思います。とくに若い、あるいは次世代のといったほうがいいか、そういった人たちからちゃんと感情移入してもらえるような街にしていくためにはどうしたらよいか、そんなことを心掛けていきたいなとは思っているところです。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。