So-net無料ブログ作成
前の7件 | -

2019.5.27 『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』"ゴジラ放射熱線カーペット" in 歌舞伎町ゴジラロード [映画・演劇・ライブ]


【歌舞伎町公式アーカイブ】2019.5.27 『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』"ゴジラ放射熱線カーペット"ジャパン・スペシャル・スクリーンニング in 歌舞伎町ゴジラロード
登壇者:
渡辺謙【芹沢猪四郎役】(59)
芦田愛菜【日本語吹替/マディソン・ラッセル役】(14)
木村佳乃【日本語吹替/エマ・ラッセル役】(43)
田中圭【日本語吹替/マーク・ラッセル役】(34)
チャン・ツィイー【アイリーン・チェン博士役】(40)
ザック・シールズ【共同脚本・プロデューサー】(37)
マイケル・ドハティ監督(44)
伊藤さとり(映画パーソナリティ)/MC


5月27日(月)、歌舞伎町"ゴジラロード"にて、映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』"ゴジラ放射熱線カーペット"ジャパン・スペシャル・スクリーンニングが行われました。過去最大のゴジラの身長119.8mにあわせ、"ゴジラロード"全体にわたってブルーのカーペットが敷き詰められ、マイケル・ドハティ監督共同脚本とプロデューサーのザック・シールズさん、出演の渡辺謙さん(芹沢猪四郎役)やチャン・ツィイーさん(アイリーン・チェン博士役)、それに日本語吹替版で声優として声をあてた芦田愛菜さん(日本語吹替/マディソン・ラッセル役)、木村佳乃さん(日本語吹替/エマ・ラッセル役)、田中圭さん(日本語吹替/マーク・ラッセル役)が登壇、約1000人のファンらにサービスをしました。
渡辺謙さんは、先月の『名探偵ピカチュウ』ワールドプレミア "稲妻イエローカーペット"でもこの"ゴジラロード"を歩いたばっかりです。その時のイエローカーペットはゴジラロードのほぼ真ん中あたりから東宝ビル前までの約50mだったのですが、今回はブルーのカーペットをゴジラの身長にあわせ119.8mとゴジラロードに目いっぱい敷きつめられたということで、「このゴジラにかける東宝の心意気を感じながら今日歩きました。」と渡辺謙さん。日本語吹替版で声優出演をした芦田愛菜さんも「ここにいらっしゃる皆さんの盛り上がりを感じて、すごい作品に参加させていただいたんだなっていうことを強く感じました。」と語っていました。
前作ハリウッド版ゴジラを担当したギャレス・エドワーズが降板し、今作は「X-MEN:アポカリプス」や「スーパーマン リターンズ」の原案や、今作の脚本も手掛けていたマイケル・ドハティが監督を務めた。そのことで、ゴジラのクリーチャーデザインも諸々変更されている。本作のゴジラのデザインでは背びれを1954年版のものに変更、さらにゴジラの咆哮も1954年オリジナル版の咆哮に近付けているという。ドハティは、ゴジラを、より「神」に近く描こうとしているとか。東宝がレジェンダリー・エンターティンメントと提携した怪獣映画シリーズモンスターバースの1作目が2014年の『GODZILLA ゴジラ』にはじまり、2作目として『キングコング: 髑髏島の巨神』(2017年)、そして3作目として今作『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』となる。2020年には『Godzilla vs. Kong』が公開される予定。


『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』(原題: Godzilla: King of the Monsters)
STAFF/【監督】マイケル・ドハティ【脚本】マイケル・ドハティ、ザック・シールズ
CAST/カイル・チャンドラー、ヴェラ・ファーミガ、ミリー・ボビー・ブラウン、サリー・ホーキンス、渡辺謙、チャン・ツィイー 他
製作/レジェンダリー・ピクチャーズ、ワーナー・ブラザース
日本配給/東宝
[コピーライト]2019 Legendary and Warner Bros.Pictures.All Rights Reserved.
2019年5月31日(金)世界同時公開(欧米、アジア、アフリカなど82の国と地域で配給決定)!

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

歌舞伎町初の本格『歌舞伎』!中村獅童オフシアター歌舞伎「女殺油地獄」5月22日、新宿FACEにて初日を迎える! [イベント]

そもそも「歌舞伎町」が生まれたのが昭和23年4月。戦後のこの地域の復興に奔走していた当時の町会長・鈴木喜兵衛氏と、東京都の石川栄耀都市計画課長の間の会話からこの街の名は生まれました。

鈴木喜兵衛氏は、「今、心あるものは自分の事など考えている場合じゃない、商店街や住宅は、土地使用については再編成すべきである。町会は計画復興をする。私らの町では借地権は私が一番多く持っているが、借地権をたくさん持っているものは、納得のいく方法があれば、進んで開放して土地利用を再編すべき」と呼びかけ、また、「東向きに芸能施設をなし、道義的繁華街を建設する」という構想を訴えました。

鈴木は「東向きに芸能施設をなし、道義的繁華街を建設する」という構想を訴え、東宝の小林一三を説得し、東宝による歌舞伎劇場「菊座」を誘致し、劇場街を中心とした街づくりの核としようと考えていました。石川はそれを聞いて、「それならば歌舞伎町がよいのではないか」と言って、それがそのまま街の名に、町名「歌舞伎町」は誕生しました。しかし、その後のGHQ施策の突然の臨時建築等規制と預金封鎖の金融緊急措置令が発動し、計画は頓挫、歌舞伎劇場建設の計画は中止に追い込まれました。

昭和30年ごろから改めて劇場誘致等が行われその後の興行街を中心とした歌舞伎町の変貌と発展が現在までの街の礎となっていますが、結局、歌舞伎劇場が建てられることはありませんでした。こうして歌舞伎劇場なき「歌舞伎町」という現在の姿になったわけです。


さて、5月22日より新宿Faceにて初日を迎えた中村獅童オフシアター歌舞伎「女殺油地獄」。実に、歌舞伎町誕生以降、歌舞伎町でこれがはじめての松竹"歌舞伎"公演となります。

まさに、先人たちの『道義的繁華街』建設への想いが、こうして70年の月日を経て、今具現化されました・・・とはちょっと大げさですが、しかし、その"芽"にならないかなと期待を込めての、松竹歌舞伎、歌舞伎町初登場です。


歌舞伎町に歌舞伎劇場はできなかった。しかし、意図せずして、その街の名の音が、この地に、まさに"かぶき者"を寄せ集め、今に至ったように思うのです。"歌舞伎"の語源は「傾く」の古語、かぶく、から来ているといわれています。派手な衣装や一風変わった異形を好むもの、常軌を逸脱した行動に走るものたちを「かぶき者」と呼び、そうした「かぶき者」の派手や斬新を取り入れた「かぶき踊り」が「歌舞伎」へとつながった。やがて「歌舞伎」は演劇となり、江戸後期は特に大衆娯楽として人気を博す。我々が持つ"歌舞伎"像は、ほぼこの頃に完成した、時代の人たちの風俗の物語です。大衆のモノだった歌舞伎が、明治以降、政府の干渉もあって様々な変化を余儀なくされ、同時に、政策でもうちょっと"高尚"な『文化』に押し上げられたあたりから、状況はだいぶ変わって、徐々に大衆のもの、ではなくなっていったのではないかと思います。おそらく、歌舞伎界の内部にもそういったことによる恩恵と裏腹に失望や批判もあったのではないかな。


ちょっとお高いところまで行き過ぎた『歌舞伎』を、大衆に取り戻す、なんとなく、そんな中村獅童さんの気概をどこかに感じる気がするオフシアター歌舞伎。そして今回の演目、「女殺油地獄」は近松門左衛門の後期作の世話物、江戸の時代の庶民の日常、市井の話題や風俗を扱った演目の一つです。どうしようもない放蕩息子の挙句の殺しの話です。中村獅童さんという方の声は、もともとなんとなく甘えん坊な感じがありますね。それがうまくはまってて、というのもあってか、放蕩息子の与兵衛に気持ちが持っていかれる。さすがでした。リアルかぶき者の街"歌舞伎町"で初の本格『歌舞伎』公演という背景も相まって、最後の、獅童さんの深い深いお辞儀が沁みました。


とか何とか言って、実は、私、『歌舞伎』を生で見たのはこれが初めてでして。なもので、解釈等、いろいろ間違いがあったらすみません。ちょっとお高くとまった、高尚な『文化』風な歌舞伎を大衆のものに、なんて言いながら、歌舞伎座に歌舞伎を見に行くなら着物を着て帰りは銀座で~なんていうのも楽しそうだななんて思ってました。さすがにオフシアター歌舞伎、今回は着物を着て見に来てる人は見かけませんでしたが、いつの日か、歌舞伎町に歌舞伎を見に行くなら着物を着て、帰りは新宿で~なんていう日が来たらいいななんて思ったりもします。

いつもの四角いプロレスのリングの土台部分が今回の舞台でした。周りを360度観客が囲むので、席の向きによって役者の表情も見える見えないがあったりはしますが、歌舞伎座の舞台にくらべるとはるかに近いし、低いし、案外見やすいかもしれません。


まあしかし、あくまでこれは"序"なのかと。この先が、あるのか。

チケット、まだあるようですよ、29日までです。ぜひ、時間があったらご覧になってもよいかと思います。


////////////////////////////////


〇オフシアター歌舞伎「女殺油地獄」
2019年5月22日(水)~29日(水)


300年前、事件(それ)は起こった
我々は何も変わらない―

2019.5.22-29 新宿FACE
中村獅童、中村壱太郎、上村吉弥、嵐橘三郎、近松門左衛門 作・赤堀雅秋 脚本・演出

天王洲の倉庫、そして歌舞伎町の混沌(カオス)で―
かつてない劇空間
かつてない顔触れによる
新しい傾奇(かぶき)芝居をおおくりします

【オフシアター歌舞伎《女殺油地獄》】
料金:税込 指定席 11,500円 ※全席、パイプ椅子席となります。
会場:歌舞伎町・新宿FACE(新宿区歌舞伎町1-20-1 ヒューマックスパビリオン新宿歌舞伎町7F 新宿FACE)


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

2019年4月25日『名探偵ピカチュウ』ワールドプレミア "稲妻イエローカーペット"in 歌舞伎町 [イベント]


【歌舞伎町公式アーカイブ】2019年4月25日 『名探偵ピカチュウ』ワールドプレミア ”稲妻イエローカーペット” in 歌舞伎町 18m54s


2019年4月25日、歌舞伎町ゴジラ・ロードにおいて映画『名探偵ピカチュウ』ワールドプレミア "稲妻イエローカーペット"イベントが開催されました。ゴジラロードのほぼ中央あたりから新宿東宝ビル前にかけ、レッドカーペットならぬ、ピカチュウカラーの"稲妻イエローカーペット"が約50mにわたり敷き詰められ、来日したライアン・レイノルズ(42、名探偵ピカチュウ役)やジャスティン・スミス(23、ティム役)、キャスリン・ニュートン(22 ルーシー役)、監督のロブ・レターマン(48)らがファンサービスをしながら練り歩きました。
映画の場面となるライムシティについて、ロブ監督曰く「ライムシティは新宿にインスピレーションを受けてデザインした街なので、新宿にみなさんが立ち、こうしてワールドプレミアを開催できたことは、私にとって非常に感慨深いです。」。

日本語版の吹替をした竹内涼真(25、ティム役)と飯豊まりえ(21、ルーシー役)は和装で登壇。飯豊さんは先だってのシティハンターのプレミアでも歌舞伎町に来てましたね。

『デッドプール2』でレイノルズと共演した日系人女優の忽那汐里(くつなしおり、26)が観覧に来ており、最後に飛び入りでレイノルズとカメラマンにポーズをとってました。


『名探偵ピカチュウ』(Pokémon: Detective Pikachu)は、ポケモン映画では初のハリウッド進出作品。ピカチュウの声をライアン・レイノルズが務める他、ジャスティス・スミス、キャスリン・ニュートン、渡辺謙、らが実写のキャラクターを演じている。


監督/脚本 ロブ・レターマン Rob Letterman
1970年10月31日アメリカ・ホノルル生まれ。

監督作:「シャーク・テイル」(2004)「モンスターVSエイリアン」(2009)「ガリバー旅行記」(2010)「グースバンプス」(2015)
キャスト/
ライアン・レイノルズ Ryan Reynolds/行方不明になったティムの父親と、かつてコンビを組んでいた自称"名探偵"ピカチュウ。
ジャスティス・スミス Justice Smith/偶然出会った記憶喪失のピカチュウと、嫌々ながらコンビを組む青年ティム。
キャスリン・ニュートン Kathryn Newton/ライムシティで起こる、不可解な事件を追う新米記者ルーシー。ティムのことがほっとけない。
渡辺謙/かつてティムの父親ハリーと同僚だったライムシティの刑事ヨシダ警部補。残されたティムのことが気がかり。
竹内涼真(日本語吹替/ティム役)
飯豊まりえ(日本語吹替/ルーシー役)

原題 Pokémon: Detective Pikachu
製作年 2019年
製作国 アメリカ
配給 東宝
上映時間 97分
https://meitantei-pikachu.jp/
劇場公開日 2019年5月3日 日本先行公開

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

2019年4月22日《パネルディスカッション》「アムステルダム・ナイトメイヤーと語る新宿ナイトタイムエコノミーの可能性」開催 [まちづくり]


《パネルディスカッション》「アムステルダム・ナイトメイヤーと語る新宿ナイトタイムエコノミーの可能性」開催 4月22日(月)2h12m55s
開催 2019年4月22日(月) 14:00~16:00
場所 AWAKE:歌舞伎町1-2-7 歌舞伎町タイカンフラザ星座館B1F
【司会】柴本新悟 -歌舞伎町商店街振興組合 専務理事- 
【ゲストパネラー】
アムステルダム・ナイトメイヤー(2018-2020)
Shamiro van der Geld シャミロ・ヴァン ディア ジェルド
アムステルダム・ナイトメイヤー財団(Nachtburgemeester Amsterdam)プロジェクトリーダー
Ramon de Lima
手塚マキ  -歌舞伎町商店街振興組合 常務理事-
杉山文野  -グリーンバード歌舞伎町代表-
【通訳】
住吉輝彦(全国通訳案内士新宿ボランティアの会)
主催:歌舞伎町商店街振興組合
********************************
アムステルダム・ナイトメイヤーを新宿に招聘。欧州でのナイトタイム エコノミー活動や街の活性化の実情を当事者が解説。新宿で実現可能なナイトタイムエコノミーの形を探る。
********************************
訪日観光客で賑わう東京。観光・ショッピング・飲食・宿泊・そしてエンタメ...。これらの事柄がうまく噛み合う事で新宿の経済は更に発展する事が期待される。 日本の人口減少が現実のものとなり、この先繁華街は訪日観光客に向けてのサービス開発をますます持って迫られる。
日本に先んじて都市型観光資源の開発が進むヨーロッパでは、どの様な取り込みをしているのか? ?
オランダ・アムステルダムではナイトタイムエコノミーを推進する「ナイトメイヤー」が存在する。ここ日本でも話題に取り上げられる機会が増えているが、私達はナイトタイムエコノミーについてどれだけの理解があるのだろうか?ナイトメイヤーとは一体何者なのか? どの様な権限を持ち、地域の経済振興に対してどの様な活動を行うのか? ?
オランダ・アムステルダムのナイトメイヤーに欧州のナイトタイムエコノミーと都市型観光開発の実情について聞き、ナイトタイムエコノミーを新宿の実情にオプティマイズする、または日本ならではの方法を探るパネルディスカッションを開催。

******************************
ナイトライフエコノミー施策の先進国であるアムステルダム、かつては「飾り窓」や「マリファナ」が観光資源だったオランダでも、これは日本でも同様だが、ナイトライフにそもそも知識や情報のない行政が、民間の力を借りて夜の街づくりに足を踏み入れた先鞭です。アムステルダムでも、行政の担当者が「ナイトメイヤーっていいんじゃない?」という発想からはじまったそうです。
日本でも、渋谷区の夜の観光大使としてのZeebraさんであったり、沖縄ではミュージシャンのISSAさんが"ナイトメイヤー"に就任しているが、いずれもインバウンド施策のアイコン、というものだろう。ベースにあるのはやはり"音楽"、アムステルダムでも、音楽、いわゆるクラブカルチャーを中心としたコミュニティづくりを施策としてすすめている、その渦中にいるのが、アムステルダム・ナイトメイヤーであるシャミロであり、財団理事長のラモンである。選挙で選ばれたシャミロは33歳、プロジェクトのリーダーであるラモンは26歳というのが驚きだ。クラブカルチャーという共通の"言語"を持つ彼らだからこそ、世界中の連携も図れるし、相乗効果もあるのだろう。
さて、歌舞伎町。
なんとかこの街に音楽のカルチャーを再興できないか、ということからはじまったCONNECT歌舞伎町だが、どうだろう。企画はスバラシイと思うし、観客の満足度も高そうだ。にもかかわらず、ビジネスとしての成立度はまだまだ厳しそうだ。昨年、歌舞伎町唯一のオオバコクラブ「WARP SHINJUKU」がやっとオープンしたばかりだ。2022年にはさらに大きなクラブが歌舞伎町にできるが、まだ少し先のことだ。だが、そのCONNECT歌舞伎町2019で、いくつかのライブハウスを連動する中で最大の収容を提供するBLAZEは、最初から最後まで大入りだった。ここに可能性を感じた。
渋谷のナイトメイヤーであるZeebla氏が今回のシンポジウムに訪れていた。彼の発言では、やはり日本は、クラブだけではなく、そのほかの多くの夜の業態全体の活性化を考えねばならない旨を言っていたし、そこがヨーロッパとは違うと。
でも、そこは、実はさほど考えなくてもいい気がする。
クラブ業界は、条件をクリアさえすれば朝まで営業できる(特定遊興施設)風営法の改正を手に入れた。その流れで、ナイトメイヤーはクラブ界隈の人たちという感じなのだろうが、そのクラブ関係者が、その他の業態に気遣いするのはなんとなく忖度なのかなと。クラブ界隈が飛びぬけて賑わうようになるのであれば、夜の街のその他の多くの業態にとって、プラスにこそなれ、マイナスになることはない。むしろ、その街ごとに、どの業態が賑わいを牽引するのかであって、風営法の規制緩和を手に入れた「クラブ」業界だからこそ、その牽引役になれるのではないかなと。
歌舞伎町はかつて、2007~2010年ごろのことだが、本気で「24時間特区」を目指そうとしたことがある。風営法の時間規制をなくすというものだ。だが、その民意としての目標は事実上つぶされてしまった。または諸事情により自滅してしまったともいえる。東日本大地震の際の原発事故で、ロジックを失ったのも大きい。
アムステルダムのナイトメイヤーの最初の施策は、クラブの営業時間規制の撤廃だった。といっても、日本とは違い、そもそも朝の5時まで営業していたところを、24時間営業可能のライセンス資格へと切り替えたことがうまく功を奏したそうだ。
今、歌舞伎町をけん引するのは紛れもなくホスト業界であろう。そこにいる手塚マキ氏。彼が興した歌舞伎町初の書店・歌舞伎町ブックセンターは頓挫してしまったが、かつて「夜の市長」と名をはせた田辺茂一氏も、一介の炭やだった紀伊国屋が戦後、廃業寸前に、書店へと業態を切り替え成功、そして新宿界隈の文化サロンを築いた。これが芝居なら手塚氏は間違いなくその田辺茂一氏役だ。そして、世界中のナイトメイヤーたちと「音楽」で共通言語を持つ柴本新悟氏、歌舞伎町を生んだ鈴木喜兵衛氏のひ孫で、今はレインボーというムーブメントを担っている杉山文野氏。アムステルダムのナイトメイヤーも、実際は4人のチームだそうだ。歌舞伎町には、もうすでに3人のチームができあがってる。歌舞伎町は、まぎれもなく次の展開にもう少しで向かえそうな気がしてるんだが、いかがでしょう。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

新宿花園ゴールデン街 桜まつり2019 4月21日(日)開催 [季節]


参加店舗は全173軒。企画の趣旨としては、ワンドリンク500円、ノーチャージで何件もはしごできるということで、ゴールデン街初心者向けのイベント。ここでお気に入りのお店を見つけて、ママやマスターと知り合って、常連さんの第一歩を踏み出してもらおうと。
無論その趣旨は変わりませんが、観光地化が急激に進んだこの街で、それによってやや離れていった常連さんたちが、今日は久しぶりにゴールデン街行ってみようかなみたいな、企画の趣旨と結果が逆になってきたような気がします。それはそれでいいことで、ということは、ややイベント疲れのあるこの街で、実は以前にもましてこの手のイベントは大事なものになってきたように思うのです。
店に立つ店主も減り、今やアルバイト任せの店も増えました。それも常連さんを去らせている原因ではあるかと思いますが、一方で、人のつながりは多様な広がりにもつながっている。まあ、気になるのはアルバイトたちの処遇とかモチベーションとか、それならまだまた貸しのほうがいいのかもしれないと思うことも。
ナイトタイムエコノミーでこれほど成功している街はそうそうありません。しかしながら、ところどころ、あえて書きませんがとくに四季の路で起きてる決して良くないこととか、キニナルことも多少あります。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

CONNECT歌舞伎町MUSIC FESTIVAL 2019 4月20日(土)開催 [イベント]


歌舞伎町を音楽で盛り上げよう!を合言葉に始まったCONNECT歌舞伎町(オーガナイザー:柴本新悟氏)。歌舞伎町の5つのライブハウスに計61組のアーティストが出演、この日は昼から夜まで1日中ライブが繰り広げられました。
歌舞伎町ライブハウスが選んだベテランからニューカマーまで、いかにも「新宿らしい」と思わされるエッジが効いたラインアップ。また、シネシティ広場では、プロインタビュアー吉田豪氏による「吉田豪の雑談天国」、出演アーティストの中から伊藤雄和(OLEDICKFOGGY)マリアンヌ東雲(キノコホテル)、そして大森靖子をゲストにトークライブを開催しました。こちらは無料開放。

チケットが当日で5,500円(前売り4,800円)。動員数(チケット入場者数)は約1,700人くらいだったようです。BLAZEの並びがすごくて、全回ほぼ満杯、3組目のZAZEN BOYSでは800人が入る会場で入場規制発生。そしてトリの石野卓球。ここのところの騒ぎのせいか、キレッキレのパフォーマンスを披露、撮影まわりの関係でアタマだけしか見れなったのですが、それでも感動モノでした。
観光地化が進み、とはいえ、観光地でもないここ歌舞伎町。地元の人たち、あるいはボクら日本人もタノシいと思えるモノやコトがあってこそ、観光客もタノシめるわけで、やはり"音楽"は一番の共通言語。物理的な条件(ハコの問題)、周辺や行政の理解等々課題はありますが、なんというか、将棋に例えると、飛車角抜きで戦ってきたこれまでから、この日のBLAZEを見てやっと「飛車」を持てたような気がします。次は「角」をいかに手に入れるか、ってことになるのかな。このイベント、もっともっと、大きく育ってくれたらなあと思います。



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

【告知・歌舞伎町発の松竹歌舞伎公演】】オフシアター歌舞伎「女殺油地獄」2019年5月22日(水)~29日(水) [イベント]

松竹オフシアター歌舞伎PR_るねっさんす.jpg
【製作・松竹】オフシアター歌舞伎「女殺油地獄」2019年5月22日(水)~29日(水)
https://www.shochiku.co.jp/engeki/offtheater/?fbclid=IwAR33iTpNE9FmwX8kxkObmWHflReSfJAF5Z41CVP6VhZra9V26ubf2SajLko

300年前、事件(それ)は起こった
我々は何も変わらない―

中村獅童、中村壱太郎、上村吉弥、嵐橘三郎
近松門左衛門 作・赤堀雅秋 脚本・演出
オフシアター歌舞伎《女殺油地獄》
天王洲の倉庫、そして歌舞伎町の混沌(カオス)で―
かつてない劇空間
かつてない顔触れによる
新しい傾奇(かぶき)芝居をおおくりします

料金:税込 指定席 11,500円 ※全席、パイプ椅子席となります。
会場:歌舞伎町・新宿FACE(新宿区歌舞伎町1-20-1 ヒューマックスパビリオン新宿歌舞伎町7F 新宿FACE)


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:地域
前の7件 | -