So-net無料ブログ作成

2019年4月22日《パネルディスカッション》「アムステルダム・ナイトメイヤーと語る新宿ナイトタイムエコノミーの可能性」開催 [まちづくり]


《パネルディスカッション》「アムステルダム・ナイトメイヤーと語る新宿ナイトタイムエコノミーの可能性」開催 4月22日(月)2h12m55s
開催 2019年4月22日(月) 14:00~16:00
場所 AWAKE:歌舞伎町1-2-7 歌舞伎町タイカンフラザ星座館B1F
【司会】柴本新悟 -歌舞伎町商店街振興組合 専務理事- 
【ゲストパネラー】
アムステルダム・ナイトメイヤー(2018-2020)
Shamiro van der Geld シャミロ・ヴァン ディア ジェルド
アムステルダム・ナイトメイヤー財団(Nachtburgemeester Amsterdam)プロジェクトリーダー
Ramon de Lima
手塚マキ  -歌舞伎町商店街振興組合 常務理事-
杉山文野  -グリーンバード歌舞伎町代表-
【通訳】
住吉輝彦(全国通訳案内士新宿ボランティアの会)
主催:歌舞伎町商店街振興組合
********************************
アムステルダム・ナイトメイヤーを新宿に招聘。欧州でのナイトタイム エコノミー活動や街の活性化の実情を当事者が解説。新宿で実現可能なナイトタイムエコノミーの形を探る。
********************************
訪日観光客で賑わう東京。観光・ショッピング・飲食・宿泊・そしてエンタメ...。これらの事柄がうまく噛み合う事で新宿の経済は更に発展する事が期待される。 日本の人口減少が現実のものとなり、この先繁華街は訪日観光客に向けてのサービス開発をますます持って迫られる。
日本に先んじて都市型観光資源の開発が進むヨーロッパでは、どの様な取り込みをしているのか? ?
オランダ・アムステルダムではナイトタイムエコノミーを推進する「ナイトメイヤー」が存在する。ここ日本でも話題に取り上げられる機会が増えているが、私達はナイトタイムエコノミーについてどれだけの理解があるのだろうか?ナイトメイヤーとは一体何者なのか? どの様な権限を持ち、地域の経済振興に対してどの様な活動を行うのか? ?
オランダ・アムステルダムのナイトメイヤーに欧州のナイトタイムエコノミーと都市型観光開発の実情について聞き、ナイトタイムエコノミーを新宿の実情にオプティマイズする、または日本ならではの方法を探るパネルディスカッションを開催。

******************************
ナイトライフエコノミー施策の先進国であるアムステルダム、かつては「飾り窓」や「マリファナ」が観光資源だったオランダでも、これは日本でも同様だが、ナイトライフにそもそも知識や情報のない行政が、民間の力を借りて夜の街づくりに足を踏み入れた先鞭です。アムステルダムでも、行政の担当者が「ナイトメイヤーっていいんじゃない?」という発想からはじまったそうです。
日本でも、渋谷区の夜の観光大使としてのZeebraさんであったり、沖縄ではミュージシャンのISSAさんが"ナイトメイヤー"に就任しているが、いずれもインバウンド施策のアイコン、というものだろう。ベースにあるのはやはり"音楽"、アムステルダムでも、音楽、いわゆるクラブカルチャーを中心としたコミュニティづくりを施策としてすすめている、その渦中にいるのが、アムステルダム・ナイトメイヤーであるシャミロであり、財団理事長のラモンである。選挙で選ばれたシャミロは33歳、プロジェクトのリーダーであるラモンは26歳というのが驚きだ。クラブカルチャーという共通の"言語"を持つ彼らだからこそ、世界中の連携も図れるし、相乗効果もあるのだろう。
さて、歌舞伎町。
なんとかこの街に音楽のカルチャーを再興できないか、ということからはじまったCONNECT歌舞伎町だが、どうだろう。企画はスバラシイと思うし、観客の満足度も高そうだ。にもかかわらず、ビジネスとしての成立度はまだまだ厳しそうだ。昨年、歌舞伎町唯一のオオバコクラブ「WARP SHINJUKU」がやっとオープンしたばかりだ。2022年にはさらに大きなクラブが歌舞伎町にできるが、まだ少し先のことだ。だが、そのCONNECT歌舞伎町2019で、いくつかのライブハウスを連動する中で最大の収容を提供するBLAZEは、最初から最後まで大入りだった。ここに可能性を感じた。
渋谷のナイトメイヤーであるZeebla氏が今回のシンポジウムに訪れていた。彼の発言では、やはり日本は、クラブだけではなく、そのほかの多くの夜の業態全体の活性化を考えねばならない旨を言っていたし、そこがヨーロッパとは違うと。
でも、そこは、実はさほど考えなくてもいい気がする。
クラブ業界は、条件をクリアさえすれば朝まで営業できる(特定遊興施設)風営法の改正を手に入れた。その流れで、ナイトメイヤーはクラブ界隈の人たちという感じなのだろうが、そのクラブ関係者が、その他の業態に気遣いするのはなんとなく忖度なのかなと。クラブ界隈が飛びぬけて賑わうようになるのであれば、夜の街のその他の多くの業態にとって、プラスにこそなれ、マイナスになることはない。むしろ、その街ごとに、どの業態が賑わいを牽引するのかであって、風営法の規制緩和を手に入れた「クラブ」業界だからこそ、その牽引役になれるのではないかなと。
歌舞伎町はかつて、2007~2010年ごろのことだが、本気で「24時間特区」を目指そうとしたことがある。風営法の時間規制をなくすというものだ。だが、その民意としての目標は事実上つぶされてしまった。または諸事情により自滅してしまったともいえる。東日本大地震の際の原発事故で、ロジックを失ったのも大きい。
アムステルダムのナイトメイヤーの最初の施策は、クラブの営業時間規制の撤廃だった。といっても、日本とは違い、そもそも朝の5時まで営業していたところを、24時間営業可能のライセンス資格へと切り替えたことがうまく功を奏したそうだ。
今、歌舞伎町をけん引するのは紛れもなくホスト業界であろう。そこにいる手塚マキ氏。彼が興した歌舞伎町初の書店・歌舞伎町ブックセンターは頓挫してしまったが、かつて「夜の市長」と名をはせた田辺茂一氏も、一介の炭やだった紀伊国屋が戦後、廃業寸前に、書店へと業態を切り替え成功、そして新宿界隈の文化サロンを築いた。これが芝居なら手塚氏は間違いなくその田辺茂一氏役だ。そして、世界中のナイトメイヤーたちと「音楽」で共通言語を持つ柴本新悟氏、歌舞伎町を生んだ鈴木喜兵衛氏のひ孫で、今はレインボーというムーブメントを担っている杉山文野氏。アムステルダムのナイトメイヤーも、実際は4人のチームだそうだ。歌舞伎町には、もうすでに3人のチームができあがってる。歌舞伎町は、まぎれもなく次の展開にもう少しで向かえそうな気がしてるんだが、いかがでしょう。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

新宿花園ゴールデン街 桜まつり2019 4月21日(日)開催 [季節]


参加店舗は全173軒。企画の趣旨としては、ワンドリンク500円、ノーチャージで何件もはしごできるということで、ゴールデン街初心者向けのイベント。ここでお気に入りのお店を見つけて、ママやマスターと知り合って、常連さんの第一歩を踏み出してもらおうと。
無論その趣旨は変わりませんが、観光地化が急激に進んだこの街で、それによってやや離れていった常連さんたちが、今日は久しぶりにゴールデン街行ってみようかなみたいな、企画の趣旨と結果が逆になってきたような気がします。それはそれでいいことで、ということは、ややイベント疲れのあるこの街で、実は以前にもましてこの手のイベントは大事なものになってきたように思うのです。
店に立つ店主も減り、今やアルバイト任せの店も増えました。それも常連さんを去らせている原因ではあるかと思いますが、一方で、人のつながりは多様な広がりにもつながっている。まあ、気になるのはアルバイトたちの処遇とかモチベーションとか、それならまだまた貸しのほうがいいのかもしれないと思うことも。
ナイトタイムエコノミーでこれほど成功している街はそうそうありません。しかしながら、ところどころ、あえて書きませんがとくに四季の路で起きてる決して良くないこととか、キニナルことも多少あります。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

CONNECT歌舞伎町MUSIC FESTIVAL 2019 4月20日(土)開催 [イベント]


歌舞伎町を音楽で盛り上げよう!を合言葉に始まったCONNECT歌舞伎町(オーガナイザー:柴本新悟氏)。歌舞伎町の5つのライブハウスに計61組のアーティストが出演、この日は昼から夜まで1日中ライブが繰り広げられました。
歌舞伎町ライブハウスが選んだベテランからニューカマーまで、いかにも「新宿らしい」と思わされるエッジが効いたラインアップ。また、シネシティ広場では、プロインタビュアー吉田豪氏による「吉田豪の雑談天国」、出演アーティストの中から伊藤雄和(OLEDICKFOGGY)マリアンヌ東雲(キノコホテル)、そして大森靖子をゲストにトークライブを開催しました。こちらは無料開放。

チケットが当日で5,500円(前売り4,800円)。動員数(チケット入場者数)は約1,700人くらいだったようです。BLAZEの並びがすごくて、全回ほぼ満杯、3組目のZAZEN BOYSでは800人が入る会場で入場規制発生。そしてトリの石野卓球。ここのところの騒ぎのせいか、キレッキレのパフォーマンスを披露、撮影まわりの関係でアタマだけしか見れなったのですが、それでも感動モノでした。
観光地化が進み、とはいえ、観光地でもないここ歌舞伎町。地元の人たち、あるいはボクら日本人もタノシいと思えるモノやコトがあってこそ、観光客もタノシめるわけで、やはり"音楽"は一番の共通言語。物理的な条件(ハコの問題)、周辺や行政の理解等々課題はありますが、なんというか、将棋に例えると、飛車角抜きで戦ってきたこれまでから、この日のBLAZEを見てやっと「飛車」を持てたような気がします。次は「角」をいかに手に入れるか、ってことになるのかな。このイベント、もっともっと、大きく育ってくれたらなあと思います。



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

【告知・歌舞伎町発の松竹歌舞伎公演】】オフシアター歌舞伎「女殺油地獄」2019年5月22日(水)~29日(水) [イベント]

松竹オフシアター歌舞伎PR_るねっさんす.jpg
【製作・松竹】オフシアター歌舞伎「女殺油地獄」2019年5月22日(水)~29日(水)
https://www.shochiku.co.jp/engeki/offtheater/?fbclid=IwAR33iTpNE9FmwX8kxkObmWHflReSfJAF5Z41CVP6VhZra9V26ubf2SajLko

300年前、事件(それ)は起こった
我々は何も変わらない―

中村獅童、中村壱太郎、上村吉弥、嵐橘三郎
近松門左衛門 作・赤堀雅秋 脚本・演出
オフシアター歌舞伎《女殺油地獄》
天王洲の倉庫、そして歌舞伎町の混沌(カオス)で―
かつてない劇空間
かつてない顔触れによる
新しい傾奇(かぶき)芝居をおおくりします

料金:税込 指定席 11,500円 ※全席、パイプ椅子席となります。
会場:歌舞伎町・新宿FACE(新宿区歌舞伎町1-20-1 ヒューマックスパビリオン新宿歌舞伎町7F 新宿FACE)


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

2019年3月25日(月) 第13回歌舞伎町ルネッサンス推進協議会 開催 [まちづくり]


//KABUKICHO OFFICIAL ARCHIVE// 第13回歌舞伎町ルネッサンス推進協議会 1h23m44s


平成31年3月25日(月)午前10時から 於: 新宿区役所 5階「大会議室」
zenkei_DSC4049.jpg

1 会長 あいさつ
2 新任 委員紹介(省略)
3 報告事項
00:04:40 ⑴ 東急ミラノ座跡地等開発計画について
00:10:42 ⑵ 歌舞伎町シネシティ広場周辺地区地区計画の変更について 資料4
⑶ 歌舞伎町一丁目一番街地区まちづくり指針の策定について 資料5
⑷ 新宿ゴールデン街まちの将来像(まちづくり指針)の策定について 資料6
00:17:23 ⑸ 歌舞伎町一番街通りの整備について 資料7
00:18:37 ⑹ シネシティ広場の国家戦略道路占用事業区域認定について
⑺ 歌舞伎町観光バス駐車場の利用状況について
⑻ シネシティ広場クリスマスイベントについて
⑼ 歌舞伎町ルネッサンスの主な取り組みについて
00:33:38 歌舞伎町タウン・マネージメント
00:47:38 新宿警察署
00:57:45 新宿消防署
4 自由意見等
ito_DSC4030.jpg
01:04:00 伊藤滋委員(東京大学名誉教授)旧ミラノ座跡地再開発について、西武鉄道(西武新宿駅)との連動などを提言
tonuma_DSC4037.jpg
01:07:16 戸沼幸市委員(早稲田大学名誉教授)会に女性の目線がないこと、女性の視点を入れるべきなどを提言
nemoto_DSC4047.jpg
01:12:32 根本祐二委員(東洋大学教授)老朽化でやがて確実に訪れる(約15年以内)新宿区役所建て替え移転等の問題を考え、歌舞伎町としても関与しなくてはいけない等を提言

【歌舞伎町ルネッサンス推進協議会構成員名簿】
安藤 忠雄/建築家・東京大学 特別栄誉教授
伊藤  滋/東京大学 名誉教授
戸沼 幸市/早稲田大学 名誉教授
髙橋  誠/株式会社創造開発研究所 代表
佐野 克彦/公益財団法人東京都公園協会 理事長
根本 祐二/東洋大学 教授
片桐 基次/歌舞伎町商店街振興組合 理事長
荒木 孝子/歌舞伎町二丁目町会長
菅野 信三/株式会社東急レクリエーション 代表取締役社長
髙橋 俊之/東京急行電鉄株式会社 取締役 都市創造本部 本部長
山下  誠/東宝株式会社 取締役 不動産経営担当
林  祥隆/株式会社ヒューマックス 代表取締役社長
大谷 昌義/東亜興行株式会社 代表取締役
元谷 外志雄/アパグループ 代表
千田 文彦/株式会社ハイジア 代表取締役社長
二見 吉彦/新宿サブナード株式会社 取締役社長
大﨑  洋/吉本興業株式会社 代表取締役社長
大澤 裕之/東京都 青少年・治安対策本部長
上條 隆利/新宿警察署長
伊東  功/新宿消防署長
横山 譲司/東京入国管理局 新宿出張所長
吉住 健一/新宿区長
オブザーバー
警察庁/法務省/国土交通省/経済産業省/内閣官房/総務省/消防庁/警視庁/東京消防庁/東京都都市整備局/東日本旅客鉄道株式会社/西武鉄道株式会社/株式会社日本政策投資銀行




jimukyoku_DSC4013.jpg歌舞伎町ルネッサンス推進協議会事務局は今年度(平成30年度)まで新宿区役所東京オリンピック・パラリンピック開催等担当に置かれてきました。会事務局および進行役を務めた淺野祐介課長。新年度より歌舞伎町を担当する所管課が変わるとのこと。
katagiri_DSC4025.jpg歌舞伎町商店街振興組合理事長の片桐基次氏。歌舞伎町におけるまちづくりにおいて役割を終えたという声もあるこのルネッサンス推進協議会だが、歌舞伎町商店街振興組合としてはこの形の継続を望んでいるという発言などがありました。

新年度(2019年度)のトピックとしては歌舞伎町一番街の道路整備事業が実施予定(4月着工、9月末に完成)ということ、シネシティ広場での道路占有事業(イベント等)が社会実験からやっと合法事業へと進化するということなどがあげられる。2016年ごろから新宿ゴールデン街の整備についての議論がはじまっているが、これはまだまだ指針の段階、通路の拡張やそれに伴う建て替えなど実質的な着地は相当先になるかと思います。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

2019.1.29 『劇場版シティーハンター〈新宿プライベート・アイズ〉』完成披露舞台挨拶 [イベント]


//KABUKICHO OFFICIAL ARCHIVE// 2019.1.29 『劇場版シティーハンター〈新宿プライベート・アイズ〉』完成披露舞台挨拶より time: 28'44"20
2019年1月29日(火)歌舞伎町・TOHOシネマズにて『劇場版シティーハンター〈新宿プライベート・アイズ〉』の完成披露舞台挨拶が行われました。
"ゴジラロード"のフラッグ、そして新宿東宝ビル壁面バナーもシティーハンター一色の今日この頃、劇中では新宿に事務所を構える冴羽 獠(さいばりょう)、そして本編も新宿が舞台と、「ご当地映画」さながらというわけで、完成披露舞台挨拶にお誘いいただきました。
冴羽の声は神谷 明さんですが、イベントでは、チュートリアルの徳井義実さんが冴羽に扮し、バブリーな美女たちを引き連れ、冴羽のいつもの「もっこり~」を今回ヒロイン・進藤 亜衣の声を入れたの飯豊まりえさんが100tハンマーでたたきのめす・・というキャッチからイベント開始(ややスベッてたような・・)。本編でも、チュートリアル徳井さんはファッションデザイナー・コニータ役で声を務めています。

それにしても、今回声優初挑戦となった飯豊まりえさんを皆さん大絶賛でした。大御所だらけでやや高齢化感が強い?気がする声優陣にひときわ若く美しい女優さんが参加する、さぞ皆さんのモチベーションになったのではないでしょうか^^
「彼女が練習と称してはじめてスクリーンに声を当てた時、僕、こっそり見てまして、で、1シーン、ちょっと聞いただけで、"やった!"って思いました。21歳の感性とナイーブさと、セリフとそこここに、彼女の持っているかわいらしさ、さらに演技は抜群でした。」と小山さんも太鼓判。


「20年経ってるんです。何も変わらず、昔のファンへの"御礼"というのが第一義なので、満足いただけるのではないか。」と北条さん、しかし、もっこり!もっこり!と「セクハラの時代にこんな映画を作っちまったよオレたち、ど~すんの?w」と、それこそ「時代の空気読まんかい!」(香のセリフ)まんまですが、楽しそうな映画になったようです。
劇中では、ゴールデン街とか、いろいろ散りばめられた新宿の景色が描かれています。そういうところもタノシミですね。20年ぶりの"シティーハンター"、声優陣も冴羽 獠役の神谷明、槇村香役の伊倉一恵をはじめ、オリジナルキャストが“奇跡”の再結集。そして物語は本作の為に書き下ろされたオリジナルストーリー。
2019.1.29 『劇場版シティーハンター〈新宿プライベート・アイズ〉』完成披露舞台挨拶より
登壇者(敬称略):北条 司/原作、こだま兼嗣/総監督、神谷 明/(役)冴羽 獠、伊倉 一恵/(役)槇村 香、一龍斎 春水/(役)野上 冴子、小山 茉美/(役)美樹、飯豊 まりえ/(役)進藤 亜衣、徳井 義実(チュートリアル)/(役) コニータ
「待たせたな― 俺を呼んだのは君だろ?」
『劇場版シティーハンター〈新宿プライベート・アイズ〉』は2月8日(金)より公開です。
配給:アニプレックス
c北条司/NSP・「2019 劇場版シティーハンター」製作委員会

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

☆情報解禁!☆ CONNECT歌舞伎町MUSIC FESTIVAL2019、4月20日(土)開催決定! [イベント]

【告知】CONNECT歌舞伎町MUSIC FESTIVAL2019
2019年4月20日(土)OPEN 12:00 START 13:00
CONNECT歌舞伎町2019.jpg


歌舞伎町発の音楽フェス、CONENCT歌舞伎町MUSIC FESTIVAL 2019の開催が決定! 

開催日は4月20日(土)。2014年に誕生したCONNECT歌舞伎町は早くも4回目の開催となり、ベテランから選りすぐりのニューカマーまで幅広く、そして多彩なジャンルのパフォーマンスが楽しめる都市型フェスティバルとして知名度を上げている。

注目の第1弾出演アーティストが発表!2003年にメジャーデビューし、多数の熱狂的なファンから支持を受け現代のビジュアル系シーンを牽引する存在となったバンド、MUCC。CONNECT歌舞伎町に4回連続出演を果たす日本テクノシーンのゴッドファーザー、石野卓球。ロックとディスコグルーブを融合させたサウンドと、アグレッシブなライブアクトで音楽ファンを魅了し続ける Have a Nice Day! 。美しいバンドアンサンブルと現代の空気感を反映したサウンドメイキングが高い評価を受けている新生代ロックの雄、LOSTAGEを含む23組の出演が決定。



▽昨年2018/5/13に開催されたCONNECT歌舞伎町2018より

【CONNECT歌舞伎町MUSIC FESTIVAL 2019】

開催日:2019年 4月20日(土) 

開場/開演 12:00/13:00 

終演:22:00 ※終了時刻は予定。各会場毎のタイムテーブルは後日発表。

会場:新宿BLAZE / 新宿LOFT / MARZ / RUIDO K4 / Zirco Tokyo / 他


チケット:前売りチケット 4800円 (発売期間 1月19日~4月19日)当日チケット  5500円


チケット取扱 イープラス / タワーレコード新宿・池袋(店頭)      


主催:コネクト歌舞伎町実行委員会 / 歌舞伎町商店街振興組合





☆☆第1弾アーティストは23組発表!☆☆

イギリス人 / 石野卓球 / CAR10 / 999999999 / KONCOS / 錯乱前戦 / The Cynical Store / The SAMOS / さよならポエジー / C SQUARED / 中村パーキング / Newdums / NAkidZ / Have a Nice Day! /ハロルド /FILTER / ベランダ / マイアミパーティ / myeahns / MUCC / Yap!!! / LOSTAGE / The Wisely Brothers (50音順)


出演アーティストの発表と共に、前売チケットの販売開始が決定。e+で前売りチケットの1次先行販売が行われる。期間は1月15日(火)から2月3日(日)まで。また、タワーレコード新宿店、タワーレコード池袋店にて店頭チケット販売を開始する。第1弾発表から豪華激アツ!のラインアップが発表されたCONNECT歌舞伎町MUSIC FESTIVAL。

今後も追加出演アーティストの発表、サプライズなコンテンツ発表も控えており目が離せない!!歌舞伎町が音楽で染まる1日に参加しよう!


【前売チケット e+にて先行1次発売決定!及び店頭で販売開始】

前売りチケット 4800円 販売期間:2019年1月15日~4月19日(当日チケット 5500円)

e+ 前売りチケット1次先行販売 URL : https://eplus.jp/connectkabukicho19/

前売りチケット 店頭販売/タワーレコード新宿店・タワーレコード池袋店にて店頭販売開始(販売期間:2019年1月15日~4月19日)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:地域